僕の音楽史(68)

【高校3年生(1980年)】

 僕が慶應義塾大学に合格したことを聞いたジャズ好きのおじさんが、お祝いがてら家に遊びに来ました。


 「謙治、おめでとう!大学では当然音楽やるんだろう?!」

 「もちろん」

 「このサークルに入れ!」

 「ん?」

 見せてくれたのはコンサートのチラシでした。

 「慶應ライトミュージックソサェティ?何んだそれ?慶應の学生アマチュアバンド?」

 「夏に演奏旅行で新潟に来ていたからたまたま観に行ったんだが、とにかく凄かった!学生でこんなうまいバンドは今まで聴いたこともない!!絶対に入った方が良い!」

 あまりしつこく言うのでチラシを見てみると、バンドとは言っても20人近くもいます。

 「何これ、歌謡曲なんかのバックで演奏している楽団みたいなやつじゃん。」

 全く興味はありませんでしたので、そこで話は終わりです。



 僕はこの時、昨年発売された竹内まりやのセカンド・アルバム「ユニバーシティ・ストリート」をよく聴いていて、ライナー・ノーツを読み、彼女が参加していた音楽サークル「リアルマッコイズ」に入部しようか?なんて考えていました。

tm1.jpg tm2.jpg
 
 この時のライト・ミュージック・ソサイエティのドラマーは、なんとその後カシオペアに参加することになり、日本、いや世界のクロスオーバー・ファンを驚愕させることとなる神保彰さんが叩いていたことなど知るわけもありませんし、そればかりか、自分がこのバンドに入部し、大学4年間活動することになることなど想像できるわけはありません。

aj.jpg klms.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR