Pat Martino 奏法研究(5)

 さて、まだまだマイナー7thでのマルティーノフレーズをご紹介していきます。

 彼のピッキングと言えば、「コーヒーカップの取手」をつかむような感じで、硬質のピックを握り、強いアタックでオルタネートピッキング(アップダウンを交互に弾く)」ということが、よく言われます。間違いとは言いませんが、それだけではありません。特定のフレーズで中で、実に見事なスィープピッキング(ダウンダウン・・・やアップアップアップ・・・で隣の弦を滑らせるように弾く)を見せてくれます。

 フレーズを解説する前に、譜面に使用した記号についてですが、音符の上にある8分音符の玉なしのようなマークはダウンピッキング指定、不等号のようなマークはアップピッキング指定のマークです。弦楽器限定のマークとのことで、僕も最近知りました。
Phrase-5.jpg

(5-a)はAm7のアルペジオ。歯切れよく弾きます。左手は5弦12フレットA音に人差し指を置き、A音からC-E-Gまでをダウンスィープ、G-F#はピッキングなしのスラー、最後のD音はアクセントを付けて、アップピッキングで弾きます。3、4拍目のフレーズは最後のD音が1オクターブ下であるだけで、あとは同じです。マルティーノはこの1小節のフレーズを2回繰り返して弾く場合が多く、ソロをリズミックな感じにすることと、「前に続いていた16分音符の洪水を一休みさせ、次に新たな16分音符の洪水に突入」みたいな感じです。これを数回繰り返すことで、D音-D音-D音-D音・・・と規則性が生まれます。マルティーノのノリはこの「規則性」が重要なカギです。前回のPhrase-4もそうでしたよね。

(5-b)はアップピッキングのスィープと以前解説した「音を飲む」フレーズの連続で歯切れの良さが生まれます。「音を飲む」フレーズはビバップ特有の歌いまわしで、マルティーノは多用します。2小節目B--B♭-F#の太字はほとんど音にならない音、逆にその音の前のB、B♭は強調して弾くといい感じが出ます。「ダタタタタ」みたいに弾ければOKです。

(5-c)はAm7アルペジオ2オクターブのスィープ。これは少し難しいですが、絶対に体得したい技です。1小節目3-4拍目から2小節目にかけては彼の手癖です。指に覚え込ませましょう。スィープ部分の弾き方は(5-a)と同じです。(5-a)ができれば、このフレーズも練習すればできるようになると思います。

 まだもう少しマイナー7thでの彼の必殺技を紹介した後に、7thでのブルースペンタトニックを使ったフレーズをいくつか紹介し、そのあとすでに紹介したフレーズを使って、いよいよ彼の根底の方法論である「マイナーコンバージョンコンセプト」の導入部分を紹介していきます。

こうご期待!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR