FC2ブログ

ギター購入騒動記(80)

2019年3月17日(日) ギター・プラネットへ(2)

 御茶ノ水に着き、脇目も振らず、ギタプラ3Fのフルアコ・セミアコのフロアに駆け上がりました。早速、問題のTokai175モデルを試奏させてもらおうと、いつもの店員Sさんに声をかけます。

0088_1.jpg


 「武田さん、つい30分ほど前に売れてしまいました。すみません!」

 「え?」

 もともと買うつもりまで気持ちは高ぶっていませんでしたので、ショックを受けるということはありませんでした。ただ、775購入時のブログにも書きましたが(ギター購入騒動記(55)参照)、「縁」「楽器は最終的には一番欲しい人の手元に行くんですよ。」ってやつを感じさせられてしまいました。

 「この楽器には縁がなかったんだ」

 そう思うことにしました。

 代わりに今まであまり試奏したことがないEastmanの175モデルを試奏させてもらいました。下の写真です。

9277_1.jpg


 「あれ、175よりボディが小さいかな?」

 実際、そんなことはないとのことですが、色味からそう感じさせるのか、とても軽いこともあってそう感じてしまいました。生音、アンプの音ともに気に入りました。僕の持ってるOrvile By Gibsonの175に近い感じですか?新品で15万弱でこのクオリティなら申し分ありません。ただ、僕がもし買うとすると、テールピースをギザギザのやつに変えるので、もう1万余分にかかります(笑)。気に入らないのは、ヘッドの形状ですかね。そうは言っても、音がこのクオリティなら問題なしです。中古で10万弱なら即買いですね!

9277_5.jpg


 「武田さん、まだ何の調整もしていないですが、こんなのが入ってきたのでちょっと弾いてみます?オーナーさんが随分と改造加えてるみたいなんですがね」

 このギター、試奏してびっくり、素晴らしい音でした!

 この話はまた次回!


 なんてこのブログを書きながら、何気にギタプラさんのHP見ていたらなんと「Tokai FA245」が再入荷とのこと。

 これって「縁?」

非常にヤバい精神状態・・・wwww

0296_1.jpg

ギター購入騒動記(79)

2019年3月17日(日) ギター・プラネットへ(1)

 3月に入ってから、実はずっとヤフオクに釘付けでした。

 実は僕が狙っているES-175の1PAFとES-165(ハーブ・エリス・モデル)が出品されていたからです。

 もちろんウォッチ・リストに入れて、毎日入札状況を確認していました。そして、つい先日は酔ってES-175の方に探りを入れる目的で低い金額で入札したりしました(笑)。現状ではES-175の方は落札者は出ず、流れ、結果再オークションで未だ出ています。ES-165の方は落札されました。正直、落札に向けて勝負に出ようかと悩んでいました。そして、いつものギター・プラネットのSさんに、このもやもやとした気持ちをメッセージを送って訴えかけたりしていました(笑)。

 結局勝負に出なかった理由はこうです。

 やはり弾いてもいない楽器に数十万は出せないなと。そして、お手頃価格で落札できそうな割に入札者がいないことも逆に気になります。

 出品者がよっぽど酷い扱いをしていない限り多分問題ない楽器と想像できます。ただ、今まで何本もギターを買ってきましたが、弾いたことのない楽器を買ったのは、僕の「爆買い」の始まりとなった現在所有のエレガット1本だけです。そして、これは3万円ほどの廉価ものです。ヤフオクの175はそう言うわけにはいきません。このくらいの楽器は「個体差」と言うものがあります。いくら値段に見合った良い音でも「好みの音」であるとは限りません。

 このヤフオクの175、目障りなので、どなたか早く競り落としていただきたいと思います!

 久しぶりにギタプラに行こうと思いました。目的は2つ、3月末のアコースティック・ライブに備えて、オベイション用のスティール弦とエレガットの弦の購入、そしてネットで見つけた下の楽器を試奏するためです。

0088_1.jpg

この楽器は数日前にギター・プラネットのHPで見つけたTokaiの175モデルです。このブログを読んでいる方はご存知かと思いますが、僕はTokai175のGP仕様の楽器を既に持っています(下写真)。そして、大変気に入ってます。したがって、僕のTokaiと音の違いを確認したいと思いました。決して買うつもりはありません。ただ、「ヤフオク175を忘れるために買ってしまう」と言う行動に出ないとも限りません(笑)。

fa_gp_bl_6623_body.jpg

 こんな危険な精神状態のまま、僕はギタープラネットに向かいました。



 

ギター購入騒動記(78)

2019年2月24日(日) DV Mark Little Jazz !

 この日のお昼過ぎまでは全く買うつもりのなかった「DV Mark Little Jazz(ギターアンプ)」を 突然買ってしまいました。

7780_1.jpg


 きっかけはこうです。

 2月27日(水)にギタートリオでライブをブッキングしていました。お店(錦糸町Cafe Kohana)はジャズのライブハウスではありませんが、月に複数回のジャズ系のライブやセッションをやっている素敵なお店です。何日か前に常設されているギターアンプを確認し、写真をいただきました。そのアンプは下の写真です。型番でいうと「SDR-15CE」というやつでした。

IMG_2032.jpg

以前人気のあったアニメ「けいおん」で有名なアンプの様です。ネットやYoutube等で色々調べ、結果、使用は難しいことがわかってしまいました。ドラムなしのデュオであれば15Wでも何とか頑張れると思いますが、ドラムありのトリオでは絶対パワー不足と思います。アンプにマイクを立てて増幅しようかとも思いましたが、やはり不安です。なーんて考えているうちに「持運びできるギターアンプを買うしかないかな!」という結論です。

 たった1回切りの話であれば「我慢!」ですが、このお店、ギタートリオで活動するには最適の空間で、今後も定期的に出演したいですし、他のお店でもデュオやトリオで今後使う場面があることを考えると買っても損はありません。

 「軽い」「小さい」「ジャズ」っていったら、もうこの1台以外の選択肢は考えられません。

  DV Mark Little Jazz!

 というわけで、善は急げ、いつものギタープラネットのSさんにメッセージで連絡です。

 もうこのアンプの音は確認の必要もありません。ギタプラの試奏アンプにもなっていましたし、僕の周りのギタリスト達はプロ、アマ問わずみんなこのアンプを使ってますから。自宅使用なら「DV Mark12」なのでしょうが、今回は「持運びできる」が目的ですから、対象外です。

 そんなわけで、「思い立ってから数時間で購入!」という「速攻」でした。

 下は購入後、このアンプでES-775で試奏の動画です。

 参考にしてください!

 


【2019年2月24日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Custom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入
N-60 "Natural" (Greco)19年中古で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札 
DV Mark Little Jazz 19年新品購入

ギター購入騒動記(77)

2019年2月16日(土)Greco N60 ゲット!

 Sさんとの約束通り僕の所有するGreco175もどき(下左写真)を持って会社帰りにギタープラネットへ向かいました。閉店時間まで1時間ほどありますので、僕の楽器としっかり比較して決めようと思いました。

IMG_1957.jpg 9184_1.jpg


 まず、楽器をSさんに見せて生音で僕のGrecoとギタプラのGrecoを聴き比べました。一瞬で決まりました。

 「俺のGrecoは売ろう!音の違いは明らかだ!」

 念のためアンプに入れて弾き比べましたが、やはり気持ちは変わりませんでした。やはり僕には断然ギタプラGrecoの方がお気にに入りの音でした。ただ、誤解して欲しくないのは、僕のギターが悪い音ということではないのだと思います。あくまで好みの問題ですから。大体このギターをギタプラに買ってもらうわけなので、ボロクソ言うわけにはいきません(笑)。

 「現在所有のGrecoを売る」は簡単に決まりましたが、「買う」の方で実は一つだけひっかかっていたことがあります。下のギターの存在です。

6170_1.jpg


 このアイバニーズのギター、以前にギタプラに遊びに来た時に弾かせてもらっていて、なかなか良かったのです。ギターのシェイプは175よりちょっとだけ小ぶりで下半身デブです(笑)。そして若干薄くて軽いです。値段もGrecoのN60(175もどき)より多少高いだけです。もっともこっちらは新品です。

 生音は結構近い感じです。ボディが厚い分多少Grecoの方が箱っぽいですかね。でも、ずっと所有していたGB-10よりはむしろこのギターの方が良い気がします。GB-10の半分以下の値段にも関わらずです。

 30分ほど弾き比べて迷いましたが、結局当初の予定通りGrecoのN60を買いました。決め手は次の4つ。

 ・ピックアップのセレクター・ノブの位置が他の175と違って、ボリュームの位置にあり使いづらい。
 ・テールピースの形状が好きになれない
 ・少々わざとらしいビンテージ感(塗装や金属部分)
 ・新品で8万、インドネシアの工場製作。一方Grecoは約40年前の楽器で未だ綺麗で日本が誇るフジゲン製

 音ではアイバニーズも健闘していましたが、総合的にはやはりGrecoが優っていました。

 
 こうしてGrecoの175もどきを1本売り、同じくGrecoの175もどきを手に入れました。他の楽器同様ピックガードは外しました。ルックスもこの方が良くなりました。

IMG_1983.jpg

 僕の所有していたGrecoと型番は違いますし、多少の差額分の支払いは発生しましたが、かみさんには「別の色に取り替えて来た」とだけ言っておきました。何か僕は嘘言っていますか?(笑)



 175兄弟全員揃っての記念撮影
 (左からGreco N-60、Gibson ES-775、Gibson ES-175、Orville By Gibson ES-175、Tokai FA-GP) 

IMG_1996.jpg

 ナチュラル3兄弟

IMG_1997.jpg


【2019年2月16日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Custom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
FA67-75(Greco) 18年中古で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入
N-60 "Natural" (Greco)19年中古で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札 

 

ギター購入騒動記(76)

2019年2月9日(土)Greco !(1)

 相変わらず毎日ギター・プラネットさんのHPを見ています。以前から何回か書いていたL-4は2本とも売れていて、残るL-4は3PUのものだけが残っています。PUは1個で十分なので(笑)、3個もついてるのは、僕的には対象外です。

 「おや?」

 数日前に気がつきました。「この前ギタプラ行った時にちょっとだけ弾かせてもらったGreco の175もどきがネットに出てる!」

9184_1.jpg

 この楽器、1月にギタプラに遊びにいった時、ちょっと弾いて「同じGrecoの175モデルなのに俺のものより明らかに良い音だ!」と思ったブツです。下に前回のブログの引用を貼っておきます。

↓↓↓↓
僕の持っているグレコの後に出ている個体かと思ったら、実は79年製で僕のは86年製ですから、僕の所有するものより前の個体でした。前回お話ししたように、僕のグレコより全然音はいいですね。フジゲン製です。まあ、しょうがないです。もともと、僕はルックス買いの衝動買いでしたから。しかも、僕のものより1.5万円も安いです。お安くフルアコ・サウンドを手に入れたい人は買いですね。
↑↑↑↑

 この時はこの広告、ただスルーするだけのはずでしたが、急に思いつきました。

 「今の俺のGrecoを下取りしてもらって手に入れようかな。同じGrecoなら好みの音の方が良いもんな!」

 すぐにギタプラのSさんに僕のGrecoの175もどきの写真と主旨をメッセージを送ります。

e183d2f04f9c50090157b9cb663a531cfd03e5.jpg


 思った以上の金額で買い取ってくれることがわかりました。したがって、下取りに出して、ちょっとだけお金を足して買う、今回は「買う」というより「取替える」に近いイメージです。

 僕が所有していたGreco175もどき、正直ルックスは非常に気に入っていました。チェリー・サンバーストの色味は大好きでしたし、傷ひとつない個体でした。一方、ギタプラの175もどきは多少色味が違うとは言っても,これを買うとナチュラルは3本目、ルックス的には正直そんなに魅力に感じるものではありませんでした。

 ただ、一応コレクターではなくギタリストなので(笑)、見た目で決めるのはナンセンス!あくまで音で決めるべきと思いました。最近は少しづつ衝動買いで買ったものや買ったものの結果使い道のない楽器は少しづつ処分していて、現在所有のGreco175もどき、多分一生ライブでは使わないだろうなと感じていました。

 「よし、この楽器を売って、同じGreco の175もどきを買おう!」

 Sさんにメッセージを送って、彼の公休を確認し、それを避けて16日に伺う約束をしました。

「16日(土)自分の楽器を持って言って、弾き比べてから決めよう」

 と思いました。
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR