僕のレコード棚公開します!(32)

【ボディ・トーク / ジョージ・ベンソン】

GBGB.jpg

【メンバー】
ジョージ・ベンソン(g) ハロルド・メイバーン(p) ロン・カーター(b)ジャック・ディジョネット(ds)他
【曲目】
ダンス/ホエン・ラブ・ハズ・グロウン/プラム/ボディ・トーク/トップ・オブ・ザ・ワールド

 ジョージ・ベンソンのフレーズを研究するなら絶対このアルバムですね。

 このアルバム、メンバーを見て、「こりゃ、凄い!がっつり四つに組んでインタープレイが繰り広げられる」みたいな事を想像しますでしょうが、全く違います。ベンソン以外は完全にバックにまわり、ガンガンと弾きまくります。曲も正直言うと大したものではなく(笑)、ファンキーな7thコードの一発ものがほとんどで、「これでもか!」ってくらいのフレーズ波状攻撃です。一発ものがほとんどですから、ロック、フュージョン系の方も入りやすいのではないかと。ただ、自分が弾けるようになるかどうかは、また別問題です(笑)。とにかく、相当なテクニックが必要ですので、「かっこいい」と思ったフレーズのうち2割くらいでも自分のものにすれば、それで良しとしましょう。

 一曲だけ弟子ともいうべき「アル・クルー」がゲスト参加してます。いい感じですが、まだまだ可愛らしい演奏で、その後ベンソンとのコラボアルバムのレベルまでは来ていませんね。

 7thコードでのフレーズを増やしたい方、教則レコードどしては最高レベルのものですよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR