Pat Martino 奏法研究(15)

【2-2】 C ⇒ Am7

 これはあえて説明の必要がないのかもしれませんが、一応前回のD7の時と同じようにギターの指板で説明しますね。

【図1】はC、【図2】は前回と同じAm7です。違いを見比べてみると、赤丸の5弦3フレットのC音だけです。また、ザッとコードを弾いてみてください。サウンドは同じ感じですよね?!そりゃ、そうです。赤丸のC音はもともとAm7の構成音(3弦5フレット)ですよね。分数コード(最低音を指定する書き方)でAm7を書くと、「C/A」ともいえますよね。したがってCはAm7に置き換えることができて、Aドリアンスケールを使ってアドリブができます。C△7、C6もCの仲間と考えます。譜面に「C」って書いてあったって、ドミソしか弾かない人はいませんよね?たいていの人はC△7やC6を弾いてると思います。

 ちょっと、待ってください。みなさん、Aドリアンスケールを使って弾いてみて、なんか違和感感じませんでした?「なんか変だぞ??」って思ったあなたの耳は正常です。AドリアンスケールのF♯音がなんか気になりませんでしたか?

 CのコードでF♯音は♭5thにあたり、結構強力な「テンション(緊張)ノート」にあたり、使い方に注意が必要です。初心者の方はAm7(Aドリアン)でフレーズを組み立てると言いつつ、F♯音を使わない方が無難です。
 僕も注意して使います。やり方は僕の場合は2通りですね。

 1.速いテンポでF♯音が一瞬のうちに通り過ぎる場合は、「おや?」と思った次の瞬間はもう耳は次に行ってますから、かえって効果的で、格好良かったりするのであえて使う。
 2.ゆっくりなテンポではF♯→A→Gのように最終的にG音(Cメジャーの5度音程)に解決させ、「おや?→ほっ!」と安心させる。

 こんな使い方をしてます。

【補足】
  CについてはマルティーノはC⇒Am7とコンバージョンするように、ビデオで解説していたので、ここでもそれに沿って解説しましたが、Cコードは要はドミソの和音なのだから、あえてコンバージョンなんて面倒なこと考えず、ドレミファソラシド(Cイオニアン)でフレーズを組み立てるとかCメジャーアルペジオを弾くと考えた方が良いかもしれません。もしくはC⇒Dm7と考えてDドリアンを弾く(要はレミファソラシドレ)の方がしっくりいくのかもしれませんね。

C⇒Am7
A ドリアンスケール



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR