ジャズギター裏口入学(6)

【ブルースについて(1)】

 何回かにわたってブルースについて書いていこうと思います。

 もともと中学・高校とロックをやっていた頃好きだったギタリスト達も必ず「ブルース」といわれる形式の曲を演奏していることが多かったので、何となくは理解していましたし、演奏もできました。「ブルースとは?」についてはここでは語りません。定義付けも難しいですし、なんたってこの講座のタイトルは「裏口入学」ですから(笑)。当時僕は「ブルース」というと次のような感じで理解していました。



 ジャズにも「ブルース」というものが存在することを知りました。「ブルースなら俺でもできる」ってことで、まずは「スタンダード」と言われる曲の前に、「~ブルース」と書いてある曲を片っ端から聴きました。なんか俺の知っているブルースとは似ていますが、ところどころ違います。まずは、「リズムが違うな」と思いました。いわゆる「4ビート」で演奏している曲がほとんどでしたし、その当時はまだうまくバッキング(コンピング?)ができなかったので、4分音符で刻んでみました。こんな感じです。



 「なんか、雰囲気が違うな」と思いました。「何が違うのだろう?」

 ベースソロになるとギターが4つに刻んでいる音がよく聴こえるので、耳を澄ませて聴いてみたのですが、高い音(1弦・2弦)で弾いている音は聴こえてきません。でも耳の悪い僕に正確な音は取れませんでした。

 何かの教則本で下のようなコードフォームを知りました。
C7F7_000006.jpg

さっそく家に帰って鳴らしてみます。

 「これだ!ジャズだ!」

 この時の感激は今でも忘れません。

 下の動画はこのフォームを主に使って弾いたブルースです。あんまり上手じゃないのと、ちょっとだけ複雑なことをやってますが、それは今後説明していきます。


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR