僕の音楽史(94)

【大学1年生(1981年)】

 1980年も明け、後期試験が終了するまでの間は、ライトは目立った活動はなかったと思います。そして、後期試験が終わると3月のリサイタルに向けて、ライトは合宿に入ります。このリサイタルは1年間の活動の集大成でもあり、F年(4年)のレギュラーメンバー最後の演奏でもありますので、それにむけての合宿は夏の合宿と同じくらいの厳しい練習に明け暮れる1週間でした。

 確か合宿先は河口湖だったと思います。我々C年(1年)は楽器なんて触ることもなくひたすら「写譜」でした。ただ、以前も書いたように「デンスケ番」ってやつを交代でやっていたので、リサイタルでの演奏曲を聴くことはできました。

 そんな中でも何回かこのブログでも書いてきた先輩アルトサックス奏者「淳平さん」をフューチャーした「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」は最高にカッコよかったように記憶しています。通常の「バラード」での演奏ではなく「アップテンポ」で演奏されていて、テーマを吹くアルトの音色は艶やかで素晴らしかった!同じC年のアルト奏者小林君に聴くと、例のリッチー・コールが「キーパー・オブ・ザ・フレーム」と言うアルバムの中で、そんなアレンジでやっているとのこと。その時のライトの演奏はリッチーのテイクをフルバンドにアレンジしたものであるかどうかは記憶にないのですが、早速録音してもらい、久しぶりにまたリッチー・コールを聴くようになりました。

rckf.jpg

 当時、リッチーのアルバムを聴いて「彼のリーダー・バンドは、何故かギタリストが参加している。珍しい!」と思っていました。アルトが吹くテーマとところどころユニゾンで弾いたり、リッチーの高速ビバップに対応できる素晴らしいギタリストが参加していました。僕がライトのレギュラーになってからも、この「アルトのユニゾン」ってのは譜面に書いてなくても勝手によくやったりしていましたし、大学卒業後に僕のリーダーバンドにアルトをメンバーに加えたりしているのは、実はここから来ています。今まで聴いてきたリッチーのアルバムに参加していたのは「ビック・ジュリス」というギタリストでした。リーダー・アルバムもたまたま見つけ、一枚購入していました。それが下のアルバムですね。

vj.jpg

 彼のギターはもちろん悪くはなかったですし、どちらかと言うと好きなタイプでした。でも、これから話題にしたいギタリストは今後の僕に大きな影響を与えててくれたギタリストで、ビック・ジュリスの後にリッチーのカルテットに参加したギタリスト「ブルース・フォアマン」の方なのです。

bfbf.jpg


 この話はまた次の回にでも。

 あ、肝心のライトのリサイタルの事ですが、正直何も覚えていません(笑)。

 こうして、淳平さんを含むF年のプレイヤー達はリサイタルの後にライトを卒業し、社会人第一歩を踏み出していったのでした。

 お疲れさまでした!!

僕の音楽史(93)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ひとつの時代が終わりました。僕の心の中でも一つの区切りがつきました。

 「レッド・ツェッペリンの解散」です。

 ジョン・ボーナム(ds)が9月に亡くなった時の話はこのブログの何回か前に書いたのですが、その後ツェッペリンはどうなっちゃうのかの動向はすごく気にはなっていました。大概のファンの皆さんの考えと同様に(?かな)ボンゾのいないZepはどう考えてもイメージがわかないので、きっと解散するのかなとは正直思っていました。「ディープ・パープル」の黄金時代(?)2期で「イアン・ギラン」が抜けた時、あるいは「イエス」で「ビル・ブラフォード」が抜けた時も似たような感じでイメージがわかなかったものの、新しいメンバーで復活を遂げた例もあるので、新メンバーでの再始動も多少は期待してましたが、結論「やっぱり、これしかなかろう」という感想でした。悲しいけれど、受け入れることができましたし、今考えても「この選択しかなかったのだろう、これで良かったのだ」と思います。

 精神的には、ボーナムが亡くなった時の衝撃よりは、意外に平気だったように記憶しています。やはり、ジャズ、フュージョンにどっぷりとはまっていた時期でもあり、ロックから随分気持ちが遠のいていたからと思います。それでも、1980年の年末はずっとツェッペリンを聴いて過ごしていた感じでした。

zepzep.jpg bbonzoo.jpg



 1980年の年末と言えば、もう一つ僕にとって忘れられないアルバムが発売されていました。それが下のアルバム、「カシオペア」の「メイク・アップ・シティ」でした。

kashiopea.jpg

 このアルバムの楽曲、特に「ジプシー・ウィンド」「アイズ・オブ・マインド」、そしてタイトル曲「メイク・アップ・シティ」はアルバム発売前のスタジオ・ライブをFM東京の番組で録音し既に聴いていた楽曲ということもあり、スタジオ録音テイクを聴くことを楽しみにしていました。

 そんな中で、A面最後のライト・ミュージック出身の先輩「神保彰」さんの作曲した楽曲「リップル・ダンス」は一番のお気に入りでした。ドラムの凄さもさることながら、テーマのメロディも「いかにもカシオペア!」で、もう野呂さんが作った楽曲のようです。ドラマーとして技術的な貢献をしているだけではないのだなーと改めて感じましたし、初めて「リトナー&ジェントル・ソウツ」の「キャプテン・フィンガーズ」を聴いた時の様に興奮した事を覚えています。

 この後も結構長い間カシオペアを聴き続けますが、実はこのアルバムが僕は一番のお気に入りです。野呂さんのクリーン・ト―ンも大好きでしたし、ジャジーな向谷さん、切れ味の良い桜井さん、そしてスーパーな神保さん、この4人での最初の記念すべきスタジオ盤でもあり、時代も後押ししてか、もう「勢い」が全然違います。

 色々なタイプのフュージョンがありますが、ある意味日本のフュージョンの「頂点を極めた作品」と思いますが、どうでしょうか?

僕の音楽史(92)

【大学1年生(1980年~81年)】

 僕が大学一年の頃、世の中の電機メーカーはこぞってミニコンポ(ちょっと小ぶりなオーディオ・セットの事です。プレーヤー、チューナー、アンプ、カセットデッキ、スピーカーが一体になったもの)を発売し、テレビでCMを流すようになりました。そんな中で、どこの電機メーカーかは忘れましたが、凄くカッコよい曲がコマーシャルで使われていました。その曲が「ユニコーン」で、下の写真のアルバムに収録されている曲だとわかり、早速買ってきます。

【TOCHIKA】
 tochika.jpg

 渡辺香津美さんの「トチカ」です。

 香津美さんは、1年ほど前に「リトナー」などフュージョンを聴き始めの頃「ギターワークショップ」や「マーメイド・ブールバード」を通じて耳にしていましたが、その後突き詰めて聴くことはありませんでした。

 このアルバム、「ユニコーン」をきっかけに購入しましたが、何と言っても1曲目「リキッド・フィンガーズ」と最後の「マンハッタン・フル・ダンス」は、それはもう死ぬほど聴きましたね。今でもたまに思い出して聴くこともあります。香津美さんのギターはもちろんですが、「スティーブ・ジョーダン」のタイトで切れ味の良いドラミングや「マーカス・ミラー」の「チョッパー(スラップ)」のカッコよさはそれはもう格別でした。日本人がリーダーでこんなアルバムが作れる事にびっくりしてしまいました。このアルバムで、ニューヨークを中心に活動していた「マイケル・ブレッカー」「マーカス・ミラー」「スティーブ・ジョーダン」「ウォーレン・バンハート」「マイク・マエニエリ」等のミュージシャンをじっくりと聴く機会にもなり、その後どんどん音楽視野が広がるキッカケになりました。

 そしてさかのぼって、彼のアルバムを次々に買います。

【KYLYN LIVE / KYLYN 】
kylynlive2.jpg kylin.jpg 

 「KYLYN LIVE」そして「KYLYN」の2枚ですね。噂には聞いていましたが、とにかくぶっ飛びました。「本場フュージョン」に比べ、「和製フュージョン」は荒削りな感じを受けましたが、それがまたカッコよく、そして日本人であることにある種の親近感を生み、一気に「和製フュージョン」にもはまっていきました。一曲目「インナー・ウィンド」そして矢野顕子ワールド「リバー・マスト・フロー」や「在広東少年」、そして名アレンジでもある「マイルス―ン」、そしてスタジオ版では粋な「199X」や「ソニック・ブーム」のカッコよいギターソロなど、どこを切り取っても素晴らしいサウンドです。

 そしてこの後、下のアルバムと出会います。

【Monday Blues】
mbw.jpg

このアルバムでノックアウトでした。

 はたちそこそこの若者でこのクオリティです。一発目の「マンデイ・ブルース」のテーマのカッコよさ、そして1コーラス目からパワー全開!落ち着きのない(笑)プレーが炸裂していきます。最後は「レイニー・デイ」のソロ・ギターで締めくくり、もう最高の「ジャズ・ギター・アルバム」でした。ここでの香津美さんのギターの音色、色々なギタリストをその後聴いてきた中でも5本指に入りますね。

 必聴です!!



僕の音楽史(91)

【大学1年生(1980年~81年)】

 大学1年の秋頃は、所属するビッグバンドサークル「ライト・ミュージック・ソサイェティ」は特に大きなイベントもなく平穏な活動だったように記憶しています。大学の学園祭「三田祭」での演奏があったとも思うのですが、自分はジュニアバンドでちょっと「コードを刻んでいた」だけなので(笑)、全く記憶にありませんし、レギュラーバンドの先輩たちの演奏も、実は全く覚えていません。ただ、こんなこと書くとこれを読んでる先輩達に怒られるかもしれませんが、みんな結構酔っぱらっていて「ベスト」な演奏ができるような状態でのステージではなかったような気がします。まー、お祭りですから無理もないですが、「それにしてもなー・・・・???」と感じていました。僕は全般的には「不真面目な人間」ですが、なんか「音楽」については、今以上に「ストイック」でしたね(笑)。

 ジャズ・ギターのレコード買いまくりは続きます。

 「チョップス」で気に入った「ジョー・パス」ですが、何枚か買っていくうちにとうとう次のレコードに出会いました。

jjpp.jpg


 「ヴァ―チュオーゾ」ですね。いわゆるクラシック・ギター以外で初めて「ソロ・ギター」ってのを聴きました。収録されている「スタンダード」は大体知っている曲でしたが、全くその曲とはわからないくらいの多彩なアプローチでびっくりしました。今ならコード進行を聴けば何の曲はすぐにわかりますが、当時は曲のテーマをある程度きっちりと弾いてくれないとわからない、そんなレベルでした。

 最初は、クラシック・ギターのように「譜面通り」弾いているのかと思っていました。全て譜面通りと言わないまでも、ある程度構成は決めてあるのかと思っていました。ところが、友人の川島から日本に来た時のソロ・ライブの録音テープを聴かせてもらったことがあって、同じ曲をテンポもアレンジもキーも全く違うようにやっていて「あれはアドリブだったんだ!」とびっくりしたものです。

 本屋でコピー譜が売っていたので、早速買ってきて研究しようと思いました。

IMG_0796 (1)


 このレコード、初めて聴いてからもう30年以上の歳月がたっていますが、いまだに愛聴していますし、譜面を見ながら音をさらったり、改めてコピーしたりと、まだまだ教わることが沢山あります。そして、いろんなソロ・ギターのスタイルがありますが、全てのルーツはここなのかなと思います。そもそもジャズで「ソロ・ギター」というジャンル(?)を確立したのは多分ジョー・パスだと思います。

 これで研究の対象は「秋山一将」「ジョージ・ベンソン」「ジョー・パス」の3人になりました。

僕の音楽史(90)

【大学1年生(1980年~81年)】

 夏休み明けからジャズ・ギターのアルバムを買いまくる様になりました。とにかく、ジャズが弾けるようになるには、ギターに触れる時間と同じ時間だけ聴くことが必要と思いました。「ウェス・モンゴメリー」は叔父さんから既に聴かせてもらっていたので、まだ聴いたことのないギタリストでジャズ・ギタリストでメジャーな存在と言えばやはり「ジム・ホール」と「ジョー・パス」でした。

 新宿のディスク・ユニオンで次のアルバムを購入します。「アンダー・カレント/ビル・エヴァンス&ジム・ホール」です。

uc.jpg


 全くダメでした(笑)。理解できませんでした。最初に買ったジャズ・ギターのアルバムが「アンダーカレント」ってのは今考えると無茶苦茶ですね。この内省的な音空間に自分の身を置くほど僕は成長していませんでした。

 名誉挽回でもう一枚「アローン・トゥギャザー」とそのコピー譜を同時に買ってきました。これまた、眠くてアルバム通して聴くことができませんでした。

at.jpg

 誤解しないでください。今ではこの2枚のレコードの歴史的意義や音のすばらしさは充分わかっていますよ。でも、これを理解できるほどに至ってはおらず、まだまだジャズと言う音楽に対して未熟だったのですね。

 さすがに3枚目を買う気にはならず、下のショー・パスのアルバムを買ってきます。ペデルセンとのDuoで「チョップス」です。

Chops.jpg


 一発で気に入りました。単音8分音符のオーソドックスな分かりやすく定石的なフレーズです。当時の僕にはやはりこういうギタリストでなくては駄目だったのです。この当時は、「鑑賞」ではなく「教則レコード」的な感じで聴いていました(今でも割とそうですが。。。)。そういう意味ではジョー・パスのギター・スタイルはぴったりでした。

 この時から、当分の間は「ジム・ホール嫌い」になりました。先ほども書きましたが、今では大好きです。でも、正直言うと、彼の事はよくわからない部分もありますし、特に日本では「過大評価しすぎなのでは?」と思ったりもするのです(笑)。

 いずれにしても、「ジムはコピーしてもしょうがない、ジョーはコピーすれば即戦力になる」と感じていたので、ジョー・パスのアルバムはこの後買いまくりましたし、結構コピーしました。

 
 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR