FC2ブログ

僕の音楽史(58)

【高校2年生(1978〜79年)】

 この年にふざけたテレビ番組が放映されていました。下の写真の「西遊記」です。堺正章が「孫悟空」、なんと夏目雅子が「三蔵法師」に扮した例の中国の物語「西遊記」をおもしろおかしく演じた番組です。

西遊記1

 この当時、僕は夏目雅子が大好きでした(笑)。ストーリーや他の役者達の演技などどうでも良くて、ただただ「しゃべる夏目雅子」を目的で毎週見てましたが、そのドラマの最初と最後に流れる曲がなかなかいい感じでした。その曲を演奏していたのが「ゴダイゴ」でした。

MAGIC-MONKEYGODIEGO.jpg

 この曲「モンキー・マジック」と「ガンダーラ」はかなりヒットし、テレビでもよく見かけるようになりました。ミッキー吉野さんはもちろんですが、特に気に入ったのはベースのスティーブ・フォックスとドラムスのトミー・スナイダーの二人のリズム隊でした。また、ギターの浅野さんもいい感じのカッティングでセンスが光っていましたが、僕にとっては少し地味な感じもしました。そして、彼らはチャーと活動を共にし、チャーのアルバムにも参加していることを知りました。それが、下のアルバム、「スリル」でした。

char godaigo

 チャーさんに関しては「スモーキー・メディスン」で衝撃を受けていましたが、その後はあまりアルバムを聴いてきませんでした。ただ、ギタリストとしてはやはり一目置いていましたし、ギターサウンドには強力なオリジナリティーを感じていて、ともかくかっこよく、オーラがありました。

 このアルバム、当然シングルカットされた「闘牛士」ばかりテレビで歌っていましたし、それはそれでカッコよかったのですが、B面のゴダイゴとの共演作が最高でした。「トゥマロウ・イズ・カミング・フォー・ミー」や「ワンダリング・アゲイン」なんかはよく聴きました。

 こんな感じで高校2年は過ぎていきました。

 そろそろ「受験」が脳裏にちらついている時期ではありましたが、頭の中は音楽やギターのことで一杯で、成績は地に落ちていました。また、反抗期でもあり、当時は「ロック=不良」という絶対的な等式が成り立っていたので、親とはあまり上手くいっていたとは言えません。顔を見れば、「勉強しろ!勉強しろ!」と言われ続け、「言われればなおさら反抗してやらない」の繰り返しで、落ちるところまで落ちていました。

 教育熱心な家庭でもあり、兄も東京大学理科Ⅱ類に合格していたこともあって、勉強する科目数が少なくて良い「私立文系コースに進む!」と言い出せるような雰囲気ではなく(笑)、多少の見栄もあって、3年になって「国立文系コース」に進むことになりました。

 次回から高校3年生時代になります。

 お楽しみに!!

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR