ジャズギター裏口入学(11)

【ジャズっぽいアドリブ〈ブルース編〉(3)】

 それでは2コーラス目の5小節目以降の重要なことを2つ。先ずは解説元ネタ動画を下に貼っておきます。2コーラス目のソロですから間違えないようにお願いしますね!



 解説した一つ目は6小節目3拍4拍目のディミニッシュコードの部分です。
 
 6小節目のコード進行はF7F7F#dimF#dimと2拍ディミニッシュコードを弾いています。理論的なことはここでは説明するつもりもないですし、よくわかりませんが(笑)、ディミニッシュコードは「次のコードにかっこよく繋げるための橋渡し」と僕は思います。ここの5~8小節では何も考えずにやると「F7(5・6小節)→C7(7・8小節)」。ちょっと工夫して考えると「F7→C7/G(C7のベース音をG)」そして間にF#をいれてベース音を半音進行F→F#→Gにするためと理解してください。コード進行はそうであっても、アドリブは1コーラス目の様に無視しても全く問題ないですが、あえてF#dimのスケール音をちょっとだけ弾いています。それだけで、「おっ!」となりますよね。下の動画を参考にしてください。F#dimのコードとスケール(Cdim、D#dim、Adimも同じ音であることはわかりますよね?)を弾いています。



 次は8小節目がポイントですが、ここのコードはA7なのですが、ここでA7の3度の音C#の音をしっかり弾いていますよね。C#の音はブルースペンタトニックにはない音であり、A7の3度の音にあたるため、コードが鳴っていなくてもA7が聴こえてきます(か?)



 ほんのちょっとだけでいいから、コード進行に反応してブルース・ペンタトニックにない音を弾いてあげるだけで、ロック、ブルース系ギタリストが言うところの「ブルース」ではなく「ジャズブルース」っぽくなります。

 最初の動画の3コーラスも2コーラス目と全く同じコンセプトで弾いてますから、解説はしませんが聴いて感じをつかんでみて下さい!

 ではでは!

0165de69323e1942bb48df6f07b7a9c0d0aed8454f.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR