Pat Martino奏法研究(57)

【第6章】スタンダード曲への活用(9)

 問題の17小節のG7のところです。この曲の聴かせどころで、ギタリストの力量が試される部分です。でも、ここではあくまでパット・マルティーノ奏法ってことですから、コンテンポラリーなラインやハーモニーは解説しません、できません、教えてほしいくらいです(笑)。

 彼は大きく4つの事をやると思います。が、あくまで僕の想像です。彼がステラを演奏したテイクを聴いたことがないからです。

 まず、17~20小節のサウンドをコードで弾いておきます。



1.マイナーのトゥー・ファイブと考える
 17-18小節がG7で19-20小節がCm7、「なーんだCmのトゥー・ファイブじゃないか」ってことで、弾くと下の参考ビデオのようになります。が、きっとパットはこの部分ではこうはあまり弾かないと思います。



2.G7♭13 ⇒ A♭m7にコンバージョンしてA♭ドリアンでラインを組み立てる
 彼はほとんどこれに始終するでしょうね。参考動画をどうぞ。



3.Gコンビネーション・ディミニッシュを弾く
 ほとんど全てのギタリストはこのスケールを使ってラインを考えるでしょうね。何十年か前かにジョンスコ辺りのアウトフレーズでとても話題になったスケールで、今もこのスケールを中心にフレーズを考えるとあっちの世界に行きやすくなります。が、しかし彼はあまり多用しません。なぜって、マイナーコンバージョンを想定に弾いたドリアンはコンディミの構成音なので・・・話がややこしくなりますので、別の機会に。動画を参考になさってください。動画では、誰もが知っているコンディミのスケールまんまのフレーズを紹介してます。



4.Gホール・トーン・スケールでお決まりのフレーズを弾く。
 これは、結構な確率でやると思いますね。ホールトーンはパットは比較的よく使います。彼の得意フレーズもたくさんありますね。個々の動画ではやってませんが。



 で、21小節目以降は今までの解説に出てきたコードばかりですので、これにて星影のステラの小節単位の解説は終わりにします。

 次回はまとめとしてステラのコード進行でパット・マルティーノ・フレーズをちりばめた「エチュード」みたいなやつを紹介します。基礎練習やウォーミングアップのお供にどうぞ!

 といっても、これから作るので、少しだけお時間をください!

STELLA BY STARLIGHT-408

Pat Martino奏法研究(56)

【第6章】スタンダード曲への活用(8)

 今回は13小節目から16小節目の解説です。

 前回説明した12小節目B♭m7-E♭7を橋渡しにして13小節目でFメジャーに転調しました。まず、お断りがありますが14小節目がEm7♭5-A7となっていますが、Gm7に訂正です。一般的な譜面はGm7になっていますし、話を簡単にするためにここではそう考えてください(結局同じことなのですが、ここではあえて言及しません。)。

 13~16小節は、何のことはありません、FメジャーのⅠ-Ⅱ-Ⅲ-Ⅵです。マイナー・コンバージョンを無理にするまでもないのですが、パット・マルティーノ奏法ってことですからあえてコンバージョンするとF△7⇒Gm7もしくはF△7⇒Dm7です。

 F△7⇒Gm7と考えてGドリアンを弾くはわかりますよね?F△7はFイオニアン、つまりFをルートにしたドレミ・・・・を弾けばよいです。このFから始めたドレミファ・・・をGから始めるとGドリアンスケールです。要するにこう考えればこの2小節はFのドレミファ・・・(=Gドリアンスケール)で弾けてしまいます。

 F△7⇒Dm7と考えてDドリアンを弾くについては過去の(15)を復習してください。C⇒Am7で説明してます。Dドリアンの構成音であるB音がF△7のコードでいう増4度のテンションになるので慣れない人は違和感を感じると思いますが、これをうまく使えればすごくかっこいいフレーズとなります。参考動画では前者のGm7(Gドリアン)の方でやってますので、ご了承ください。

 Am7♭5⇒Cm7(Cドリアン)、D7♭9⇒E♭m7(E♭ドリアン)はそれぞれ過去の投稿(17)、(16)をご覧ください。これ、マイナー・コンバージョン・コンセプトの一番大事な部分です。これを体得しないと何のためのコンセプトかってことになります。



 Am7♭5の部分、パットはバックのサウンドが♭5を鳴らしているのに、平気でナチュラル5thのAm7と考えてAドリアンを弾きます。これが強力な緊張感を生みますが、バラードなどのゆっくりとしたテンポでは要注意です。上級者向けですね。彼の一番有名な演奏とも言える「酒バラ」の三小節目も確かそんな感じで弾いていたと思います。



動画を参考にやってみてください。

次回はステラの一番特徴的でかっこいい部分ですね。

STELLA BY STARLIGHT-408

Pat Martino奏法研究(55)

【第6章】スタンダード曲への活用(7)

 今回は12小節目から13小節目の解説です。

 10~11小節目でEm7♭5→A7→Dm7、キーがDマイナーと考えるのが自然です。そう考えると、ここはDmのいわゆるトゥー・ファイヴとなって、無理にマイナー・コンバージョンで考えなくても。。。てのが前回までの話です。

 さて、12小節目です。B♭m7-E♭7はどう考えるのでしょう?これは13小節目以降の譜面を見ると明らかですが、キーがFメジャーに向かうための橋渡しです。「B♭m7はキーがFメジャーの時のサブドミナントマイナー」なのですが、ここではサブドミナントマイナーの解説はしません。知りたければ、各自が自学してください(笑)。スタンンダードでは頻繁に出てくる進行で耳になじませてください。

 「サブドミナントマイナー」なんて事を知らなくても気にせず「マイナーセブンはドリアン」って考えて、B♭ドリアンを弾きます。E♭7もB♭ドリアンでいけてしまいます。この辺がわからない人は過去のブログの(13)あたりから復習お願いします。

 12小節目はB♭ドリアンをベースに弾ききって、Fメジャーの3度の音、A音に解決するとB♭→Aという半音進行でほっとFメジャーに転調終了です。

 参考ビデオを張っておきます。字幕のガイダンスを参考に確認してみてください(字幕の枠を外すの忘れてしまって見にくくなってます。ご了承ください!)。

 っていうか、マルティーノの有名な「酒バラ」を聴いてみてください。この進行で「マルティーノ節」が炸裂してます。キーも同じFですから。

 次回は13小節目~16小節目の解説をする予定です。





STELLA BY STARLIGHT-408

Pat Martino奏法研究(54)

【第6章】スタンダード曲への活用(6)

 
 今回は9小節目のB♭△7からの解説です。これはマイナー・コンバージョン的にはB♭△7⇒Gm7のようにコンバージョンするのですが、まー、無理にコンバージョンして考えることはなくて、「B♭キーのドレミ・・・」を弾けば良いのです。

 ただ、Gm7で考えるメリットが2つあって、ひとつはE♭△7の時にお話ししましたが、Gm7と考えてGドリアンスケールを弾くと、そのスケールの中の特徴的なE音が、B♭△7の#4thの音になって、いい感じのテンション間が得られるということです。

 もう一つの理由は、次のEm7♭5が理由です。ここのEm7♭51小節目のEm7♭5で解説したように、Em7♭5⇒Gm7にコンバージョンして考えれば、B♭△7からEm7♭5までの6拍をGm7(Gドリアン)で弾けてしまうことになります。マイナー・コンバージョンで考える一番の目的は「単純化」「簡素化」ですから、理にかなっています。

 もっとも、Em7♭5→A7♭9→Dm7は「Dmキーのツー・ファイブ」ですから、マイナー・コンバージョンを考えなくとも、もともとツー・ファイブのフレーズのストックがある方は、それを当てはめて弾いてみれば良いと思います。マイナー・コンバージョン的には
Em7♭5→A7♭9→Dm7  ⇒   Gm7→B♭m7→Dm7 です。この辺、ついていけない人は、1、2小節目の解説部分を復習してみてください。もしくは、質問していただいてもOKです。

 今回はここまでです。

 動画は最初9~11小節目のテーマを2度弾いてから、B♭△7→Em7♭5→A7♭9→Dm7 を Gm7→Gm7→B♭m7→Dm7 とコンバージョンして弾いています。

 参考にしてください。



STELLA BY STARLIGHT-408

 


  

Pat Martino奏法研究(53)

【第6章】スタンダード曲への活用(5)

 今回は8小節目のA♭7の部分です。

 まずは一般的なマイナー・コンバージョンからです。A♭7 ⇒ E♭m7 とコンバージョンしてE♭ドリアンスケールを想定して弾きます(動画1)。こう考えると前の7小節目がE♭△7ですからE♭△7→E♭m7となって、前の小節のE♭をマイナーで弾けば良いのだ(G音をG♭に、D音をD♭に変える)ということがわかります。もしくはE♭△7を前回の解説のようにCm7とコンバージョンしてCドリアンスケールを想定して弾いていれば、それを単三度(フレットを上に3個移動)上げて弾けばE♭ドリアンを弾くことができて、とりあえず音は外しません。

ちなみに動画は1も2も5小節目のFm7辺りから弾き始めています。



 次にパットが結構頻繁にやるのは、A♭7をコンバージョンして考えずにA♭7のまま考えて、A♭ブルース・ペンタトニック・スケールを弾きます(動画2)。これは、ドリアン・スケールで延々と続くギターソロが、ともすれば単調になりがちな感じを一気に引き締めるのに効果的です。安定したドリアンモードが急に「えっ?」という感じになり、うまくハマるととてもカッコ良い感じになります。



 理論が全くだめという人は、ここからの文章は気にしなくてよいと思いますが、参考までに書いておくと、A♭7をE♭m7にコンバージョンして、E♭ドリアン(マイナー)を弾くことは、次の9小節目がB♭△7ですから、結果としてB♭に解決に向かうためのサブドミナントマイナーを弾いていることになります。
 
 次回は今まで解説してきた復習を兼ねて、1小節目から8小節目まで通して弾いてみます。

 それでは!

STELLA BY STARLIGHT-408
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR