Pat Martino 奏法研究(19)

マイナー・コンバージョン【2-1】~【2-4】で説明したことを、自分で弾いてみました。

Youtube(限定公開)でアップしたので、URL指定で訪れる人だけ、検索にはひっかかりません。

マイナー・コンバージョン(1) 【2-1】の内容です。
マイナー・コンバージョン(1)
マイナー・コンバージョン(2) 【2-2】【2-3】【2-4】の内容です。
マイナー・コンバージョン(2)

パット・マルティーノご本人の演奏の足元にも及びませんが、マイナー・コンバージョンの理解の助けになればと思い、作成しました。

あくまで、教則用であり、観賞用ではありませんので、その辺のところよろしくです!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「なんとかコードにはなんとかスケール」というとかいう”スケールあてはめ宗教”が諸悪の根源、であって、コード進行上の解釈=調性と部分転調、をスケール解釈するのがメロディー作りの本筋だと思います。
マイナースケールには3種類(ドリアンモードは音列で包含)ありますが、
それが”なんとかスケール”を複雑にしているだけの話ではないでしょうか?

△=majorスケール、からスケール上の音をマイナースケール化してみます。
(下記例えば△♭3はmajorスケール(普通のドレミファソラシド)の3rd(ミ)だけを半音下げる)

①△♭3 =Melodicマイナー 
 →半音下の7thコードから見るとAltered-scale
  半音上のマイナー6コードへアプローチ
  (そのマイナー6コードは半音下のマイナー7thコードへ解決する)
②△♭3♭6=Harmonicマイナー 
  →5度上のV7コードから見るとHMP5↓
   ドミナントモーションで4度上のマイナーメジャー7コードへアプローチ
③△♭3♭6♭7=Natural-minor 
  →短3度上の△(普通)
  
④△♭3♭7 =Dorianモード
  →一音下の△スケールと同じ音列
  半音下からの△スケールをV7上で弾く=半音上から△へ解決、と解釈できます。

マイナーコンバージョンと言っているのは上記の4番目の話と理解していますが、Dorianスケールというのは△スケールと音列は同じ。
なのでスケールとして特別に覚える必要も強調する必要も無く、
スケールは△(=NM),MM,HMの3種類だけ覚えれば十分だと思います(注)。


(注)”半音が2つ以上続かない”という縛りの上では、
マイナー系のスケール(3rdが♭する音列)としては、
他にDiminishスケールやLydian♭3ができますが、それは別途。

Re: No title

コメントありがとうございます。また、こんなに詳細な解説どうもすみません。

Hさんのおっしゃるとおりと思います。特に冒頭の「なんとかコードにはなんとかスケールというとかいう”スケールあてはめ宗教”が諸悪の根源、であって、コード進行上の解釈=調性と部分転調、をスケール解釈するのがメロディー作りの本筋だと思います。」まさに同感です。

僕の、今のマイナーコンバージョンのお話は、「マイナーコンバージョン」そのものを解説したいのではなく、あくまで「Pat Martinoがマイナーコンバージョンをこう紹介しています。」ということでご理解いただければと思います。「Pat Martino奏法研究」ということですので・・・。

個人的に言うと、Patが「なんでもかんでもドリアンで...」というのは、結構強引だなとも思いますし、「指板が似てるからコンバージョンできる」みたいな考えは、随分アバウトなとも思いましたし、ギタリスト以外には、結構無理があるのも事実です。

ただ、僕が理論先行でやってきて、ジャズギターを挫折しかけていた時、彼のプレイを聴いて「なんかドリアンで考えるとしっくりいくな」と自分で見つけて、色々自分なりに変換表を作り、その後Patがビデオの中で「僕と同じように考えていたんだ!」と分かった時の喜びを皆さんに伝えたいのです。そして、僕は挫折しないで、いまもなんとか弾き続けています。したがって、理論的に??という内容も、Patが言ったことを基準に解説していきますことをお許しください。多少は、自分の考えも書いていくこともあるとはおもいますが。

詳しい解説コメント、よろしかったら、送ってください。
僕や読者の皆さんの考え方を整理する手助けになりますので。

ありがとうございました!

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR