Pat Martino奏法研究(61)

【第6章】 Stella By Starlight Etudeの解説(3)

 まずはもとのEtude動画と譜面を貼っておきます。



Stella By Starlight Etude
 今回は17~24小節目まで解説です。

 まずこの曲の特徴でもある17,18小節目のG+7のところ、ここはそれこそ無数の和音が考えられます。そうは言ってもギターは弦が6本しかないので、そうもいかないですが。マルティーノのフレーズは多分3種類ですね。A♭マイナーにコンバージョンするかGのホールトーンを弾くかGのブルーススケールを弾くかの3種類です。ここではマイナーコンバージョンのA♭マイナーを採用してます。次のCm7ですがいわゆるE♭△7でのアルペジオ、移動ドで言うと「シドミソ」ですね。もしかしたらCm7→E♭△7(メジャーコンバ―ジョン?)とでもいった方が皆さんはりかいしやすいですかね?Cm7を主と考えるかE♭△7を主で考えるかだけの違いで、同じことですね。20小節目の3拍4拍で21小節目へのポジション移動を考慮して左手が少しづつ下がってきます。下の動画を参考に。



 21小節目から22小節目に向かい、同じE♭ドリアンでもポジション移動がありますね。サクっとできるように練習しましょう。このポジション移動が彼の奏法をマスターするための肝です。23,24小節、ここも先ほどのCm7と同じでB♭△7のアルペジオですね。彼はこういうアルペジオをまんまフレーズに突っ込んでいることが多いです。



 25~32小節目は今まで出てきたコードと同じですので、解説はあえてしませんので、譜面を見ながら頑張って弾いてみてください!

 Stella By Starlight Etudeはいかがでしたか?皆さんのプレイの参考になりましたでしょうか?

 このエチュードの譜面を見て何か気が付きませんか??上がって、下がって、上がって、下がって・・・・が数小節単位に周期的に繰り返されてますよね?これが彼のフレーズの一番の特徴で、「独特のうねり」「グルーブ」を生み出す源でもあるのです。

 次回からは、彼の「ノリ」「グルーブ」について解説しようと思います。もちろん、解説動画を入れていくつもりですが、彼の「グルーブ」には程遠い演奏となってしまうことをあらかじめお断りしておきます(笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR