僕のレコード棚公開します!(45)

【ザ・マークスマン/マーク・ホイットフィールド】

IMG_0729.jpg


【メンバー】
マーク・ホイットフィールド(g)マーカス・ロバーツ(p)レジナルド・ヴィール(b)トロイ・デイビス(ds)
【曲目】
ザ・マークスマン/ザ・ブルース・フォー・ウェイ・バック/イン・ア・センティメンタル・ムード/ザ・ベリー・ソウト・オブ・ユー/ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラブ他

 マーク・ホイットフィールドのファースト・アルバムです。

 デビュー前から結構話題になっていましたので、即買いました。もう約30年ほど前の事ですね。正確な宣伝文句はもちろん覚えてはいませんが「ジョージ・ベンソン二世」的なことを随分と書かれていたように思います。当然ベンソンが大好きでしたので、絶対気に入ると思いましたね、聴く前から。そして、もちろん気に入りました!

 ベンソン直系と言えなくもないですが、僕の印象はちょっと違っています。まず、ベンソンのようなグイグイくるノリや破壊力、突破力みたいなものはあまりなくて、結構生真面目なきちっとした感じです。フレーズも割りとカチッとしていてわかりやすく、比較的コピーしやすい感じですね。悪いって訳ではないですよ!

 その後、何枚かCDを購入し、結構お気に入りのギタリストになりました。

 このアルバムではやはりスタンダード、イン・ア・センチメンタル・・・とグレイター・ラブ、もう何度聴いたかわかりません。

 この後、彼はアメリカ深夜番組のミュージック・ホストになり、人気者となりあまり第一線では演奏しなくなってしまったのは残念ですね。

 あ、このCDの盲目のピアニスト、マーカス・ロバーツも最高です。ウィントンと活躍していた彼ですよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR