FC2ブログ

僕の音楽史(94)

【大学1年生(1981年)】

 1980年も明け、後期試験が終了するまでの間は、ライトは目立った活動はなかったと思います。そして、後期試験が終わると3月のリサイタルに向けて、ライトは合宿に入ります。このリサイタルは1年間の活動の集大成でもあり、F年(4年)のレギュラーメンバー最後の演奏でもありますので、それにむけての合宿は夏の合宿と同じくらいの厳しい練習に明け暮れる1週間でした。

 確か合宿先は河口湖だったと思います。我々C年(1年)は楽器なんて触ることもなくひたすら「写譜」でした。ただ、以前も書いたように「デンスケ番」ってやつを交代でやっていたので、リサイタルでの演奏曲を聴くことはできました。

 そんな中でも何回かこのブログでも書いてきた先輩アルトサックス奏者「淳平さん」をフューチャーした「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」は最高にカッコよかったように記憶しています。通常の「バラード」での演奏ではなく「アップテンポ」で演奏されていて、テーマを吹くアルトの音色は艶やかで素晴らしかった!同じC年のアルト奏者小林君に聴くと、例のリッチー・コールが「キーパー・オブ・ザ・フレーム」と言うアルバムの中で、そんなアレンジでやっているとのこと。その時のライトの演奏はリッチーのテイクをフルバンドにアレンジしたものであるかどうかは記憶にないのですが、早速録音してもらい、久しぶりにまたリッチー・コールを聴くようになりました。

rckf.jpg

 当時、リッチーのアルバムを聴いて「彼のリーダー・バンドは、何故かギタリストが参加している。珍しい!」と思っていました。アルトが吹くテーマとところどころユニゾンで弾いたり、リッチーの高速ビバップに対応できる素晴らしいギタリストが参加していました。僕がライトのレギュラーになってからも、この「アルトのユニゾン」ってのは譜面に書いてなくても勝手によくやったりしていましたし、大学卒業後に僕のリーダーバンドにアルトをメンバーに加えたりしているのは、実はここから来ています。今まで聴いてきたリッチーのアルバムに参加していたのは「ビック・ジュリス」というギタリストでした。リーダー・アルバムもたまたま見つけ、一枚購入していました。それが下のアルバムですね。

vj.jpg

 彼のギターはもちろん悪くはなかったですし、どちらかと言うと好きなタイプでした。でも、これから話題にしたいギタリストは今後の僕に大きな影響を与えててくれたギタリストで、ビック・ジュリスの後にリッチーのカルテットに参加したギタリスト「ブルース・フォアマン」の方なのです。

bfbf.jpg


 この話はまた次の回にでも。

 あ、肝心のライトのリサイタルの事ですが、正直何も覚えていません(笑)。

 こうして、淳平さんを含むF年のプレイヤー達はリサイタルの後にライトを卒業し、社会人第一歩を踏み出していったのでした。

 お疲れさまでした!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR