FC2ブログ

ギター購入騒動記(72)

2019年1月13日(日)今年初のギタープラネットへ 

 昨年大変お世話になったギタープラネットのSさんに新年のご挨拶を兼ねてお店に顔を出しました。この3連休に向けて随分と在庫が増えているようでした。そして、昨年来から少し気になっているL-4はまだ売れてはいないばかりか、この連休の3日間は特別価格で値下げされていました(写真左)。そして、新たにもう2本ほどL-4が入荷していました。もっともHPを毎日のようにチェックしていましたので、そんなことはわかっていましたが(笑)。

9076_1.jpg 8824_1.jpg 8653_1.jpg


 Sさんとは年始メッセンジャーでは挨拶を交わしていて、そんな中で例のL-4の「フレットのすり合わせ」をやったということなので、また弾かせてもらいました。

 音そのものが変わることがないのでしょうが、左指の弦を押さえる感触が以前と違う気が確かにしました。押さえる指先に「心地よい力の反作用」みたいなものが感じられて、初めて「フレットのすり合わせとはこういうことなのか?」と実感しました。

 もう一本GrecoのES-175のコピーモデル、まだ値段をつけていない状態のものを弾かせてもらいました。僕も1本持っていますが、僕の楽器より随分と後に制作された楽器で、同じGrecoでも明らか僕の楽器よりも良い音がしました。やはり年を重ねて、Grecoのフルアコ製作技術も向上したのか、単なる個体差なのかわかりませんが?

 今日は時間がないので、他のお店を見ることもなく、30分ほどで退散しました。

 とにかく、昨年から売ったり買ったりの繰り返しで、その都度お金を足して購入しているので、さすがに金欠です。購買意欲も高まってくれません(笑)。相変わらず「175兄弟狙い」なので、買えないのはわかってはいますが、あのL-4が気になって仕方がありませんね!


 今年も良い買い物をしようと思います!!

ギター購入騒動記(71)

2018年12月30日(日)今日から正月休み!

 今回は特に何もありません(笑)。年末のご挨拶にいつもの御茶ノ水ギタープラネットに行こうかなとも思っていましたが、なんかバタバタしていまして今のところ行けずじまいです。今のところは年が変わってからの新年のご挨拶かなと思っています。ご挨拶で終わってくれるように頑張ろうと思います(笑)。

 今年はひっきりなしにギターを売っては買ってを繰り返し、その都度多少のお金を足して買っているので、さすがに打ち止めです。でも、購買意欲はとどまるところを知りません(笑)。

 今買いたいギターは3本、っというか3種類です。

 1本はGibson L-4ですね。何故かって、今のままじゃ片手落ち(?)だからです。何がどう片手落ち?かというと、GibsonのES-175、ES−775、そしてOrvilleのES-175、そしてGreco、TokaiのES-175もどきとあっと言う間に16インチの175兄弟が揃ってしまいましたが、あとはL-4で締めくくりたいわけです(笑)。そして、L-4の綺麗な中古が実はギタープラネットにあります。一ヶ月ほど前からお店に入荷して何回か弾かしてもらっているのですが、何故かネットにはアップされていませんでした。それが、数日前よりアップされてきました。

 「なーんだ、まだ売れてなかったのか?!」

 僕のためには早く売れてしまって欲しいのですが、一方で「良かった、売れてなくて....。」と考えている自分がいます。ずっと売れ残っていたら、そのうち買っちまうかもしれません。

 2本目はまたしても16インチの175もどき、ES-165(ハーブ・エリス・モデル)です。正直言うとES-175のヴィンテージものの1PUが欲しいのですが、そこそこ綺麗なものはとても買える値段ではないので、ES-165でいいかなっと。

 3本目はエレガットの少しいいやつ。僕のアイバニーズのエレガットはコスパは最高ですし、生音も比較的良いのですが、いかんせん安物でして(笑)、3弦のフレットど真ん中あたりの一番美味しい部分の音が、アンプを通した際にチープです。エレガットはあまりライブで登場させる機会がないのですが、3月頃からのデュオの仕事で入れた店が「アコギ縛り」の店なので、新しい楽器が欲しいかなっと。

 こんな状況ですから、今ギタープラネットに行くのは大変危険です(爆)。


 あ、今年一年「ギター購入騒動記」を読んでいただき、大変ありがとうございました!

 来年も変わらず応援してください!いや、応援してはダメです。こんな僕を引き止めてください(笑)。

 一応、今年のまとめとして、今現在の楽器と機材の一覧です。



【2018年12月30日時点での所有楽器・機材】

<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Cusutom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
FA67-75(Greco) 18年中古で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札
IMG_1354.jpg 250px-Gibson_ES-165_Herb_Ellis_(1996).jpg
マルティネス

ギター購入騒動記(70)

2018年12月15日(土) ギタープラネットへ

 リペアをお願いしていたES-175が出来上がったということで、会社帰りに御茶ノ水のギタープラネットへ受け取りに行きました。

 下の写真左が出来上がりの状態、右がリペア前の状態。何が違うか分かりますか?そうです。テイルピースが違います。僕的には175のテイルピースはギザギザでなくてはいけません(笑)!ずっとそう思ってきましたが、今まで変えることなく何十年も経ってしまっていました。このまえ775のテイルピースを変えたことをきっかけにどうせならと考え、175も変えることにしました。775の時は交換は自分でやったのですが、結構木が硬くて非常に苦労しました。幸いなんとかうまくできましたが、もうこんな苦労はしたくはないですし、失敗したら大変なので、多少お金がかかってしまいますが、しっかりとやってもらおうと思い、ギタプラにお願いすることにしました。

IMG_1557.jpg a1539da5df02c2527cd140dc05b09cd5280138.jpg



 下はギザギザ5人兄弟の記念写真です。

IMG_1558.jpg

これはギザギザGibson3兄弟

IMG_1560.jpg





 せっかくギタプラに行ったので、一応在庫も確認。年末年始のセールに向けてかなり在庫が増えていましたね。175も何本か入荷してましたし、問題のL4CESもまだ売れていませんでしたね。この楽器を買ってもテイルピースはギザギザにするつもりです。え?、買いませんよ....多分。

IMG_1354.jpg


 今回は時間もないので試奏をすることなく、とっとと退散しました。流石に金欠です。何かを売らなきゃ何も変えません。今の所売りたい楽器もありません。なんか購買意欲が少し落ち着いた感があります。

 こんな状況が長くは続かないことなど、自分が一番よくわかっています(笑)。

ギター購入騒動記(69)

2018年12月2日(日)ギタープラネットへ

 所有するES-175のリペアをお願いするため、久々ギタープラネットに行って来ました。リペアの内容については出来上がった時にまたお話しするとして、いつもの店員Sさんと情報交換(?)をしてきました。

 「新しく175が入って来ましたよ。ここ3階じゃなくって、下のフロアにあります。」

  さすがにGibson ES-175をまた買うことはないと思いますが、一応見にいきました。

 1本はネットでも見ていた下写真のビンテージ・サンバースト、もう1本はナチュラルでした。ともに綺麗な楽器でしたが、さすがに775を買ったばかりですので、スルーすることができました(笑)。

8065_1.jpg

 それより、前回から気になっている楽器、Gibson L-4CESとIbanez AKJV95 DALがまだ売れずにいましたので、改めて弾かせてもらいました。

 ます、L-4CESです。前回Orville By Gibsonを買った時にも弾かせてもらったのですが、今回は少しじっくり弾かせてもらいました。

IMG_1354.jpg

 比較的綺麗な楽器で、同じビンテージ・サンバーストでも、僕の775よりもすこし濃い色味です。確か80年代後半の楽器だったと思います。

 ここ数日、僕は775をずっと弾いていて、生音がすごく耳に残っているので、比較するにはとても良い状態です。アンプに通す前にまずは生音で弾いてみます。

 「ビンテージの175っぽい音だな。775とは全く違う生音だ!」

 弦が新しいせいもあったのか、割とシャリシャリいう感じです。でも、中域〜低域がふくよかなので、安っぽい感じは全くしません。一方、僕の775は「しっとりした感じ」で生音はまるで違うことに気がつきました。前回は775とL-4はかなり近しい音と感じたのですが、今回はまるで違います。775の音をずっと聴き続けていたから耳が肥えてきたのでしょうね。

 「775買った時に、この楽器があったら俺はどっち買ったんだろう?」と思いました。相当迷ったと思います。重さは僕の775より多少軽い気がしました。

 アンプを通した音は、どうでしょう、生音ほど大きな違いはない様に思いましたが、今日はDV Mark Littleで鳴らしたのでちょっと比較になりませんでした。

 お金があったら買ってしまうところですが、さすがにお金はないです(笑)。Orville By Gibsonの引き落としがまだのうちに買ってしまうわけにはいきません。



 次に、L-4の1/5の値段のアイバニーズです。

6170_1.jpg


 「L-4を弾いた後ですから、ちょっと厳しいんじゃないですかね(笑)」

 Sさんの言った通り、生音は全く勝負になりません。ただ、アンプを通して、トーンを若干絞ると、比較的ふくよかな感じになりました。十分ライブに使っていけます。そして、同じような値段で買ったGrecoよりは良い音がしましたね。ただ、これも使用アンプであるDV Markのマジックなのかもしれません。


 その後、30分程情報交換をし、何も買わずに店を去りました。

 被害総額は¥0です(笑)。

ギター購入騒動記(番外編 5兄弟アンプ音比較)

5兄弟アンプ音比較

IMG_1383.jpg


 前回に続きアンプ音での比較です。

 アンプは僕の自宅の練習用アンプVOX社のVT40X (Limited Edition) 。セッティングはトレブル4、ミドル4、ベース6でリバーブを軽くかけています。エフェクターは一切繋いでいません。ギターのピックアップは全てフロントを使い、ギター側のトーン・コントロールは8位です。

 どの楽器も上のセッティングを変えず、フレーズもほぼ同じ感じで弾いています。

 弾いている順番は生音の時と同じく

 Gibson ES-175NT 1991 → Gibson ES-775 1990 → Tokai FA-GP C/BRD 2018 →Greco FA 67-75 1986 → Orville By Gibson ES-175 1992

 これまた先入観を植え付けてはいけませんが、僕の感想をちょっとだけ。

 Gibson と OrvilleのES-175は似た感じの音ですね。どちらもパワフルな感じで僕の好みです。775は生音と同じく細くてくっきりした感じの音で175とは随分違った印象です。5、6弦の箱鳴りの感じはアンプを通しても健在です。Tokaiは良い音ですが「鈴虫の音」ではなくなりますね「アルデンテ」の感じは残っています。Grecoはちょっといまいちかな。

 みなさんの感想はどうですか?









プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR