FC2ブログ

ギター購入騒動記(29)

2017年1月4日 レスポール・カスタム購入!

 年が変わってもレスポール・カスタムに対する思いは変わりませんでした。冷めるどころか、ますます思いが強くなっていきました。したがって、買うことに決まました。あとは、もともと所有のレスポール・スタジオを売るかどうかだけでした。もう一度弾いてみました。いい音です。そして、その場で弾き比べたわけではありませんが、同じレスポールでもルックスだけではなく、まるで音が違います。従って、売るつもりはなくなりました。そんでもって、購入資金はどうやってっていうと・・・・。ここには、書けません(笑)。犯罪を犯したわけではないですよ!!

 1月4日、年明け早々吉祥寺ロックインに出向きました。そして、もう一度弾かせてもらいました。さっきレスポール・スタジオと音が違うと言ったのはどう違うかっというと、なんか先入観と違って、「丸く角が取れた太い音」がします。スタジオは「カラッと湿度の低い音」がします。テレキャスっぽい感じもします。一方、カスタムは「しっとりとした音」がします。大歓迎ですね。自分のやっている4ビート・ジャズも充分生音で勝負できそうです。

 こうして写真のレスポール・カスタムは僕の手元にあります。実は、このギター、今現在まで、まだライブであまり使っていません。太い弦を張ってみたり、細くしてみたり、オクターブ調整したり、GK-3ピックアップ付けてみたりと色々ごちゃごちゃいじっているうちに随分と時間が経ってしまいました。最近、やっと調整が終わり、昨日ライブで久々にがっつりと使ってみました。高評価ですね。買って良かった!と改めて思いました。

【Gibson LesPaul Custom All Mahogany WR(1997製 中古)】

IMG_1472.jpeg

・ボディの裏面に多少擦り傷が多いですが、ネックや表面は綺麗です。
・無茶苦茶重いです。測った事はないですが、多分4.6Kgくらいある気がします。
・音については、本文に書いた通りです。ピッキングしてからの反応は早い気がします。
・まだまだ実践で使う回数が少ないですが、今後は僕のメイン楽器となってくると思います!

【2017年1月4日時点での所有楽器・機材】
<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Stratocaster (Fender Japan) 16年中古で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Sutudio Faded2016 (Gibson) 16年新品で購入
LesPaul Classic(Epiphone) 16年中古で購入
ES-339 Pro (Epiphone) 16年新品で購入
LesPaul Cusutom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GR-55 (Roland) ギターシンセサイザー 16年 ヤフオクで落札

<Amp>
Pathfinder10(Vox) 11年新品購入
RhythmMini5(Vox) 14年新品購

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR