Pat Martino 奏法研究(17)

【2-4】 Dm7(♭5) ⇒ Fm6(7)

m7(♭5) (マイナーセブンフラットファイブ)は、今後解説を予定している7th(#9)と合わせてパットマルティーノのサウンドには欠かせない重要な響きです。ただ、ここでは特にそのことには触れず、マイナーコンバージョンの考え方の解説に留めます。

ここでは、キーCmを想定して、Ⅱ‐ⅤのⅡの部分、Dm7(♭5)で説明します。

皆さんはDm7(♭5)の押さえ方をいくつ知っていますか?コンテンポラリーな和声は別にして、通常のコードブックに書いてあるのは下の図1、図3、図5の3つです。この3つ知っていれば、ほぼOKと思います。

例によって、左と右の比較です。

【図1】のDm7(♭5)の赤丸(ルートのD音)以外は右【図2】のFmと同じですよね。サウンドも5,6弦を少し小さめの音で弾いてみてください。サウンドはほぼ同じ。したがって、Dm7(♭5)はFmに置き換えることができ、Fドリアンスケールでアドリブすることができます。

【図3】のDm7(♭5)に6弦13フレットのF音(図4赤丸)を付け加えてみてください。これって、Fm6ですよね。したがって、Dm7(♭5)はFm6に置き換えることができ、Fドリアンスケールでアドリブすることができます。

【図5】のDm7(♭5)のルート5弦5フレットD音を6弦6フレットのB♭に置き換えてみてください。【図6】のB♭7になります。このコード、ジャズ系の人はあまり使わないかもしれませんね。ブルース系の人はよく使いますよね。ブルースの1~2小節目は大概このコードですね。そうそう、ちょっと古いですが「ジェフズブギー」の出だしです。そして、【2-1】で解説した通り、B♭7⇒Fm7なので、結果的にDm7(♭5)はFm7に置き換えることができ、Fドリアンスケールでアドリブすることができます。


「m7(♭5)はロクリアンスケールを使ってアドリブする」と書いてありますよね。下に、Dロクリアンスケールを書いておきます。(a)のようにD音から始めればDロクリアンスケールですが、(b)のようにF音から始めれば、Fドリアンスケール。要は、理論書と僕は結局同じことを言っていて、ただどう理解するかだけの違いなのです。

Dm7♭5⇒Fm
Dロクリアンスケール=Fドリアンスケール

【補足1】
m7(♭5)で挫折する人も多いと思います。なぜなら、ロックギターから入った人には全くなじみがないコードだからです。僕もロックからフュージョンに移行していくあたりで、どう弾いていいか全くわかりませんでした。理論書を見ると、「ロクリアンスケール」で弾くと書いてあります。イオニアン、ドリアン、フリジアン・・・スケールの頭文字をとって「C・D・E・F・G・A・B」にあてはめて順番に「イ・ド・フ・リ・ミ・エ・ロ」と呪文のように唱えて暗記しました。そして、イオニアンから順番にギターで弾いて、スケールを指に覚え込ませようとしました。でも、ロクリアンが出てくるのは、一番最後です。挫折しました(笑)。

【補足2】
Dm7-G7-Em7-A7、いわゆるⅡ-Ⅴ-Ⅲ-ⅥのときもDm7をDm7(♭5)と、Em7をEm7(♭5)と考えて、それぞれFドリアン(Fマイナー)、Gドリアン(Gマイナー)を弾くと結構「ジャズっぽく」なるかもしれません。ただ、その逆で、譜面にDm7(♭5)と書いてあるものを、Dm7と考えてDドリアンを弾くのは少し注意が必要です。Dm7(♭5)の特徴的な音♭5音(A♭)がDドリアンにはなく、A音だからです。少し違和感もあり、えっ?!て感じになります。でも、マルティーノは、逆にそれを多用し、効果的に使っています。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR