Pat Martino奏法研究(56)

【第6章】スタンダード曲への活用(8)

 今回は13小節目から16小節目の解説です。

 前回説明した12小節目B♭m7-E♭7を橋渡しにして13小節目でFメジャーに転調しました。まず、お断りがありますが14小節目がEm7♭5-A7となっていますが、Gm7に訂正です。一般的な譜面はGm7になっていますし、話を簡単にするためにここではそう考えてください(結局同じことなのですが、ここではあえて言及しません。)。

 13~16小節は、何のことはありません、FメジャーのⅠ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅵです。マイナー・コンバージョンを無理にするまでもないのですが、パット・マルティーノ奏法ってことですからあえてコンバージョンするとF△7⇒Gm7もしくはF△7⇒Dm7です。

 F△7⇒Gm7と考えてGドリアンを弾くはわかりますよね?F△7はFイオニアン、つまりFをルートにしたドレミ・・・・を弾けばよいです。このFから始めたドレミファ・・・をGから始めるとGドリアンスケールです。要するにこう考えればこの2小節はFのドレミファ・・・(=Gドリアンスケール)で弾けてしまいます。

 F△7⇒Dm7と考えてDドリアンを弾くについては過去の(15)を復習してください。C⇒Am7で説明してます。Dドリアンの構成音であるB音がF△7のコードでいう増4度のテンションになるので慣れない人は違和感を感じると思いますが、これをうまく使えればすごくかっこいいフレーズとなります。参考動画では前者のGm7(Gドリアン)の方でやってますので、ご了承ください。

 Am7♭5⇒Cm7(Cドリアン)、D7♭9⇒E♭m7(E♭ドリアン)はそれぞれ過去の投稿(17)、(16)をご覧ください。これ、マイナー・コンバージョン・コンセプトの一番大事な部分です。これを体得しないと何のためのコンセプトかってことになります。



 Am7♭5の部分、パットはバックのサウンドが♭5を鳴らしているのに、平気でナチュラル5thのAm7と考えてAドリアンを弾きます。これが強力な緊張感を生みますが、バラードなどのゆっくりとしたテンポでは要注意です。上級者向けですね。彼の一番有名な演奏とも言える「酒バラ」の三小節目も確かそんな感じで弾いていたと思います。



動画を参考にやってみてください。

次回はステラの一番特徴的でかっこいい部分ですね。

STELLA BY STARLIGHT-408

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR