僕の音楽史(8)

【小学校4年~6年生(1971~73年)】

 まだまだこの時代の話が続きます。

 ●ディープ・パープル
 ユーライア・ヒープ、イエスとのめり込み、ここで「ディープ・パープル」の登場です。これまた、兄が友人から借りてきました。もう説明の必要もありません。「ライブ・イン・ジャパン」です。

live in japan deep purple

 曲も最高にかっこよく、メンバー5人の技量に驚かされました。特にリッチー・ブラックモアのまろやかなギターのトーンとイアン・ペイスの切れ味の良いドラミングにはしびれました。このころから、部屋で大音量でステレオで聴くようになって、「チャイルド・イン・タイム」でのイアン・ギランの叫び声で、いつも母親が「もっと小さくかけなさい!」と部屋に注意しにやってきました(笑)。この時点では、まだスタジオ盤は聴いていなかったので、のちに中学入学して、このアルバムに収められている数々の名曲のスタジオ・テイクを聴いたときに少し物足りなく感じてしまいました。

 ユーラーア・ヒープとディープ・パープルを聴き、ロックはエレキ・ギターのリフがかっこ良いかどうかで、評価が決まるのだなと理解しました。この時点での僕の憧れのギタリストは「テクニックのリッチー」「クライ・ベイビー(ワウワウ)のミック・ボックス」そして「クラッシックも弾けるスティーブ・ハウ」の3人でした。 

●EL&P
 もうひとつ忘れてはいけないバンドがありました。「エマーソン・レイク&パーマー」です。キッカケは僕ら世代の人達はみな知っている「ヤング・ミュージック・ショウ(NHK)」です。この番組、NHKが当時不定期(?)で放映していて、先のパープルやイエス、ツエッペリンなども登場しています。海外の有名なジャズやロックのコンサートやスタジオ・ライブの映像を流す優れた番組です。インターネットもYoutubeもない時代、唯一「動く海外ミュージシャン」を見ることができる機会がこれでした。

展覧会 ELP.jpg

 この番組で「EL&P」の映像を見て、「キーボードにナイフを刺す」キース・エマーソンにしびれました。またまた兄が「展覧会の絵」を借りてきました。この中でも、「ナット・ロッカー」、クラッシックの名曲を拝借して作った曲がお気に入りでした。ただ、ベースのグレッグ・レイクがたまにギターを弾くものの、「ギタリストがいない」バンドだったことや、シャウトするボーカルではないこともあって、このアルバム以外は聴きませんでした。最初に「タルカス」を聴いていたら、また違っていたかもしれませんね。

小学校時代は、こんな感じでした。小学校にはロックを聴いている友達が全くおらず、情報元が3つ上の兄と当時定期購読していた「ミュージック・ライフ」という雑誌だけだったこともあって、そんなに多くのバンドを聴くわけでもなく、限られた数のバンドの気に入った曲を、それこそレコードが擦り切れるまで聴く、そんな感じでした。Youtubeなど存在せず、また家庭にはビデオ・デッキなどは一部のお金持ちの家庭にしか存在せず、したがって「動いている姿」をほとんど見たことのない状態で、写真とレコードの音だけで、彼らロックスターのことを色々想像していました。今考えるとそれも良かったのでは?と思う時があります。

【音源】

ディープ・パープル/ハイウェイ・スター

ディープ・パープル/スモーク・オン・ザ・ウォーター

EL&P/ナット・ロッカー

テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ELP

下手に映像があると、イメージが固定化されますからね。
自分は80年代のMTVに浸かった世代ですが、メリットとデメリット両面ありました。

実は私はキングクリムソンは映像で観たことがなく、(そのせいか)未だにグレッグ・レイクはスーパーヴォーカリスト、ロバート・フィリップは超絶ギタリストです。

話が飛びましたが、グレッグ・レイクは、ELPよりクリムソン1stのあの何処かに飛んでいってしまいそうなヴォーカルのイメージが強いですね。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR