Pat Martino奏法研究(37)

【第4章】マイナー・コンバージョン・コンセプト(応用編)

 マイナー・コンバージョンでのディミニッシュ・コードへの応用を、具体的にフレーズで解説したいと思います。

~ディミニッシュ・コードへの応用(2)~
B♭7 ⇒ Bdim

まず上の譜面の上段を見てください。B♭7でF ドリアン(Fm7)をベースにしたマルティーノっぽいフレーズの例です。所々にF ドリアンにはない音が出てきますが、どれも経過音です。下の最初の動画を参考に弾いてみてください。フレーズを弾く前に、必ずB♭7のコードを鳴らしてから弾いてみてくださいね。鳴らすコードは前回の図1右側が分かりやすいいと思います。

 前回解説した通り、「Bdim ⇒ B♭7」です。そして 「逆もまた真なり」で、相互に代理関係ですから「B♭7 ⇒ Bdim 」ということになり、先ほどのB♭想定のフレーズをまんまBdimniに当てはめます。それが、譜面の下段になります。

 ここで上段・下段の譜面を良ーく比べて見てください。実は、そのまんま当てはめたわけではありません。1箇所だけ上段と違ってます。どこか気が付きましたか?

 そうです、一番最後の音です!最後の音、上段はB♭、下段はBで終わってます。ここで、二番目の動画を確認してみてください。

 これが、前回の最後にお話しした、当てはめる時のちょっとした「コツ」なのです。

 マイナー・コンバージョンで「B♭7 ⇒ Fm7」と考え、F ドリアンスケールでフレーズを弾いた場合、B♭のブルース・スケールやペンタトニックで弾いたときに比べると、「B♭の音がルート音」という雰囲気が多少希薄です。「B♭音」はルート音ではなく「F ドリアンの中の単に4番目の音」です。
 譜面上段のように、フレーズ最後の音をB♭音で終わってしまうと、「調整はB♭ですよ!」とフレーズが主張してくるように聞こえませんか?そこで、「B♭⇒ B 」でフレーズを終わるようにします。たったの1音変えるだけで「調整はBですよ!」とフレーズは主張して、俄然 「Bdim」にしっくりいくようになります。

 絶対にこう弾かなくてはいけないということではありません。あくまで単なる「コツ」ですから!

 次回は、もう一歩ディミニッシュについて踏み込んでみます。





テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR