僕のレコード棚公開します!(16)

【サンダー・ライブ/カシオペア

カシオペア

【メンバー】
野呂一生(g)向谷実(p)桜井哲夫(b)神保彰(ds)
【曲目】
A面
スペース・ロード
セイリング・アローン
アイム・ソーリー
B面
ハブ・ア・ナイス・ドリーム
ブラック・ジョーク
ミッドナイト・ランデブー

 カシオペアの初期の作品、サンダー・ライブであります。

 僕は1980年慶應義塾大学に入学しました。大学では音楽サークルに入って、「思い切りギターを練習するぞ!」と入部するサークルを物色していました。ひょんなことから「ライト・ミュージック・ソサェティ」というジャズのビッグバンドに入部することになりました。その時にサークルの先輩から「カシオペアの神保さんて知ってる?この前までうちのサークルでドラム叩いていたんだよ」という話を聴きました。もちろん「カシオペア」というバンド名は既に高校時代過ごしていた新潟にも知れ渡ってきたころでしたが、まだ聴いてはいませんでした。それなら聴いてみるかってことで買ったアルバムがこの「サンダー・ライブ」でした。

 まずは野呂さんのギターの音に魅かれました。オレンジスクィーザー(コンプ)&ディレイのサウンドとジャジーなフレーズが大好きでした。そして神保さんのドラム、タイトでかっこいいドラムソロに夢中になりました。ロックバンドのドラムソロは、正直言うと、大抵は「早く終わんないかなー」と思うことが多かったのですが、ドラムソロだけでこんなに楽しめたのは、神保さんが初めてでした。もちろん向谷さんも桜井さんも勢いがあり、抜群の切れ味でした。よくこんな4人が偶然にも集まったものです。

 その後、さかのぼってファースト、セカンドアルバムを友達から録音してもらい、毎日聴いていました。演奏力だけでなく、楽曲がキャッチ―で、野呂さんの作曲能力にも驚きました。そして、適度にジャジーな音遣いは、当時のジャズ初心者の僕が「ジャズとはどういうものか?」を知るにはピッタリでした。

 どの曲も最高です。みんなは「ブラック・ジョーク」や「ミッドナイト・ランデブー」が良いというのでしょう??僕は、マニアックなので「アイム・ソーリー」が一番好きですね!

 カシオペアについては、まだまだ書き足りないので、僕のブログの別のカテゴリーの中で、そのうち詳しく書こうと思います。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR