Pat Martino奏法研究(38)

【第4章】マイナー・コンバージョン・コンセプト(応用編)

~ディミニッシュ・コードへの応用(3)~

 B dim  ⇒  B♭7  ⇒  Fm7

 B dim をB♭7と考えることによって、F ドリアン ( Fm7)でフレージングできるということは、前回お話ししたとおりです。ここで、もう一歩突っ込んで考えてみます。

 B dimの構成音は、D dim、F dim、A♭dimと同じであることは皆さんご存知かと思います。

 構成音は B D F A♭ の4つ。

 Bをルートと考えるとB dim 、Dをルートと考えるとD dim・・・・というわけです。

 構成音的にはB dim = D dim = F dim = A♭dim です。

 ということは 

 B dim ⇒F ドリアン(F m7) 、D dim ⇒F ドリアン(Fm7) 、F dim ⇒Fドリアン(Fm7)、 A♭dim ⇒F ドリアン(Fm7)

  という関係が成り立つとも言えます。

 また、

  B dim ⇒F ドリアン (Fm7) なら D dim ⇒A♭ドリアン (A♭m7)、F dim ⇒B ドリアン(Bm7)、A♭dim ⇒D ドリアン(Dm7) 

  B dim = D dim = F dim = A♭dim

 を合わせて考えると

 Bdim⇒F、A♭、B、D ドリアン(Fm7、A♭m7、Bm7、Dm7)

 という事ができます。


要するに

 ひとつのデミニッシュ・コードは4つのマイナー7thコードで代理できて、それぞれドリアン・スケールを想定してフレーズを組み立てることができることになります。

 ただ、実際に4種類のマイナー7thで弾いてみると、「えっ?」と違和感を感じる部分もあるかと思います。それが何故かは理論的に説明することはある程度できますが、ここでは止めておきます。違和感を感じる度合いは人によってまちまちですし、楽曲の速度によってその違和感がOKの場合とNGの場合が出てくるからです。

 次は、オギュメントへの応用を解説しようと思います。

 

  

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR