僕の音楽史(50)

【高校2年生(1978〜79年)】

guitar.jpg

ギター・ワークショップ Vol.1というレコードを聴きました。森園勝敏、大村憲司、渡辺香津美、山岸潤史の四人の日本人ギタリストたちのオムニバス・アルバムです。この辺の記憶は実はあいまいなのですが、多分友達の新保君から聴かせてもらったのかもしれません。正直、日本のギタリストたちがこんな感じになっていたとは全く知りませんでした。

 ギタリストの名前はみな聞いたことがある人たちばかりでしたが、演奏自体を聴いていたのは四人囃子の森園勝敏さんくらいでした。ただ四人囃子を脱退してからの足取りは全く知らずにいました。

 収められていた曲はどれにも驚かされましたが、一番の驚きは「ギターの音が歪んでいない」という事でした。あとリズムも「8ビートではない(もちろんビートの名前なんか知りませんでしたが・・・・)」ってことでした。ただ、前回紹介したクリエイションの「暗闇のレオ」やテレビからよく流れてきていたサウンドである程度免疫はできていたので、すんなり入ってきました。そして、とてもカッコよく聴こえました。何よりも嬉しかったのは、ロックと同じく「ギターが主役」であることでした。

 もう自分の中から「ロック」は出ていってしまいました。当時の僕には「ロックも良いがクロスオーバー(フュージョン)も良い」みたいな考えにはならず、一部のミュージシャンを除いては全く興味がなくなってしまいました。「ロックはもう古い、終わった」と感じてしまっていました。

 このアルバムに参加しているギタリストの中では「森園勝敏」「渡辺香津美」の二人が気に入りました。

 こんな感じで、僕はまず日本のギタリスト達からクロスオーバー(フュージョン)の世界へと足を踏み入れていきました。

僕の教則本・教則ビデオを公開します!(19)

【Joe Pass Guitar Style 】

IMG_0060.jpg IMG_0061.jpg

内容はタイトルの通りこの1冊でジョー・パスのすべてが学べる一冊です。そうは言っても、僕の場合は以前紹介した「ブルースと代理コード」「Jazz Guitar Clinic Live!」と合わせ技でやってました。譜面や理論には弱かったので、一冊の教則本でジョー・パスの奏法を理解するのは難しいこともあり、内容的には随分と被っていましたが、それぞれの教則本の「美味しいとこ取り」で学んでました。

 このテキストは確か30代前半くらいの家族旅行でハワイに行った時に、楽器屋で買ったと思います。ハワイで買ったわけですから、当たり前ですが英語版です。でも譜面が多く、そんなに不自由はありませんね。

 今年は「ソロ・ギター」を自分が納得できるレベルで弾けるようになりたいと思っていて、最近、またジョー・パスを研究しだしています。そしてあらためてこの人はすごい!と感じています。何が凄いかって、理論的には全く新しいことはやっておらず、当たり前のことをやっているだけで、あんなに技術的にも、音楽的にも素晴らしいものが生み出せるのかってことです。

 ギターを弾いている限り、繰り返し繰り返し研究し続けるべきギタリストですね。

僕のレコード棚公開します!(35)

【カンバセイション / 中牟礼貞則・稲葉国光】

nakamure.jpg

【メンバー】
中牟礼貞則(g) 稲葉国光(b)
【曲目】
枯葉/オールド・フォークス/アローン・トゥギャザー/デイ・バイ・デイ/マイ・フーリッシュ・ハート 他


 このアルバムについては、あまり語りたくないです。いやいや、語れないですね、物凄いクオリティです。中牟礼貞則さんのギター、もうただひれ伏すのみです。中牟礼さんはもはや人間国宝ですね。サウンド的には、ジム・ホール派と思いますが、コピーとかそんな安っぽいものじゃないんです。

 中牟礼さんの演奏を聴くきっかけは、大学の時に渡辺香津美さんにはまっていた時に、「中牟礼さんにギターを習っていって・・・」みたいな話を耳にして、師匠の方にも興味を持ったことがきっかけです。ただ、なかなかレコードを見つけることができずにいたのですが、たまたま入った中古レコード屋で500円くらいで購入しました。

 5百円で買いましたが、100倍の5万円の価値はありました。全曲スタンダードです。演奏については、さっきも言いましたが何も言いません。とにかく、聴いてみてください!(とは言っても、そう簡単には手に入らないのかな?)

 続編で「ウィル・ビー・トゥギャザー・アゲイン」というアルバムもあり、こちらはCDで購入しました。これも、良いのですが、このサウンドはCDでは聴いてほしくないなーと思います。コーヒー飲みながらレコードに針を落とし、ジャケットを眺めながら昭和のジャズ喫茶の気分に浸りながら聴くことをお勧めします。

1月のスケジュール

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

今年も月2回のペースで引き続きライブを行っていきますので、東京近郊にお住まいの方はぜひ足を運んでください!

お待ちしております。

1月16日(火) 東中野セロニアス 
中野区東中野4-3-1 もみじゃビルB1
東中野駅西口・東口いずれかを北側出て徒歩3分
http://thelonious.ec-net.jp/
【メンバー】
 武田謙治(g) 阿部義徳(p) 座小田諒一(b) 丸谷茜 (ds)

1月30日(火)奥沢Bar nasa
世田谷区奥沢3−33−7近江ビル2F
奥沢駅徒歩1分、自由が丘駅徒歩6分
http://bar-nasa.sunnyday.jp/
【メンバー】
 武田謙治(g)山口廣和(g)

band.jpg nasanasa.jpg


プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR