FC2ブログ

2018年4月29日 ES-175を自宅でつま弾く

自分のプレイがつまらなくなったので最近は「躍動感」「たたみかける」を目標に練習しているのだが・・・・。

2018年3月20日(日)のひとりごと

【ひとりごと1】
今日はバタバタした1日ではあったが、そんな時はこれ。

レスポールを見てるとお落ち着く。

テレキャス、ストラトの前は通り過ぎることができる。レスポールやSGの前では足が止まる。

やはり俺はGibson派。

Gibson 、頑張って!!

gibson.jpg




【ひとりごと2】
「音に若返りをはかろう」と思いました。

ソリッドギターを弾くようになってから、いつも1弦013、6弦058みたいな太い弦を張って、弦高も高くし、箱鳴りの様なサウンドに負けない様な音を出すために頑張ってきましたが、少し路線変更してみます。

理由は2つ。

普段はこの様なセッティングでも平気なのですが、ライブの2セット目くらいになると、指が疲労してきて指回りがきつくなってきます。そして疲労が蓄積して指に違和感を覚える時が出てきました。

もうひとつ大きな理由として「太い音」と引き換えに「躍動感」が失われている気がしました。
そう、飛び回る様な感じ??そういえば昔はそんな感じに弾いてたかなと。

そんな訳でレスポールスペシャル、少し細めの弦を張り、弦高を低めにしてみました。すごく弾きやすいですね。どうですか?若返りがはかれてますか?(笑)。

やはり年齢的に、というか体力的に今までの様なセッティングでは段々厳しくなってくるのですかね。

2018年3月4日(日)のひとりごと

家族が体調崩していた関係もあって、ちょっと数日会社を休ませて貰っていた。大した事もなく、大丈夫そうなのでホッと一息。

会社を公休や休日以外で休んだ時に、基本ギターは弾かない。やっぱり休んでおいて家でギターを弾いてるとそれは「休み」ではなく「さぼり」の様な気がして罪悪感にかられてしまう。上司や部下にも申し訳ない気持ちのまま楽器を弾いても楽しくない。これは自分が一番「サラリーマン」である事を自覚する瞬間なのだ。

という訳で明日から出勤、数日ぶりに楽器を確かめる様に弾く。原点に帰って、175をまんまの音で。弾いてない方が指は良く動く。

俺くらいの歳になると練習は指を疲労させ、結果やらない方が良いのか?

ちなみに俺は運動はしない。ストレッチも散歩もゴルフも野球もその他身体を動かすことも。信号が点滅しても走らない(笑)。何故かというと「運動は身体に悪い」と思っているからだ(笑)。みんなは「バカな事を言ってる」と口を揃えて言うが、俺の人間ドックの結果がそれを証明している。オリンピックで言うところの「絶対王者」。

もしかしたら「練習も演奏に悪い」のかもしれない。



プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR