FC2ブログ

僕の音楽史(101)

【大学2年生(1981〜82年)】

 記憶にあまり自信がないのですが、僕がレギュラーになって間も無く、そしてライトとしてオフィシャルな初仕事で、なんとあのカシオペアの「神保彰」さんと共演の機会に恵まれました。たしか、日仏会館って場所だったような気がしてますが、あってますか??ライトOBの読者の皆さん。

 当時の神保さんはカシオペアに入って2年くらい経った頃で、すでに確固たる地位を確立していたような感じでした。カシオペア的には「メイク・アップ・シティ」発売後で「クロスポイント」発表間近の一番の脂がのりきっていた時期でしたし、僕は相変わらず聴き続けていました。

 ライトの中でもペーペーの僕はどんな経緯でこんな話になったのかは全くわかりませんが、「世界の神保」とは言っても僕の先輩たちにとっては「優しい先輩」って感じで、楽屋でも普通に接していたのはちょっとびっくりでした。ただ、ドラムの中村さんは当たり前ですが、少し緊張していた感じだったのを覚えてます。

 数曲一緒にやったのか一曲だけだったのかも、これもはっきりとは覚えてませんが、確かサンバ調の曲の途中で、ドラムソロと現役ドラマー中村さんとのバトルがあったような気がしています。僕はギター弾きなので、神保さんのほぼ前に座っていたのですが、四分音符で踏むバスドラのキックの音圧があまりに強烈で、「振動で椅子が少しづつ前に動いていってるのではないか?」と感じるくらいだったことに驚いた記憶があります。

 神保さんのドラムにはもちろん凄くてびっくりだったのですが、僕がもっと驚いたのは「カシオペアの神保彰」とほぼ互角に戦える中村さんのドラミングでした。16ビートのあの切れ味や十手観音のようなドラミングだけを比べてしまうと、確かに軍配は神保さんにあがっちゃうのですが、ミディアム・スィングでのノリは、もしかしたら....と思わせるほど抜群にスィングするドラミングでした。すみません、偉そうなこと言って(笑)。

 何れにしても、先輩後輩であり師弟関係でもある2人がお互いをリスペクトしながら楽しそうに叩いてる姿を見たのはすごく気持ちの良いもので、なんか羨ましく感じました。

※この写真は僕が在籍時のライトとは無関係です。

tumblr_inline_n72rxctlrw1si2u4h.jpg

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR