Pat Martino 奏法研究(6)

 もう少しマイナー7th上での彼の得意フレーズの紹介を続けます。このストックを増やしていくことが今後解説予定の「マイナーコンバージョンコンセプト」を理解し、実践に移していく時に非常に楽になります。現段階ではあまり理論的なことは考えず、譜面をなぞって、何度も弾いて、指くせにしてしまいましょう!
Phrase-6.jpg

 (6-a)はAドリアンスケールをB音(Am7の9th音)から降りてきます。B-Aと下る間にB♭の経過音を挟みます。1弦7フレットB音を薬指からスタートです。2小節目3拍目から3小節目マルマルは彼の指くせですからまんま覚えてしまいましょう。特に2小節3拍目からのC-E-B-B♭は得意フレーズで重要です。C(3弦5フレット中指)-E(2弦5フレット中指)-B(3弦4フレット人差し指)-B♭(3弦3フレット人差し指)とB-B♭で人差し指をスライドさせます。そして、3小節目最初のA音も人差し指をスライドさせ、これでポジション移動完了。3小節目は1-2小節の一つ下のポジションでフレーズを弾きます。以前も書きましたか、マルティーノのポジション移動は実に機能的で美しく、今後どっかのタイミングで解説したいと思います。ちょっとジャンルが違いますが、ジェフベックなんかと全く違っております。ジェフベックが悪いと言っているわけではありませんので、誤解のないように!

 (6-b)ですが1~3小節目は例の得意フレーズです。絶対覚えてください。ここでは3小節目4拍裏から4小節目にかけてのフレーズに注目です。「D7のブルースペンタトニック」ぽいフレーズで少し「おや?」とします。彼はよくやります。「何でAm7でD7のブルーススケール?」なんてこと考えなくても今は良いです。この「おや?」を十分楽しんでください。

 今年はこの講座はこれが最後です。来年も継続してやっていきます。皆さんのギター学習の手助けになればうれしいです。

 それでは!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR