Pat Martino奏法研究(49)

【第6章】スタンダード曲への活用(1)

 前回お話ししたように「ステラ・バイ・スターライト(星影のステラ)」のコード進行を題材にしてパットの奏法を解説していきます。

 まずはコード譜を掲載しておきます。一般的によく演奏されるキーです。

STELLA BY STARLIGHT-408

今回は1小節目Em7(♭5)の部分です。一般的な教則本や理論書では「m7(♭5)はロクリアン・スケール」と書いてあります。「さー、ロクリアンってどういう音だっけ??イオニアン、ドリアン、フリジアン・・・うーん、わからない」とならないでください。「マイナー・コンバージョン」でEm7(♭5)⇒Gm6(7)と考え、Gドリアン・スケールをあてはめます。この辺の意味が分からない方は、過去の講座(13)~(17)を読み返してみてください。このようにほぼ全てのコードをこのようにm7(6)に置き換えて考えていきますので、ドリアン・スケールのみで大抵の楽曲が弾けてしまいます。もちろん素晴らしい演奏になるかどうかは別問題です(笑)。、

 それではEm7(♭5)の代表的な2つのポジションとそれに隣接するGドリアン・スケールを紹介します。






 パットはこの曲を演奏する時はきっと【動画1】のポジションから始めるでしょう。なぜなら、このポジションはネックのほぼど真ん中で、ポジション移動が右にも左にも行け、自由度が高いからと思います。

 パットの場合のソロのポジショニングは大体2とおりで

1.ネック中央から初めて、そのポジションを中心に右・中央・左と行ったり来たり
2・ハイポジションから始めって順にローポジションまで下りてくる。

 次回は上の2つのパターンの実例と2小節目を解説しようと思います。

 それでは!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR