僕の音楽史(15)

【中学1年生(1974~75年)】

 レッド・ツェッペリンのお話が続きます。

 前回までのお話のようにサード⇒フォースと聴いてきて、次に「フィジカル・グラフィティ」を買いました。2枚組ということもあり、中1の少年には結構な出費でしたので、失敗は許されません。祈るようにレコード盤に針を落としました。

 いきなり「カスタード・パイ」のあのコード・ワークが耳に飛び込んできました。「カッコイイ!」そして、ギターソロでワウワウを使ってます。部屋に貼ってあるポスターの中のワウワウを踏んでいるジミーが目の前に現れた感じで、もう一曲目でがっつりと心を掴まれてしまいました。そして、「流浪の民」これまたギターの歪んだ音色でのキャッチ―なリフとボーカルとの掛け合い、そしてジャム・セッションのような「死にかけて」・・・・以下どれもこれもカッコよい曲ばかりで、ノックアウトされてしまいました。

 ただ、一つだけ不満がありました。当時はすでにエレキ・ギターの腕前を結構上げてきていて、いわゆる「イエス」以外のロック・バンドの曲はだいたい「耳コピー」して弾けるようになっていましたが、「フィジカル・グラフィティ」の楽曲は、当時の僕には未知のコード・サウンドで、なかなか「耳コピ」ができず、ギター教則レコードとしては不適切でした(笑)。とくに「カシミール」や「テン・イヤーズ・ゴーン」などは大好きでしたが、全然音が取れず、めげそうになりました。

 ジミー・ペイジというギタリストを本格的に研究してみたくなりました。そこで、変なところに几帳面な僕は「ファースト・アルバムのA面1曲目から順番に練習していこう!」と考えました。

 フィジカル・グラフィティでおこづかいを使い切ってしまったので、来月のおこづかいまで、ファースト・アルバムの購入は待つこととなりました。

【Physical Graffiti / Led Zeppelin】
ダウンロード (3)

【音源】
カスタード・パイ

テン・イヤーズ・ゴーン

カシミール





テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フィジカル・グラフティ

二枚組ながら捨て曲が全くない傑作。

しかしながら、彼等の代表作に常にあがる「カシミール」はいまだに好きになれないんですよ。嫌いではないですが。

個人的にはイン・ザ・ライト~ブロン・イ・アー~ダウン・バイ・ザ・シーサイドの流れがいいですね。
後の二曲は確かⅡ~Ⅲのあたりの未発表作品なので、やはりこの頃の彼らがサイコーとも思います。

この作品はセカンドやシンボルズなどと比較すると、まだまだ聴き込みが足りないので、今後発見があるかもしれません。

Re: フィジカル・グラフティ


> 個人的にはイン・ザ・ライト~ブロン・イ・アー~ダウン・バイ・ザ・シーサイドの流れがいいですね。

いかにも尾崎さんらしくマニアックなところをついてきましたね。

捨て曲はないですが、やはり色々な時期の曲の寄せ集めなので、少し統一感に欠ける部分はありますよね?!
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR