ギター購入騒動記(28)

2016年12月29日 レスポール・カスタムを予約

 昨日、レスポール・カスタムを試奏しながら、一旦は家に帰ってきたものの、家に居ても全く落ち着きませんでした。予約をしてきませんでしたので、心配で心配でたまらなくなりました。僕が試奏していた時に、じっと僕の試奏の姿を見ていた若者が凄く気になりました。「あの人が買うのではないか?」そんな妄想が頭をよぎり、いてもたってもいられなくなりました。そんな話をFacebookに投稿すると、皆さん無責任に(笑)「買え、買え!」と背中をぐんぐん押してきます。
 
 「楽器は持つべき人の手元にやってくるのです」

 「買わないで一生後悔するくらいなら、買って一生後悔した方が良い」

 「55歳過ぎたらいつ死んでも良いように、欲しいものは買うべき!」


 今までご紹介してきた中古楽器と比べて、値段が少々高いのでなかなか決心がつきませんでしたが、もう皆さんの意見に従い、買うことに決めました。

 そうと決まったら、まずは予約です!今日から僕は年末年始の休暇に入っていたので、お店の開店に合わせて吉祥寺に向かいました。

 何故この日に買わなかったかというと、理由は2つです。

 ひとつは、支払い方法を決めていなかったからです。現金で買うためには、他の楽器を売却したうえに、現金を足して買わなくてはいけません。売る楽器と言えば、以前レスポール・スタンダードを購入するために売ろうとしていた所有の「レスポール・スタジオ」を売ることになるのでしょうが、あんな事件もあり(25話参照)、音も気に入っていたので、売る気がなくなっていました。どうするか、考える時間が欲しいと思いました。

 もうひとつの理由は、頭を冷やすためです。今までの中古楽器は「勢い」で買ってきました(笑)。でも、このカスタムはそんな値段ではありません。少し間を空けて、それでも買う気がなくならないことを自分で確かめようと思いました。

 いつもの店員さんにお願いしました。

 「年明けにまた来ます。それまで予約しておいてください!」

 試奏させてもらった後、店をあとにしました。

IMG_1472.jpeg LPsb.jpg

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR