僕のレコード棚公開します!(20)

【ディグ・マイ・スタイル/秋山一将】
dig my style

【A面】
i Believe in You
Summer Dreamer
Got That Feeling
Keep on Loving
【B面】
Dig My Style
Gettin' on
Shining Guitar
Mother Eyes~Estate

 僕がジャズ・ギターの勉強を始めた大学時代に一番最初にはまって、大好きになったギタリストが「秋山一将」さんです。

 1970年代後半から80年代の日本のフュージョン・ギタリストはどちらかと言うと、ロック系のギタリストがジャズのエッセンスを取り入れたパターンが多かったように思います。そんな中、渡辺香津美さんと秋山一将さんはジャズ側からアプローチした方だったと思います。僕ももともとはロック・ギタリストだったので、逆に香津美さんや秋山さんの方に憧れました。

 秋山さんのプレイはまじに研究しました。リーダー・アルバムからサイドマンでの演奏、ラジオでのスタジオ・ライブやらなにやら、片っ端からコピーし、譜面に起こして、自分の手癖にするまで繰り返し何度も何度も練習しました。秋山さんの演奏を通して、僕はその後がっつりはまっていくベンソンやマルティーノの下地みたいなものを作ることができたのだと思っています。本当に感謝しています。

 僕が30代で、あるジャズ・コンテストに出場した時、秋山さんが審査員の一人でした。事前のテープ審査の講評・コメントに「ギターの人は相当上手いと思います。」と書いてくれていました。すごく嬉しかったです。そして、本選で彼の前でギターを弾きました。とても緊張しましたが、何とか褒めてもらえるようがんばって演奏しました。演奏後、司会の方が秋山さんにコメントを求めました。秋山さんは「指が速く動いてうらやましいな。とてもいいフレーズだよ。」って言ってくれました。僕は心の中で思いました。「僕がここまで弾けるようになったのも秋山さんのおかげですよ」と。

 お勧めはA,B面の1曲目です。

 とにかく、彼はある意味「天才」と思っています。とにかく、あの「黒い」雰囲気は本物だと思います。

 



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR