僕のレコード棚公開します!(43)

【ストライク・ゾーン/デイブ・ストライカー】

DDSS.jpg


【メンバー】
デイブ・ストライカー(g)スティーブ・スレイグル(b)マーク・コーエン(p)ロン・マックルア(b)ロニー・バレイジ(ds)
【曲目】
ストライク・ゾーン/フー・キャン・アイ・ターン・トゥ/アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー/エヴィデンス/マイ・シャイニング・アワー他

 このギタリストについては知っている人は最近ではあまりいないでしょうね?!80年代後半から10数年位はハイ・ペースでリーダー作を発表していたデイブ・ストライカーというギタリストで、確か来日経験もあるのでは?と思います。

このコーナー、いつもはレコードを紹介していましたが、今回はCDです。彼が活躍していたころは既にレコード文化は滅びつつあった時代ですので、彼のレコードは持っていなく、すべてCDです。お許しを!

 プレイ・スタイルはパット・マルティーノ直系ですね。だからというわけではないのですが、僕は大好きで、結構コピーして影響を受けましたし、バンドで彼のオリジナルなんかも演奏したりしていました。CDも10枚くらいは持ってますね。パットよりも多少ラフでノリや音が粘っこく、ジョンスコっぽかったりもします。たまに、パットのフレーズをまんま弾いていたりしてます。僕の耳はごまかせませんよ!オーソドックスのプレイが身上ですが、比較的コンテンポラリーな楽曲も書きますし、守備範囲は広いです。

 彼のアルバムはピアノ入りのカルテット、スティーブスレイグルのアルト入り(彼のプレイがまた秀逸です!)やオルガン・トリオなど色々なフォーマットがありますし、曲もオリジナルとスタンダードがいい感じにバランスよく入っていて、どれもおすすめです!

 こういうギタリストがブイブイ言わせていた80~90年代は本当にジャズギター界は面白かったのです。

 今も元気に活動しているのですかね!

 結構おすすめなのであります!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR