僕の音楽史(81)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ライトは他の大学サークルと同様で夏と冬の年2回に合宿に行きます。その合宿はそれぞれ目的があって、夏は「山野ビックバンドコンテスト」に向けての強化練習、冬は3月に行われる「リサイタル」のための練習という事でした。数か月在籍していた感じでは「遊びに行く」感じではないことは容易に想像できましたが、ジュニア・バンドの先輩達からは色々と聞かされてはいました。

 今振り返ってみると、この合宿前がライトを辞めるラスト・チャンスだったのかもしれません(笑)。夏合宿までのわずかばかりの練習のない休みで、少しづつ行くのが面倒になっていましたし、「秋山一将」さんのフレーズ・コピーを始めた頃でレギュラー練習にお付き合いする時間が正直もったいないと思っていました。

 秋山さんを聴きこんでいくうちに、「ジョージ・ベンソン」とのフレーズの共通点をかなり見つけました。「秋山さんもベンソンの事を相当研究してるな?」と思いました。以前同期の川島君から録音してもらった「ブリージン」に合わせて、「イン・フライト」も録音してもらい、併せて徹底的にコピーを始めました。ただ、この時点での僕のギターレベルでは二人の速いパッセージなどは採譜不可能でしたし、たとえできたにしても弾くことはできませんでしたので、ゆっくりなテンポのフレーズを中心にコピーしていきました。

benben.jpg

 
 ライトのレギュラー・バンドの練習時に、ジュニア・バンドのメンバーはいつのころからか交代で「デンスケ番」ってのをやらされていました。

 「デンスケ」

 これは70年代に音楽に携わった人なら知っていると思いますが、ソニーの名器「カセット・デンスケ」のことです。

tc-2850sd.jpg


 「デンスケ番」ってのは何をやるかって言うと、レギュラーの練習の時にこの「カセット・デンスケ」の前に座り、練習を逐一録音し、コンサート・マスター(以後コンマス)の指示のもとに「頭出し」をして「プレイバック再生」する係です。今の時代のデジタル録音ではありませんので、「一発頭出し」は出来ません。コンマスが皆に指示を与えている間に、メーターを「000」に合わせ、録音ボタンとポーズをかけて待機します。そして、演奏が始まると同時にポーズを解除して録音します。そして、コンマスが演奏を止めると同時に録音を止め、メーター「000」を目安にカセットの頭出しをして、コンマスのプレイバックの指示で再生・・・・。この繰り返しです。慣れるまでは録音に失敗したり、頭出しにまごついたりする事もあり、ひどく怒られました。

 とにかく、こんな時間を無駄にしないためには、なんか意味を見出さなくてはいけませんので、以前も書きましたが、僕はこの機会に「レギュラー・メンバーの演奏の通信簿」を心の中でつけていました(笑)。練習の中で、セクションごとに何度も同じ箇所をやり直させられたり、時には放し飼い(一人でみんなの前で演奏させられること)になったりしていたので、全員の演奏を聴く絶好の機会でした。そして、「ジャズ」と「ジャズ以外」「ブラス・バンド」のノリの違いや「個々のインプロビゼーションの力量」などがよくわかりました。先輩達には失礼と思いましたが、こんな事でもやってないと、やる意味が見いだせなかったのです。



 合宿が近づきました。ジュニア・バンドのバンド・マスターでもあり、レギュラー・ドラマーでもあるD年の中村さんが合宿初めての我々C年に合宿の注意事項を話します。

 「写譜ペンを必ず持ってくること」

 「写譜ペン???」

僕の音楽史(80)

【大学1年生(1980年~81年)】

 定期試験が終わり、夏合宿までのライトの練習がないある日、家でゴロゴロしているとテレビのコマーシャルで妙にかっこいいサウンドが流れているのを耳にしました。

 「ん?何だ?誰の演奏だろう?」

 その時はわからなかったのですが、次にそのコマーシャルを見た時に映像のテロップを確認しました。

 「パット・メセニー?あっ!」

 以前このブログでも書きましたが、同じライトの新入部員川島君から録音してもらい、僕的には全く評価の低かったあの「パット・メセニー」でした。

 なんどもそのコマーシャル映像を見るにつけ、そのメロディーがすごく耳に残るものだたので、レコードを買ってみることにしました。そのレコードが下の発売間もない「アメリカン・ガレージ」でした。今では何のコマーシャルであったかは記憶にありません。なんか、画面全体にベールがかかっていて、画面いっぱい白いイメージで、洋食器が映っていて、メセニーの左手の映像が映って、微笑みかけていて....記憶があいまいなので違っているかもしれません。

american garage


 レコード盤に針を落とすと、いきなりコマーシャルで聴いた例のサウンドが耳に飛び込んできます。一曲目の「(クロス・ザ)ハートランド」です。

 「これ、これ、かっこいい!!」

 B面に針を落とします。いきなり、8ビートのパワフルなドラムのイントロです。

 「何だこりゃ?ロック、あれ?でもギターの音が歪んでいない!しかも転調だらけ.....。」

 もう、この2曲でノックアウトでした。

 これが「パット・メセニー」と僕との関係(?)の始まりであり、この時以来この気持ちはずっと今も続いています。メセニー・ファンの中ではこの「アメリカン・ガレージ」は随分とポップになった問題作でもあり、酷評されてもいました。でも、僕はパット・メセニー・グループの中では5本指に入る名作と思っています。今も僕はこのアルバムのタイトル曲「アメリカン・ガレージ」を自分のリーダー・バンドで取り上げて演奏しています。





 ライトの合宿前に色々と嫌なことを耳にしました。


 「写譜」 とか 「デンスケ番」とか.......。


 とりあえず一番の問題は、レギュラー・バンドのメンバーではない僕にとって、先輩たちが練習している間、いったい何をして過ごしてればよいのだろう??ってことでした。



 
 

 

僕の音楽史(79)

【大学1年生(1980年~81年)】

 「えっ?絶対音感?何それ?」

 僕はこの時まで「絶対音感(ある音を単独に聴いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力)」という能力がこの世にあることを知りませんでしたし、内容を聞いても簡単に信じることができませんでした。音というのは時報、音叉やピアノを使って合わせるものとずっと思っていました。

 「秋山一将」さんを徹底的にコピーして研究しようと既に発売済みであったセカンドアルバム「ビヨンド・ザ・ドア」を購入しました。このアルバムはファーストと違い、バンド感を強く打ち出していて、キーボードの笹路正徳さんやベースの濱瀬元彦さんが参加していて日本のフュージョンバンドの中では随分とジャズ寄りで硬派なサウンドで、同じく夢中になりました。秋山さんのギターは相変わらずジャジーで、骨太で、ブルージーで僕の好みのサウンドが全て凝縮されていました。

npaki.jpg


 ファーストに収録され、当時の秋山さんの代表曲「アイ・ビリーブ・イン・ユー」での彼のアドリブ演奏をコピーするために、コード進行を確認する必要がありました。この曲はジャズ・スタンダードのオーソドックスな進行ですから、今なら音感の悪い僕でも楽器があれば簡単に取れるレベルのものですが、ジャズ・スタンダードの進行も全く分からない当時の自分にはコピーは不可能でした。

dig my style


 ライトのレギュラー練習が始まる前に部室にいたピアノ・プレイヤーのE(3)年の「寺さん」に恐る恐る声を掛けます。当時はレギュラー・メンバーの中でもD(2)年の方々はジュニア・バンドの練習にも参加していましたから、C(1)年の僕でも気軽に話しかける機会もありましたが、E年、F年の先輩には話す機会も少なく非常に声をかけづらい感じは正直ありました。


 「すみません、寺さんは音を聴いたらコード進行がわかるって聞いたんですが、コード進行を取ってもらえますか?」

 と勇気をもって質問します。いきなりそんなことを後輩から話しかけられて少しびっくりした様子でした。


 「いいよ、部室にラジカセあるからもってこいよ。あと五線紙も・・・」


 僕はカセットテープをラジカセにセットし、曲の頭出しをして寺さんに渡しました。

 なんと、再生をしながら、いきなりコード進行を鉛筆でスラスラと書き出します。



 「スゲー、これが絶対音感という能力か!」



 なんと、再生されたカセットテープをほとんど一時停止することなく、あっという間にコード進行を採ってしまいました。

 「できたよ、聴こえたテンションは一応書いといたけど、よく聴くともっと違う音が入ってるかもしれない。家で確認してみて」って
 家で確認できるくらいなら頼んだりはしません(笑)。

 この時以来、練習の合間に色々話しかけるようになりましたし、何曲か採譜を頼んだような記憶があります。

 ある時、どこまで聴き分けられるか確かめたくなり、レギュラー練習の合間にピアノで僕が適当に10本指でガーンと鳴らして音を聴き取れるか試してみた事があります。低い音から順番に全部聞き取ることができ、目が点になってしまったことがとても印象に残っています。

 「自分にも身につけることができないものか」と色々な本で調べてみましたが、この年では手遅れと知ってがっかりしました。

 この能力、ライトでもう一人D年のピアニスト、久野さんが持っていることも後になって知りました。

 「人の声が音程に聴こえる時がある」
 「パチンコ屋に入れない。気が狂ってしまう」
 「乾杯!とグラスを合わせる音が音程に聴こえる」等々

 飲みに行った時にお二人からこんな話を聞いて、「大変だなー」と思う反面大変うらやましく思いました。
 
 
 大学1年で初めての定期試験も終わり、夏合宿の事を耳にするようになりました。この時点での僕の気持ちはこうですね。

 「なんとか夏まで持ったな・・・・。」
 
 

僕の音楽史(78)

【大学1年生(1980年~81年)】

Vol2.jpg

 ギター・ワークショップVol.2を早速自宅に帰って聴くことにします。4人のギタリストのうち全く聴いたことのない「秋山一将」さんの演奏している「レッド・バロン」に真っ先に針を落とします。
  
 頭をトンカチでひっぱたかれた衝撃を受けました。理由ははっきりとはわかりません。でも次の3つのことかな?と後で振り返ってみると感じます。


 ひとつめは秋山さんのギターに強力な「ブルース」や「ソウル」を感じました。

 もうひとつは秋山さんのギターで初めて「アウトの気持ちよさ」を実感しました。

 みっつめは「ジャズ」を感じました。


 「ブルース」「ソウル」、そもそもこの言葉の定義など明確にわかっていたわけでもないですし、本場の「ブルース」など聴いたことはないわけですから何故こんな気持ちを持ったのかはわかりません。でも、昔、クリエイションの竹田和夫さんを聴いた時に感じた同じ思いを秋山さんのギターに感じました。 

 レッドバロンのギター・ソロの最初の方でいわゆる「アウト・フレーズ」を弾きます。もちろん当時は「アウト」なんて感覚もありませんでした。初めて聴いた時は「あれ?、間違ったのかな!?」と思ったりしましたが、それにしてはかっこよすぎますし、グッときます。後に理論書で「アウト」っていう言葉の意味や概念を知るのですが、意識して聴いたのは秋山さんのレッド・バロンの演奏が初めてでした。

 みっつめは「ジャズ」、そして「黒っぽいシャズ・フィーリング」を感じました。今まで聴いた日本人ギタリストでは「渡辺香津美」さんにももちろん「ジャス」を感じていましたし、カシオペアの「野呂一生」さんのも同じ思いも持っていました。「リトナー」にも同様でした。でも、彼らはすごく「都会」って感じがしました。もちろんそれも嫌いではなかったのですが、秋山さんにはなんか彼らにはない「土臭さ」を感じ、その虜になってしまいました。

 今まで、何から、どうやってジャズ・ギターを勉強したら良いかがわかりませんでしたが、とりあえず照準が定まりました。

 「秋山さんを徹底的に研究してみよう」

 まずは発売済みのファースト・アルバムの「ディグ・マイ・スタイル」を買いました。想像以上に素晴らしいギターアルバムでした。そんななかでも1曲目「アイ・ビリーブ・イン・ユー」を聴き、それはもう涙が出るほど感動しました。

dig my style


 「彼の様に弾けるようになりたい!」と思い、まずはフレーズ・コピーを本格的に始めることにしました。ジャズ、フュージョン・ギタリストで本格的にコピーを始めたのは秋山さんが初めてです。

 ただ、コピーしながら考えました。

 「ロックと違いジャズやフュージョンのギター・ソロはいくらフレーズをコピーしても、曲のコード進行がわからないと他の曲にフレーズの応用が効かないな」
 
 これがロック・ギターを独学している時との大きな違いで、挫折しかかっている理由でした。

 ロックは基本ギターソロは7thコード一発のペンタトニックがほとんどで、コード進行など気にせずにコピーしたフレーズがどんどん自分のストックとなって違う楽曲に応用することができました。意識するのは「キーが何か?」だけでした。それに比べ、ジャズはコード進行が複雑で、それがわかっていないと、コピーしても他の曲にフレーズを応用することができません。



 ライトの1年上の先輩でレギュラー・ベーシストであるタダシさんに、練習の時にそんな事をそれとなく話をすると返答が返ってきます。

 「寺(テラ)さんに聴かせて譜面書いてもらえばいいじゃん?絶対音感あるから。」


 「えっ?絶対音感?何それ?」


 つづく・・・・・・。

僕の音楽史(77)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ライトの友人川島君から「ウェザー・リポート行かない?」と誘われて観に行きました。どういう経緯でそんな話になったかは、実は全く記憶にありません。なんとこの時、僕は「ウェザー・リポート」も「ジョー・ザビヌル」も「ジャコ・パス」も「ウェイン・ショーター」も全く聴いたことがないという音楽的には全くもって情けない状態でした。今振り返ると、この時のウェザー、ジャコ・パスは絶頂期、「大学一年の時にウェザーを観たぜ!」と言うと、ミュージシャン仲間は皆「まじ!うらやましい!」と言いますが、僕は残念ながら全くの予備知識もなく足を運んだので、全くと言っていいほど記憶にありません(泣)。どこで見たかも思い出せません。印象に残ったのは2つだけ、開演が30分近く遅れたのと、ベーシスト(ジャコ・パストリアス)がロック・ギタリストの様に音を歪ませてソロ・パフォーマンスを延々やっていたのと、動き回ったりステージ袖に消えたりとちょっと様子が変だったことです。この後ウェザーに注目するのはもう少し後「ブラック・マーケット」「ヘヴィ―・ウェザー」「8 : 30」を聴くまで待つことになります。

photo of the concert

jacojaco.jpg zavi.jpeg



 ライトの練習は一応はさぼらずに参加していました。先輩のプレイ観察で随分とジャズのノリやアーティキュレーションの良し悪しや自分の好みなどがわかってきましたが、自分のギター・プレイは相変わらずパッとしませんでした。それどころか、ジャズっぽく弾こうと変に意識してしまい、中途半端なプレイでかえってレベルは後退している感じでした。

 こんな状態の少しジャズに嫌気がさしている中、久しぶりにカシオペア以外のフュージョンを聴こうかなと思い、レコード屋を物色していた時に、下のレコードを見つけました。

Vol2.jpg


 「あれ、ギターワークショップVol2?高校の時にVol1は聴いたが、Vol2が出ていたんだ。これはライブだぞ!」

 「メンバーは・・・・?森園勝敏、大村憲司、山岸潤史・・・あれ?渡辺香津美でなくて秋山一将・・・??」

 この「秋山一将」さんとの音楽的な出会いが僕のジャズ・ギター上達の突破口となり、今でも僕のギター・プレイに大きな影響を与え続ける事となるのです。

 つづく・・・・。

 
 

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR