Pat Martino奏法研究(23)

【3-2】第1ポジション

 今回からは前回紹介した5つのポジションをひとつづつ取り上げていきます。まずは第1ポジションから。

 下の図【第1ポジション】をご覧ください。
 第1ポジション部分の指板を拡大してあります。このポジションでのAドリアンスケール構成音は、全て第2~5フレット内にしっかりと収まっています。全て2フレットは人差し指、3フレット中指、4フレットは薬指、そして5フレットは小指で押さえます。小指を使うのが苦手な方がいらっしゃるかもしれませんが、絶対に指使いを守ってください。そうでないと、この先絶対破たんします。効率的にポジション間を連結させ、淀みないフレーズを弾くためにはこの指使いが絶対必須なのです。

 次の【第1ポジションとコードポジション】をご覧ください。
 このポジション内でのAm7のコードトーンで、実際にバッキング等で使うコードポジションを丸印で囲んであります。R=ルート、♭3、5th、♭7を記入しておきました。このコードフォームはAm7の中で一番使う一般的なフォームですよね。このAm7コードフォームとポジションの結びつけを各自行っておいてください。

 最後に【第1ポジションとフレーズ】の図です。
 一番下の譜面「Aドリアン モチーフ」のご覧ください。Aドリアンの構成音を使った簡単なモチーフです。(A) (B) (C)はどれも「A - B - C- D - B-A」という簡単な音列をオクターブ違いで3種類です。このモチーフを必ずポジション内で見つけ、正しい指使いで確認していきます。今後解説していく第2~5ポジションでも同様に同じことをやっていきます。
 ちなみに今回の第1ポジションでは譜面(A) (B)の音列があり、図の番号①~⑥を番号順に弾くと(A)、黄色丸の①~⑥を番号順に弾くと(B)になります。

 ここでは、まだ詳しくは説明しませんが、同一ポジション内での(A)→(B)への動き、これはフレット上を指が、上から下へ縦に動いているので Vertical Movement です。

 次回は第2ポジションについて解説します。
第1ポジション
A ドリアンモチーフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR