僕のレコード棚公開します!(38)

【リジョイシング/ パット・メセニー】

pmrj.jpg

【メンバー】
パット・メセニー(g) チャーリー・ヘイデン(b) ビリー・ヒギンズ(ds)
【曲目】
ロンリー・ウーマン/ティアーズ・インサイド/ハンプティ・ダンプティ/ブルース・フォー・パット/リジョインシング/コーリング 他

 グループ名義ではないメセニー個人名義のアルバムの中では一番好きなアルバムです。

 誰に聴いても皆1曲目の「ロンリー・ウーマン」の話をするのですが、もちろんこの演奏も素晴らしいと思うのですが、僕はこれに続く4曲が最高と思います。

 「ティアーズ・インサイド」で見せる比較的オーソドックスなブルースでは、ウェスのコピーばかりやっていたという話が彷彿されますし、「ハンプティ・ダンプティ」については、チック・コリアの同名曲ではなく最初はがっかりしましたが(笑)、トーナル・センターを行ったり来たりする浮遊感いっぱいのメセニー、「ブルース・フォー・パット」でのチャーリーヘイデンの牧歌的なプレイ、そしてアルバムのタイトル曲「リジョイシング」での力強いシングルライン、この頃からメセニーは左手スラーを多用する奏法から一音一音を力強くピッキングするようになってきます。A面は楽曲それぞれが素晴らしく、最後までグッと引き付けられます。

 一方B面はというと、、、あまり印象はありません(笑)。あっ、「コーリング」は好きです。「オフランプ」→「コーリング」と続き、この手の楽曲は「スクラップ・メタル」で一段落です。

 そうそう忘れてはいけません、ビリー・ヒギンズの細やかなドラミングも最高です。

 「80/81」のようなオールスター・メンバーではなく、少し地味な印象も受けますが、最高にためになるアルバムです。

 こういう演奏があってこその「パット・メセニー・グループ」だと思うのです。
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR