FC2ブログ

質問箱(4)

取り上げるのに多少時間がかかってしまいました。
頭の中はギター買う事でいっぱいだったものですから.....(笑)。

【質問】
マイナー・コンバージョン解説のシリーズ化ありがとうございます!いつも楽しみに拝見しています。

前回oleoをマイナー・コンバージョンで考えるとどうなるかをお教えいただいたのですが、ブルース進行をマイナー・コンバージョンで考えるとどう弾く事ができる・どう弾いておられるかをまた記事等でお教えいただけませんでしょうか。。


【回答】
 
 あらかじめお断りしておきますが、動画はあくまで解説動画ってことで、「良いアドリブ演奏」ということではありませんので誤解のないように。

 一箇所を除いて、ほぼマイナーコンバージョンをベースに弾いています。僕はもともとブルース、ロック系のギタリストなので、普段弾くときはここまで極端にはやりませんね。いや、やるな(笑)。お客さんがパットのことを知っている場合、こう言う弾き方すると喜んでくれるんで、これ見よがしに弾いたりします(笑)。



 解説します。Fがキーの普通のブルースです。

F7/B♭7/F7/F7/B♭7/Bdim/F7/D7/Gm7/C7/F7/C7のごく普通の進行です。

これを

Cm7/Fm7/Cm7/Cm7/B♭7/Bm7/Am7/A♭m7/Gm7/Gm7/F7/C7

みたいな感じで弾いていますね。

最初は4小節はそれぞれF7→Cm7、B♭7→Fm7でコンバージョンして、ドリアンモードの16分音符で弾き切ります。そして、4小節目のCm7からクロマチックに下ってきて、5小節目のB♭7はコンバージョンしないで、B♭のブルース・スケールで一旦締めます。あとはBdim→B♭7→Bm7(B♭7のオルタードテンション?が入ってると考えてBm7にコンバージョン)。ここから一気にマイナー7thのドリアンでGm7までクロマチックで降りて来ます。最後はまたFのブルーススケールで締めています。

「ブルース」なので、要所要所にコンバージョンしないで、ブルーススケールを使って弾くことが多いです。マルティーノもそうですね。

 質問受け付けています!お気軽にどうぞ!!!


【ギター教えます】

興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com


IMG_0794.jpg

質問箱(3)

前回の続き、2つ目の質問にお答えします。

【質問】
マイナーコンバージョンはスローテンポでも成立しますか?
速ければ速いほど調性に曖昧さが許容される故のマイナーコンバージョンでは
無いのかと思ってしまうのです。

【回答】
 良い質問ですね。ある意味その通りだと思います。

 パット・マルティーノのマイナー・コンバージョンの方法論は結構徹底していて、マイナー7thに置き換えた後、基本どんな場合もドリアンスケールを弾きます。ドリアン以外にマイナーのスケールにはいくつか種類があるのはみなさんご存知と思いますが、彼の場合はマイナー7thに置き換えた後はほぼ全ての場合でドリアンで弾きます。したがって、例えばキーがCの時の3度マイナー7thであるEm7のときもEドリアンを弾きます。結果、どういうことが起きるかというとEドリアンの特徴的な6度音程C#音を弾くことになります。CのキーでC#音を弾くわけですから、強力な違和感です。ただ、彼の場合はバラードやミディアム以下のテンポの場合は8分音符ではなく倍テンの16分音符主体で弾ききってしまいますので、「えっ?!」と感じた次の瞬間、時間軸はもう通り過ぎてしまっています。そして、この「えっ?」が妙にカッコよかったりします。これを16分ではなく8分だとすると、うまいことやらないと強力な違和感が残ってしまいますね。

 こんな感じで答えになってますか?この違和感を逆手にとって、カッコよく聴かせるのが個々のセンスによるところで、難しい部分でもあります。


 質問受け付けています!お気軽にどうぞ!!!

250px-Pat_Martino.jpg




 

質問箱(2)


同じく下の動画を見てくれた人が次の様な質問をしてくれました。



【質問】
マイナーコンバージョンで弾く場合、どこまでコードトーンを見ていますか?
実例を聞いているとよくあるバップ的なコードトーン!という演奏とは離れて、
「スケールを怒涛のごとく弾いている!けれどグルーブの軸がずれない音使い」のようなものを感じます。

マイナーコンバージョンはスローテンポでも成立しますか?
速ければ速いほど調性に曖昧さが許容される故のマイナーコンバージョンでは
無いのかと思ってしまうのです。


ありがとうございます。2つともとても良い質問だと思います。今回は最初のコードトーンの話の方にお答えしようと思います。

【回答】
 僕の場合は、3ー6ー2ー5や2ー5ー1をベースに作られたスタンダードについては、ほぼマイナー・コンバージョンで考えて弾くことが多いです。そして、その時に「コード・トーンを考えていますか?」と言われれば「答えはノー」ですね。

 C△7と譜面に書いてあると、みなさんはどう考えて弾いていますか?


 C△7→コードトーンはCEGB→コードーンを中心に弾いて.....→9th(D)や#11(F#)のテンションも使えるな!


 こんな感じで頭で考えているのでは?と思いますが、いかがでしょう?


 僕の頭の中ではこうです。


 C△7→Am7にコンバージョン→Aドリアンを中心にAm7で使えるフレーズのストックからソロを組み立てよう!


 簡単に言うと、こんな感じです。したがって「C△7のコードトーンを考えているか?」と言う質問には「考えていません」が答えになってしまいます。ただ、Am7で使えるフレーズはAドリアンだけではなく(ここでは説明しませんが)色々なスケールを使ったフレーズがあって、それらのフレーズをC△7にあてはめに行くので、コードトーンのみならず結果として色々なテンション、場合によってはアウトな感じも弾くことができます。

 コードトーンから少し離れますが、例えばCの#11のF#音なんかは、「Cの#11thを弾く」と言う感覚ではなく「Aドリアンスケールを弾いた結果F#音を弾く」という感じです。僕の頭の中は少なくともこうです。「許せない!」と感じる方はいますか(笑)?

 いいじゃないですか?結果F#を弾くことに変わりはないのですから。



 次回は2つ目の質問について書こうと思います。

 

質問箱(1)

今回から始める「質問箱」最初に取り上げたのはこれです!

【質問】
Oleoをマイナーコンバージョンで弾く場合、どのようにスケールを当てはめて弾くのが良いでしょうか?

【回答】
 この質問は僕がFacebookとブログにあげた下の動画を見てくれた方がブログのコメントを通して送ってくれた質問です。



 この曲はB♭キーのいわゆる「循環もの」と呼ばれるもので「ブルース」と同様にジャズではよく使われるコード進行を使って書かれた曲ですね。AA'BAの32小節です。下に簡単にコード進行を書いておきます。

A : B♭Gm7/Cm7F7/Dm7G7/Cm7F7/B♭B♭7/E♭7Edim/Dm7G7/Cm7F7
A' : B♭Gm7/Cm7F7/Dm7G7/Cm7F7/B♭B♭7/E♭7Edim/Dm7G7/Cm7F7B♭
B : D7/D7/G7/G7/C7/C7/F7/F7
A' :B♭Gm7/Cm7F7/Dm7G7/Cm7F7/B♭B♭7/E♭7Edim/Dm7G7/Cm7F7B♭

 改めてこの動画を見ましたが、適当に弾いていた割には、解説しやすくきちっと切り分けて弾いていました(笑)。

 1コーラス目32小節のみをざっくり解説してみますので、参考にしてください。

 まずAの部分ですが、コードはめまぐるしく変わりますが、頭の中は「B♭7一発」としか考えていません。それを前提にA部分はいわゆる「B♭ブルースペンタニック」、要はロックでは一般的な手法ですね。

 つづいてA'はマイナーコンバージョンです。「B♭7⇨Fm7」にコンバージョンして、「Fドリアン」でアドリブしています。
 
 サビの部分もマイナーコンバージョンで考えてます。D7/D7/G7/G7/C7/C7/F7/F7をD7/D7/D♭7/D♭7/C7/C7/F7/F7のように考えてからAm7/Am7/A♭m7/A♭m7/Gm7/Gm7とAドリアンから半音進行で降りて来ます。そして最後のF7はB♭へ向かうV7として弾いています。

 A'に戻ってからもほとんどB♭7と考えて「B♭ブルースペンタニック」を弾き続けますが、最後の方で初めて「B♭メジャー」を弾いているようですね。

 こんな感じです。循環に限らず、コードが目まぐるしく変わるテンポが速い曲は、トーナリティだけを意識して弾いてることが僕の場合は多いですね。「ブルース」と同様に「循環」はある意味「何でもあり!」だと思います。

 
 質問、お待ちしています!

Oleo.png
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR