僕のレコード棚公開します!(1)

【トリビュータリーズ/ラリー・コリエル
FullSizeRender (1)

【ミュージシャン】
ラリー・コリエル(g)ジョン・スコフィールド(g)ジョー・ベック(g)
【曲目】
A面
1.ザ・ファイル
2.マザーズ・ディ
3.リトル・Bのポエム
4.廃墟シンバブエ
B面
1.ソロ・オン・ウェンズディ
2.サーマン・マンソン
3.イクイノックス
4.アルスター・フィールズ

※太字はおすすめの曲です
※レコードですから、A面、B面になります

 つい最近残念ながら亡くなってしまいましたラリー・コリエルのリーダー・アルバム、3人のスティール弦(Ovation Adamas)による「デュオ」「トリオ」アルバムです。メンバーもまだブレイク前(?)のジョン・スコ、しかも珍しい生ギター、もう一人はあまり知名度はないですが、職人技が光るジョー・ベックです。

 まず、驚かされるのは、ジョー・ベックのコードワークの巧みさです。彼は別のデュオアルバムでもそうですが、ほんと素晴らしいです。彼の教則ビデオも持っていますが、その辺のテクニックを解説してくれていて、一時はまりました。いかんせん、職人技というか地味な印象もあって、日本では人気があまり出なかったですね。

 ジョン・スコはもうこのころから別格ですね。生弾いても、エレキ弾いても、あのノリは一緒です。たたみかけるフレーズを弾く前のあの「息使い」「間」はたまらないですね。この頃のジョンスコが一番好きだったりします。

 肝心のラリー・コリエルですが「音符は揺れる」「指は回らない」「センス悪い」などなど他の二人に比べて、技術的にはダメダメなのですが、僕は「大好き」なのです。何故だかわからないのですがとにかく「大好き」なのです。このころの彼のアコースティック・アルバムはたくさん持っていて、そのうち違うやつも紹介していくと思います。

 おすすめはA面4曲目「ジンバブエ」ですね。コリエル作のEのブルース。そもそもキーがEってのが、ジャズではありません。ロック野郎です。この曲のテーマ、コピーしてわかりました。キーがEじゃないと弾けません。ともかくテーマが無茶苦茶かっこ良いです。昔、渡辺香津美さんが佐藤允彦(p)さん、井野信義(b)さんとトリオでNHK-FMのスタジオライブでやっていたな。まだ、カセットテープもってます。ジョー・ベックの巧みな技とジョンスコのグリグリなアウトライン、それを受けて、コリエルが恥ずかしげもなく、ブルースペンタトニックでしつこく弾きまくる状況、彼が嫌いな人は「また始まった!全てぶち壊しだ!」と思うでしょう。大好きな人は「いぇーい!イケー!イケー!」です。僕は当然後者なのであります。

 
 
 



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR