僕の音楽史(89)

【大学1年生(1980年~81年)】

 「ジョン・ボーナム死去」のショックから覚めてライトの練習に復帰しました。

 新曲をレギュラーメンバーが練習していました。今までライトがやっている演奏は正直よくわからなかったのですが、この新曲はすごく気に入りました。

 「It's The Same Things Everywhere」

「誰の曲だろう?」

 「作曲者はわからないけど、リッチー・コールのニューヨーク・アフタヌーンというアルバムに入ってる曲だよ。」

 アルト奏者の小林君が教えてくれます。しかも、以前もこの話の中の何回か登場したアルトサックスの先輩「淳平さん」がビッグ・バンド用にアレンジしたとのこと。
 
 「ビッグバンドのアレンジもできるのか!?」

 びっくりしてしまいました。「こっちはコピーしたギターのフレーズを譜面に起こすのに悪戦苦闘しているのに!」

 イントロのペダルの部分で、ギターの「カンタさん」が心地よくオクターブ奏法で音を鳴らします。僅かばかりではありますがギターの存在感を見せられるアレンジでした。曲そのものもオーソドックスなジャズのコード進行ですし、サビ(テーマの後半?)のサックスのアンサンブルも流石にサックス奏者がアレンジしただけあってカッコよく、一発で気に入りました。

 夏休みからジャズを聴きまくるようになって、随分と耳が肥えてきたなと思いました。この曲を聴いて何となく「ⅡⅤⅠ(にーごーいち)」とか「ⅢⅥⅡⅤ(さんろくにーごー)」とかが譜面を見なくても少しだけサウンドとして頭に鳴る様になりました。

 後日、アルトの小林君から「リッチー・コール」の「ニューヨーク・アフタヌーン」と「アルト・マッドネス」の2枚のアルバムをカセットテープに録音してもらいました。

 この「It's The Same Things Everywhere」という曲、そしてこの「リッチー・コール」というアルト吹きとの出会いは、いずれこの話の中で紹介していくことになりますが、僕の音楽人生には結構大きな影響を及ぼすことになってきます。

rcam.jpg rcam2.jpg


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR