Pat Martino奏法研究(20)

 【2-6】マイナー・コンバージョンで「枯葉」を弾く(2)

 最初の8小節の解説をすれば、すべて完了ですね。

 まず最初の4小節です。

 最初の4小節はKey=B♭メジャーと考えます。1小節目Cm7はm7なので、そのままCm7、次の2小節目F7は3小節目B♭メジャー7へのドミナントモーションなので【2-3】の法則をあてはめて、F7⇒G♭m7にコンバージョンします。3小節目、4小節目のB♭△7、E♭△7は【2-2】の法則をあてはめて、それぞれB♭△7⇒Gm7、E♭△7⇒Cm7にコンバージョンできます。したがって、

Cm7-F7-B♭△7-E♭△7 ⇒ Cm7-G♭m7-Gm7-Cm7

となります。

 5小節目からGマイナー(B♭メジャーの関係調)に転調したと考えます。5小節目Am7(♭5)は【2-4】をあてはめて、Am7(♭5)⇒Cm7です。6小節D7はGm7へのドミナントモーションなので、【2-3】にあてはめて、D7⇒E♭m7です。7小節目はGm7、そのままです。8小節目は、繰り返しで1小節目に戻ります。Dm7はDm7のまま考えても良いのですが、パットはここをDm7(♭5)と考えて【2-4】をあてはめ、Dm7(♭5)⇒Fm7と考えることが多いですし、こっちの方がなんかジャズっぽい感じです。また、Dm7と考えてDドリアンを弾くと、B音(Dm7の6度音)が少し違和感あり、注意が必要です。もっともある程度の速度で弾くと、そして、うまく使うと無茶苦茶かっこいいですがね。G7はCm7にむけてのドミナントモーションなので、【2-3】にあてはめて、G7⇒A♭m7にコンバージョンできます。したがって、

Am7(♭5)-D7-Gm7-Dm7/G7 ⇒ Cm7-E♭m7-Gm7-Fm7/A♭m7

となります。

 あと、サビ以降もこの進行の繰り返しです。

 お断りしておきますが、コンバージョンはここに示しただけではなく、何通りの考え方もあります。これは、一番基本的なコンバージョンのやり方で、これが理解でき、これに乗っ取ってプレイできるようにならなければ、複雑な例を覚えたところで、身につかないと思います。

 言葉でつらつらと書き続けたので、わかりにくい部分もあると思いますので、次回は、参考動画をアップできればと考えてます。

 マイナーコンバージョンの複雑な例や応用は、また別の機会に詳しく説明することにして、一旦マイナーコンバージョンから離れて、次はテクニカルな面、パット・マルティーノの途切れなく続くフレーズの秘密、「ポジションとポジション移動」についての奏法解説を始めようと思います。

 それでは。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR