僕の音楽史(50)

【高校2年生(1978〜79年)】

guitar.jpg

ギター・ワークショップ Vol.1というレコードを聴きました。森園勝敏、大村憲司、渡辺香津美、山岸潤史の四人の日本人ギタリストたちのオムニバス・アルバムです。この辺の記憶は実はあいまいなのですが、多分友達の新保君から聴かせてもらったのかもしれません。正直、日本のギタリストたちがこんな感じになっていたとは全く知りませんでした。

 ギタリストの名前はみな聞いたことがある人たちばかりでしたが、演奏自体を聴いていたのは四人囃子の森園勝敏さんくらいでした。ただ四人囃子を脱退してからの足取りは全く知らずにいました。

 収められていた曲はどれにも驚かされましたが、一番の驚きは「ギターの音が歪んでいない」という事でした。あとリズムも「8ビートではない(もちろんビートの名前なんか知りませんでしたが・・・・)」ってことでした。ただ、前回紹介したクリエイションの「暗闇のレオ」やテレビからよく流れてきていたサウンドである程度免疫はできていたので、すんなり入ってきました。そして、とてもカッコよく聴こえました。何よりも嬉しかったのは、ロックと同じく「ギターが主役」であることでした。

 もう自分の中から「ロック」は出ていってしまいました。当時の僕には「ロックも良いがクロスオーバー(フュージョン)も良い」みたいな考えにはならず、一部のミュージシャンを除いては全く興味がなくなってしまいました。「ロックはもう古い、終わった」と感じてしまっていました。

 このアルバムに参加しているギタリストの中では「森園勝敏」「渡辺香津美」の二人が気に入りました。

 こんな感じで、僕はまず日本のギタリスト達からクロスオーバー(フュージョン)の世界へと足を踏み入れていきました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR