Pat Martino 奏法研究(11)

 今回は、今まで紹介してきたフレーズの総まとめです。Am7上のドリアンスケール使った4小節のフレーズユニットを4つご紹介します。フレーズユニットとは僕の造語です。詳しくは奏法研究(8)をご覧ください。

 どの例も、特に目新しさはありませんので、ひとつひとつ解説はいたしません。何も考えず、まずはゆっくりと音をなぞってみてください。そして、何度も繰り返し弾き、指が慣れたところで、ある程度の速度で弾いてみると、そう!まさに「パットマルティーノ気分」が味わえます。

 僕は、彼を研究し始めたころは、このような数小節単位のフレーズユニットをそれこそ何十種類も譜面に書き出し、お坊さんがお経を読むかの如く、毎日毎日基礎練習としてつらつらと弾き、それを何年も続けていました。教則本によくあるスケール練習とは違い、より実践的ですし、弾いていて飽きませんでした。

  a~dの4つの例を書いていますが 「a,b,c,d,a,b,c,d....」と何度も繰り返しお経のように弾き続けるのも良いと思います。彼の奏法を自分に本気で取り入れたいのであれば、そのぐらいのことを何年もやり続ける必要があります。

Phrase-10.jpg


  まずは「Pat Martino奏法研究」の導入編ともいえる第1章「特徴的なフレーズ紹介」は今回で終わりです。今後も理論めいた講座の所々にこういったフレーズ紹介を織り交ぜていこうと思います。

 次回からは、彼の奏法の根底に流れる「マイナーコンバージョンコンセプト」のさわり部分を、今まで紹介してきたフレーズを使って解説していきます。決して、難しい内容ではありません。っていうか、僕の解説は難しいわけがありません。音楽理論に明るくなく、譜面もろくすっぽ読めない僕が解説するのですから。

 こうご期待を!!!


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR