Pat Martino奏法研究(40)

【第4章】マイナー・コンバージョン・コンセプト(応用編)

~オーギュメントと#9thコードへの応用(2)~


 前回の引き続きパット・マルティーノの楽曲「インターチェンジ」のイントロの進行を使って、マイナー・コンバージョンをオーギュメントや7th#9に適用するヒントを考えてみます。
Aug#9th

 前回の解説で「最初の2小節(Faug/E)をDmにコンバージョンしてDドリアン、次の2小節(E7#9th)はFmのコンバージョンしてFドリアンで弾ける」という話をしました。

 実際に2小節単位でDm(Dドリアン)、Fm(Fドリアン)を交互に毎回きちんと弾き分けるのは、ちょっとせわしないですよね。もっと大きくとらえたいところです。そこで、下のようにマイナー7th(ドリアン)の一発と考えて強引に弾いてしまうこともできます。

1.全てDm(Dドリアン)で弾く。
 奏法研究(38)のディミニッシュの時にお話ししたように、E7⇒Fm7が成り立つのであればE7⇒A♭m7、Bm7、Dm7も同様に成り立つはずです。こう考えるとFaug⇒Dm7、E7⇒Dm7、つまり4小節通してDm7(Dドリアン)と考える事が出来て、Dのマイナー一発感覚で弾くことができます。

2.全てFm(Fドリアン)で弾く。
 E7⇒(Fm7=A♭m7=Bm7=Dm7)なら、Dm7で弾ける部分をFm7で弾いてしまおう!ってことで最初の2小節をFm7(ドリアン)で弾いてしまえば4小節ともまとめてFm7(Fドリアン)で弾けることになります。

 もうここまでくると、理論でもなんでもないですし、音符一つ一つがきちんと理論的な裏付けがないと!って方は、こんないい加減な考え方では正直ダメと思います(笑)。でも、はっきり言っておきますが、フレーズ分析と彼の教則ビデオを見る限り、パット・マルティーノはこのように考えて弾いていると思います。
 
 理論的な裏付けがなく、強引な考え方でも、出てくる音が良ければそれで良いのですよ!

 次回はデモ動画を用意しようと思います。



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR