僕のレコード棚公開します!(23)

【ビッグ・ブルース/アート・ファーマー&ジム・ホール】

FullSizeRender (32)

【メンバー】
アート・ファーム(tp) ジム・ホール(g) マイク・マエニエリ(Vib) マイク・ムーア(b)スティーブ・ガッド(ds)
【曲目】
A面
ウィスパー・ノット
チャイルド・イズ・ボーン
B面
ビッグ・ブルース
なき王女のためのパヌーバ

 僕はギター奏法的には全くジム・ホールの影響は受けていませんが、ソロの組み立てみたいなものはやはり参考になることがたくさんあって、勉強させてもらってました。レコードもたくさん持っていますし、教則ビデオもいくつかあります。そして、大好きなギタリストのひとりでもあります。

 そんなギタリストに何故技術的な影響を受けなかったかというと、自分で切り捨ててしまったからです。ジム・ホールのような音楽観は僕には全くありませんでした。逆に、マルティーノやベンソンは自分中に少なからず共通項があったように思います。僕はパットやベンソンの真似はできました。所詮「真似」でしかすぎませんが、それでも似たように弾くことができる部分がたくさんありました。でも、ジム・ホール、技術的には先の二人に比べると決して難しくはないのですが、「真似」すらできません。ある時、「自分にないものをいくら求めても、無駄」と感じで、研究することをやめ、聴くのみに専念することにしました。

 このアルバム、緊張感のあるデュオやトリオ物に比べると、リラックスしたジム・ホールを聴くことができます。チャイルド・イズ・ボーンはもう最高ですね。アート・ファーマーの歌心あふれるフリューゲルも素晴らしいです。マイク・マエニエリのバイブはこの2人に比べるとこの時代からもう既に80年代の香りが漂ってきます。

 おすすめです! 



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR