Pat Martino奏法研究(39)

【第4章】マイナー・コンバージョン・コンセプト(応用編)

~オーギュメントと#9thコードへの応用(1)~


 まず下の譜面をご覧ください。これは、Pat Martinoの「Interchange」という楽曲のイントロ部分です。彼の書いた譜面を見たわけではないですし、ピアノのサウンドを聴くともっとたくさんの音が聴こえてきますが、ギターで近いサウンドを出すには譜面の音かなと思います。ちなみにyoutubeでこの曲が聴けるので、リンクを貼っておきます。

     Interchange

 1-2小節が FAug/E 、3-4小節がE7#9の繰り返しです。この2つのコード・サウンドはPat Martinoのサウンドを語るには極めて重要なコードなので、雰囲気を頭に叩き込んでおいてください。彼のダークなサウンドの出す鍵でもあります。
Aug#9th

さて、このコード上で何を弾く?と言った時に、下ののようなマイナー・コンバージョンが考えられて、Patも実際にこの考え方をベースに弾いています。それでは、例によって下の指板の図を参考にお読みください。Aug#9th(2)

 【図1】は最初の2小節部分です。E音はベースがペダルでぐいぐい弾いてますから、この際無視して、上のFAugの部分を指板で押さえたものです。#5のC#を半音動かしてDにするとDmの出来上がりです。したがってDドリアンで合うのではないかってわけです。弾いてみてください。OKですよね、でも、なんか物足りませんね。オーギュメントがオーギュメントであるための大事な#5(C#)の音を勝手にずらしてコンバージョンしているわけですから・・・。したがって、Dドリアンをベースにアドリブして、ところどころC#音を加えて弾けばいい感じになります。「Dハーモニックマイナー」と言っても良いのですが、これも彼に直接聞いたわけではありませんが、彼は多分「Dドリアン+C#」で考えていると思います。彼の口から、ドリアン以外のマイナースケールは聞いたことないですし、他の楽曲でのDドリアンのフレーズをまんま、あてはめているので、間違いはないと思います。

 【図2】は3、4小節のE7#9thです。これもルートのEを半音ずらしてFにすると、Fm6(9)が出来上がって、めでたくFドリアンでアドリブできます。ただ、これもちょっと注意が必要で、大事なルートを半音ずらしていますから、いくらFドリアンにコンバージョンできるといっても、フレーズの最後をFで終わったりすると、ペダルのE音とぶつかって、変な感じになります。

パットは教則ビデオ「クリエイティブ・フォース Part2」の中で、Part1の「ディミニッシュ・コンセプト」と同様に「オーギュメント・コンセプト」として解説していますが、「概念」のみの解説で、実際にどう応用していくかが個人的に正直わかりにくかったので、E7#9の解説と絡めて実際の彼の楽曲を使って解説してみることにしました。

次回はこのイントロを使って、さらに一歩踏み込んでいきます。

お楽しみに!




テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR