FC2ブログ

僕の音楽史(81)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ライトは他の大学サークルと同様で夏と冬の年2回に合宿に行きます。その合宿はそれぞれ目的があって、夏は「山野ビックバンドコンテスト」に向けての強化練習、冬は3月に行われる「リサイタル」のための練習という事でした。数か月在籍していた感じでは「遊びに行く」感じではないことは容易に想像できましたが、ジュニア・バンドの先輩達からは色々と聞かされてはいました。

 今振り返ってみると、この合宿前がライトを辞めるラスト・チャンスだったのかもしれません(笑)。夏合宿までのわずかばかりの練習のない休みで、少しづつ行くのが面倒になっていましたし、「秋山一将」さんのフレーズ・コピーを始めた頃でレギュラー練習にお付き合いする時間が正直もったいないと思っていました。

 秋山さんを聴きこんでいくうちに、「ジョージ・ベンソン」とのフレーズの共通点をかなり見つけました。「秋山さんもベンソンの事を相当研究してるな?」と思いました。以前同期の川島君から録音してもらった「ブリージン」に合わせて、「イン・フライト」も録音してもらい、併せて徹底的にコピーを始めました。ただ、この時点での僕のギターレベルでは二人の速いパッセージなどは採譜不可能でしたし、たとえできたにしても弾くことはできませんでしたので、ゆっくりなテンポのフレーズを中心にコピーしていきました。

benben.jpg

 
 ライトのレギュラー・バンドの練習時に、ジュニア・バンドのメンバーはいつのころからか交代で「デンスケ番」ってのをやらされていました。

 「デンスケ」

 これは70年代に音楽に携わった人なら知っていると思いますが、ソニーの名器「カセット・デンスケ」のことです。

tc-2850sd.jpg


 「デンスケ番」ってのは何をやるかって言うと、レギュラーの練習の時にこの「カセット・デンスケ」の前に座り、練習を逐一録音し、コンサート・マスター(以後コンマス)の指示のもとに「頭出し」をして「プレイバック再生」する係です。今の時代のデジタル録音ではありませんので、「一発頭出し」は出来ません。コンマスが皆に指示を与えている間に、メーターを「000」に合わせ、録音ボタンとポーズをかけて待機します。そして、演奏が始まると同時にポーズを解除して録音します。そして、コンマスが演奏を止めると同時に録音を止め、メーター「000」を目安にカセットの頭出しをして、コンマスのプレイバックの指示で再生・・・・。この繰り返しです。慣れるまでは録音に失敗したり、頭出しにまごついたりする事もあり、ひどく怒られました。

 とにかく、こんな時間を無駄にしないためには、なんか意味を見出さなくてはいけませんので、以前も書きましたが、僕はこの機会に「レギュラー・メンバーの演奏の通信簿」を心の中でつけていました(笑)。練習の中で、セクションごとに何度も同じ箇所をやり直させられたり、時には放し飼い(一人でみんなの前で演奏させられること)になったりしていたので、全員の演奏を聴く絶好の機会でした。そして、「ジャズ」と「ジャズ以外」「ブラス・バンド」のノリの違いや「個々のインプロビゼーションの力量」などがよくわかりました。先輩達には失礼と思いましたが、こんな事でもやってないと、やる意味が見いだせなかったのです。



 合宿が近づきました。ジュニア・バンドのバンド・マスターでもあり、レギュラー・ドラマーでもあるD年の中村さんが合宿初めての我々C年に合宿の注意事項を話します。

 「写譜ペンを必ず持ってくること」

 「写譜ペン???」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR