Pat Martino奏法研究(66)

【第7章】 グルーブの秘密(5)

 パットの「グルーブ」や「ノリ」の重要な要素となっている「繰り返し」と「規則性」について、今回は際立った例をご紹介します。

 下の譜面と動画をご覧ください。

nori_000031.jpg



パット・ファンは「あー、これね!」と思うフレーズです。70年代絶頂期のマルティーノの得意フレーズで、あの名演「サニー」でも登場しています。

 このフレーズ、鉛筆書きの部分に注目で、似たようなクロマチック音列の組み合わせ「A」「B」の2つが交互に組み合わさって出てきます。「必ず交互に!」です。「A」は4拍、「B」は3拍なので合わせて7拍、7と4の最小公倍数は28拍、したがって7小節目で1回転して振出しに戻ってきます。






 下の譜面を見てください。普通はこうやるところですね。これでは、何の面白みもない感じですね。まー、悪かないですが・・・。

nori_000029.jpg


何度もしつこく言いますが、この「繰り返し」と「規則性」が彼のあの強力なピッキングに合わさって、あの最高のグリグリの「グルーブ」「ノリ」を生み出していると考えます。

 今回で一旦「グルーブの秘密」は一区切りです。

 ではでは!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR