FC2ブログ

マイナー・コンバージョン・コンセプト(4)

【マイナー・コンバージョン・コンセプトとはどんなコンセプトか?(3)】

 今回は「そもそも何でコンバージョンするのか(どんなメリットがあるのか)?)について書いてみようと思います。

 導入の時にも書きましたが、目的はひとつ「ショートカット」「思考回路の一本化」ってやつです。
 
 どういうことかって言うと、大概の理論書、少なくとも僕が30年ほど前にジャズの理論書やギター教則本の理論編の部分を読むと下のようなことが書いてあります。

【アベイラブル・ノート・スケール】

 C△7は イオニアン、Dm7はドリアン、Em7はフリジアン、F△7はリディアン、G7はミクソリディアン、Am7はエオリアン、Bm7♭5はロクリアン


 この辺から僕はどの理論書を読んでも付いていけなくなりました。

 「スケールを7種類も覚えられない!」

 もちろん7種類とは言っても、CDEFGAB(ドレミファソラシ)、Cから始めればCイオニアン、Dから始めればDドリアン、Eから始めればEフリジアンスケールなので(これに気が付いたのも随分と後ですが.....)厳密には7種類ではなく、言ってみれば1種類のようななのですが、それにしてもコードを見るたびに「C△7だからCイオニアン、Em7だからEフリジアン....」は大変です。この思考回路は下のような感じです。

 「コードを認識→7つのスケールの中から1つを選択する➡️選択されたスケールを弾く」です。



 一方、マイナーコンバージョンは下のような感じです。

 G7はDm7に置き換えてDドリアン、Bm7(♭5)もDm7に置き換えてDドリアン...(ここではなぜ置き換えられるかは説明しません)。ここの例でいうとどれもDm7に置き換えてDドリアンに弾いています。上と同じく思考回路を書くと下のような感じです。

 「コードを認識→全てXXm7に置き換え➡️XXドリアン・スケールを弾く」



 さあ、両方の考え方、どっちが難しいと思います?あ、上の矢印の違いは「→」は頭の中で置き換え、「➡️」は頭から身体(指)への置き換えです。

 アベイラブル・ノート・スケールの場合は最初の「→」で7つのスケールを頭の中で一つ選択し、それを「➡️」で身体(指)に伝達します。当然選ばれたスケールによって、ギターでは指板上の運指は全部違って来ます。➡️で伝達された運指の種類はスケールの種類の数分、つまり7種類もあります。

 一方、マイナー・コンバージョンは最初の→で色々なコードをXXm7に置き換えするわけで、この置き換えパターンは何種類もありますから、アベイラブルの場合と同じで記憶しなければいけないケースは何種類もあります。ここのめんどくささはあまり変わらないかもしれません。ところが「➡️」からが全くシンプルです。全てm7に置き換えたわけですから、ドリアン・スケールの運指(まー、色々なマイナー・スケールの置き換えがありますが、ここでは説明しません。)で全て弾けてしまいます。極端な言い方をしてしまいますと、ドリアン・スケールの運指さえ知っていれば、ギターの場合、フレットの平行移動で全てのコードが弾けてしまいます。

 これが「マイナー・コンバージョン・コンセプト」の最大のメリットです。


 「選択された7種類のスケールを弾き分ける」のと「全て1種類のスケール(運指)で弾く」

 どっちが簡単かは明白ですよね?!



  随時質問を受け付けております!

 お気軽にどうぞ!

【ギターレッスンします】
自宅およびSkypeでのレッスンを行なっています。
興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。
内容は「マイナー・コンバージョン・コンセプト」に限りません。
一般的なジャズギターなら対応できます。
今時のとんがったサウンドはダメかもしれません(笑)。

IMG_0794.jpg



  

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR