僕の音楽史(21)

【中学2年生(1975~76年)】

 日本のバンド、クリエイションやサディスティック・ミカ・バンド、スモーキン・メディスン(Char)などを聴き、日本のバンドにハマっていましたが、もう2つ気に入ったバンドをご紹介します。

 【四人囃子】
 四人囃子と言えば、やはりこのデビュー・アルバムです。代表曲「一触即発」も素晴らしかったですが、僕は「おまつり」なんかも好きでした。とにかく、ギター森園さんのクリーン・トーンによるカッティングや腰のある歪みもカッコよく、センスが光るギタリストですね。このスタンスはその後も一貫して変わってないです。流行に流されない「自分の音」を持ったギタリストと思います。昔はディープ・パープルのコピー・バンドだったらしいですが、信じられません。ハード・ロックとプログレの間を行く感じで、立ち位置が良かったと思います。その後も何回か再結成したりと、マニアがたくさんいる素晴らしいバンドです。

41EM0SM8MCL.jpg km-strat01.jpg



 【カルメン・マキ&OZ】
 「時には母のないこのように」のカルメン・マキさんが、ロックを歌うという事で、びっくりしました。楽曲もその後も人気の「私は風」や「午前1時のスケッチ」など素晴らしいもので圧倒的な歌唱力でぐいっとこちらの心を掴んで持ち去っていきます。ギタリスト春日博文さんのストラトの音も大好きでした。

51FW3D720EL.jpg hqdefault (1)



 こうしてどっぷりの日本のバンドに浸った中2の夏休みでした。

 学校も始まり、例の新保君を始めとしたロック好きの友人達と久々情報交換をし、さらに他の日本のロックバンドのことも知るのでした。「外道」や「紫」「ウェストロードブルースバンド」などがそうでした。ただ、今まで紹介してきた日本のバンドに比べると、個人的には少々小粒な感じもしまして、あまりのめり込むことはありませんでした。

【音源】
↓↓↓↓
一触即発
カルメンマキ&OZ/私は風

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR