Pat Martino 奏法研究(9)

 今回からは、Am7上のAドリアンスケールのフレーズから少し離れて、D7上での「ブルーススケール」を使ったフレーズをいくつか紹介します。

 講座の冒頭で、「メジャーKeyの場合はキーはCで説明する・・・」とお話ししておりましたが、今後、今まで紹介したフレーズを使って「マイナーコンバージョンコンセプト」の説明をしていくのに、D7の方が都合が良いので、急遽変更いたしました。
 
 「ブルーススケール」って何かというと、まずは下の譜面の4段目の音列を、音を出して確認してみてください。正式には、何と呼ぶかは知りませんが、この講座の中ではこう呼びますね。弾いてみてお分かりのように、特にロック系の人は、一番なじみの深いスケールです。僕が大好きな70年代のロックは、このスケールさえ覚えれば、ほとんどの楽曲のソロが弾けてしまいます。僕も大学2年くらいまでは、これしか弾けませんでした。このスケールのみから脱皮ができるかが、「ジャズっぽく」弾ける重要なポイントのような気がします。もっとも、ずっとこのスケールで通して弾いていても、素晴らしいギタリストはたくさんおりますが・・・。
Phrase-8.jpg

それでは、解説に入ります。
 
 1段目の基本形、これはジャズをやっている人なら誰でも知っているフレーズで特徴的なフレーズです。このフレーズを弾くと、ロックしか弾けないと思われていたあなたは、メンバーから「なんかジャズっぽくなったね!」と言われます。2弦6フレット、もしくは3弦10フレット人差し指F音からスタートして中指―薬指ー小指とクロマチックに上がります。最高音のAは小指をスライドさせるか、隣の弦に行っても良いと思います。

 

 パットマルティーノ氏、上のまんま弾くこともありますが、(7-a)のように、1弦10フレットD音を小指で抑えたまま常に付加して、音に厚みを付けてます。小指を1弦10フレットでずっと抑えたままにして、最初のF音を人差し指、F#は人差し指をF音からスライドさせます。その後、G音中指、G#音は薬指、A音はG#音から薬指スライドして弾くのが良いのではと思います。彼は、このフレーズをオルタネートピッキングで、復音をきれいに出します。 意外と難しいです。

 (7-b)、最初のF音は同様に、2弦6フレット人差し指、その後F#を中指、G音を薬指で弾きます。3拍目からは、スィープピッキングで、一気にF#まで下ります。譜面のとおりの音がしっかり出ていなくとも、最後のG-F#がしっかり出ていれば、雰囲気は出ます。

 次回も、パットマルティーノならではのブルーススケールを使ったフレーズを紹介します。

 ではでは!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR