僕のレコード棚公開します!(13)

【エンパシー/ジョー・ベックレッド・ミッチェル

JoeBeck.jpg

【メンバー】
ジョー・ベック(g) レッド・ミッチェル(b)

【曲目】
A面
グルーブ・ヤード
ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス
ライク・サムワン・イン・ラブ
B面
ソフト・ウィンズ
いつか王子様が
シングズ・ウイ・ディド・ラスト・サマー
C面
ウィスパー・ノット
エミリー
ジュアナバラ
D面
ダーン・ザット・ドリーム
枯葉
ラウンド・ミッドナイト


 名手ジョー・ベックレッド・ミッチェルのデュオ、しかもライブ盤2枚組です。

 日本ではジョー・ベックよりもベーシストのレッド・ミッチェルの方が知名度があるのでしょうか?僕も、ジョー・ベックのことは、正直全く知識がありません。フュージョン系のアルバムもあるらしいのですが、僕は聴いたこともありません。以前紹介したラリー・コリエルの「トリビュータリーズ」とこのアルバムの2枚しか持っていません。あと、教則ビデオも持ってます。

 全く予備知識がない状態で何でこのアルバムを買ったのかというと、当時ギター・デュオのアルバムを買いまくっていて、そんな中でもスタンダード曲をたくさんやっているということだったと思います。

 この人、ほんとに上手いです。音が繊細で、綺麗で、コード・ワークが絶品です。なんと、この時の演奏は、僕が以前所有していたヤマハのAE-2000という楽器を使っています(カスタマイズしているかは不明ですが)。自分とは真逆のタイプですので、本当にうらやましいです。「ギターが上手い!」とは、こういう人の事を言うのでしょうね。

 コード・ワークが多く、コピーするには根気が必要なので全くやっていませんが、誰か譜面に起こしていたりしませんかね。

 どの曲も素晴らしいですが、太字の曲をよく聴きましたね。

 絶対聴いてください。名盤です!っていうか、今手に入るのかしら・・・・。

 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR