ジャズギター裏口入学(26)

【コードとスケールの関係(3)】

 ちょっとタイトルとズレているかもしれませんが、話が前回から続いているので・・・・。

 コードネームとスケールの関係、少なくても7thコード、例えば同じ「G7」でも
①Gブルースの最初のG7
②キーがCの時のG7→C
③キーがB♭の時のG7→Cm7→F7→B♭
 この時点で上の3つは少なくとも「同じG7で考えてはなんかしっくりこない」ことが、ギターを弾いていて体感的に分かっていました。他のケースはまだあるのかもしれないとは思いましたが、そんなものを探し続けてもきりがありません。まず、「わかっていることからはっきりさせ、弾けるようにならないといけない」と思いました。そして、次のような結論に至ります。

 「G7」と考えてはいけなくて、「キーからの変動」で考えれば良いのだ!

 どういうことかと言うと

 ①はキーがGだからG7は「Ⅰ7
 ②はキーがCだからG7は「Ⅴ7
 ③はキーがB♭だからG7「Ⅵ7

仮に曲の中で同じG7が出てきても、もし転調前と転調後でそれぞれG7が出てきたら、違う(機能)G7なんだ!

 ①はGブルース・ペンタトニックがしっくりいきます。もともとロック・ギタリストですから、ペンタのフレーズは沢山ありました。ちょっとだけ、チョーキングを抑えればオーケーです(笑)。
 ②と③は弾けるようになるまでは少し時間がかかりましたが(今でも弾けるといえるかが微妙ですが・・・)、②はオルタード③はハーモニックマイナーP5thビロウってよく言われるやつです。これで、みんな混乱して挫折する人が多いのではと思います。僕も当然のことながら、理論的には全く理解できなかったですし、理解する前に僕は「マイナー・コンバージョン」に行ってしまったので、今でも実は理解ができていません。ですが、「理解することよりまずは弾けるようになることが先決」と考え、とにかくフレーズコピーをし、ストックを増やしながら、体感的に掴んでいきました。その辺の僕の格闘の様子はこの「ジャズギター裏口入学」の(9)~(11)にブルースを題材に詳しく書いてあります。

 こんな状態で少しづつやっていくと、「コード譜面の見え方(読み方?理解の仕方?)」が依然と全く違ってきました。

 次回は、そのことについて書こうと思います。

 お楽しみに!!

IMG_0472.jpg




ジャズギター裏口入学(25)

【コードとスケールの関係(2)】

 「勿体ぶっていないで、早く書いてあげなさい。」とある人から言われたので、続けて書くことにします(笑)。

僕と先輩とのやり取りです。
質問:「G7はどういうスケールで弾いたらいいです?」
返答:「G7ってどういう(どこの)G7だよ?それじゃ、わかんねーよ。」

 このやり取り、その時の先輩の返答の意味が、飲み込めませんでした。

 「俺の質問の意図が伝わらなかったのかな?どういうG7もくそもないよ。G7はG7だろ!」

 僕がこう考えたのは何故だかわかりますか?僕は「G7はどんな曲でも、どこの小節に出てこようともG7はGミクソリディアン」と考えていたのでした。いかなる場合でもG7はGミクソリディアンで弾けば良いのだと。


 「サテン・ドール」をコピーして練習していました。ご存知の方も多いとは思いますが、下が最初のテーマ部分のコード進行です。

 Dm7-G7-Em7-A7D7D♭7-C△7

 セブンスコードが沢山出てきます。僕の今までの理論で行くと「G7はGミクソリディアン」「A7はAミクソリディアン」「D7はDミクソリディアン」「D♭7はD♭ミクソリディアン」なわけです。どれもミクソリディアンなわけですから、G7のフレーズをフレット平行移動させれば何とか弾けるのかなと思い、やってはみましたが、ことごとくうまくいきません。

 もうひとつ、「サテン・ドール」のG7のところでコピーしたフレーズ、同じG7だから使えるだろうと、Gのブルースの頭のG7のところで弾いてみましたが、これまたしっくりきません。

 ずっとこんなことを繰り返して悶々としていたのですが、ある時先輩に言っていた「どういう(どこの)G7・・・」って意味が分かりました。


 「もしかしてG7はいつもミクソリディアンて訳じゃなく、曲のどの場所にあるG7か、そもそも曲のキーが何の時のG7かによって違うってこと???だから、先輩は俺の質問に応えられなかったのか??」



 そして、やっていくうちに先ほどの理解がもう少し進みました。

 「曲のどの場所?」ってのは、「どういう機能のG7か?」という理解になりました。具体的に言うと同じG7でも「GのブルースのG7」と「キーがCの曲でのG7→CのG7」は違うようだってことです。

 また、「キーが何の時のG7か?」ってのは「キーがCの時のG7はV7」だけれど「キーがB♭の時のG7はⅥ7」なのだから、同じ7thでも機能が違うものってことです。



 今となっては、本当に当たり前の事で、笑ってしまうくらいの内容なのですが、独学で音楽教育を受けたことのない僕は実は何年もこんな状態が続き、上達を酷く妨げました。

 「こんな事知らないでよくギター弾いていたな!?」と笑い飛ばす人もいるかと思いますが、一方で、僕と同じ内容で悩んで、いつまでたっても思うように弾けるようにならない初心者の方も、実はいるのではないかと思って書いています。



 次回はもう少し続きを書いてみようと思います。

IMG_0472.jpg


 
 

ジャズギター裏口入学(24)

【コードとスケールの関係(1)】

 僕がジャズギターの勉強を始めてから、一番混乱したこと、そして最も上達の妨げになった事は「コードとスケールの関係」についての理解でした。皆さんも、同じ悩みを抱えていて、行き詰まっている人もいるのではと思い、このことについて自分なりの考えを書いていきます。
 
 僕は大学時代(ジャズギターを始めて間もないころ)、ずっとこう考えていました。

 「G7はGミクソリディアン・スケールで弾く」

 要するに「コード・ネームが決まれば弾けるスケールも決まる」と思っていました。さすがに1:1ではないものの、ある程度スケールは決まると思っていました。具体的に言うと下の通りです。

 「G7はGミクソリディアン」なのだからだから「F7はFミクソリディアン」、「C7はCミクソリディアン」で弾けばオーケーっていう風に考えました(これは、ある意味間違いではありません。)。

 そこで理論書に書いてあるダイアトニックコードとスケールの関係を次のように覚えました。

 C△7:Cイオニアン Dm7:Dドリアン Em7:Eフリジアン F△7:Fリディアン G7:Gミクソリディアン Am7:Aエオリアン Bm7♭5:Bロクリアン

 頭文字をとって「イ・ド・フ・リ・ミ・エ・ロ」と呪文のように口ずさんで覚えました。

 これはこれで覚える意味はあったのですが、それでも混乱は続きます。

 先ほどのダイアトニック・コードの「m7」で使われていたスケールはDm7の「ドリアン」Em7の「フリジアン」そしてAm7の「エオリアン」です。例えば、曲の中で「Dm7」が出てきた時に「Dドリアン」なのか「Dフリジアン」なのか「Aエオリアン」なのかわかりません。曲によって「ドリアン」がぴったりだったり「フリジア」だったり、はたまた「全然合わなかったり」とますますわからなくなってしまいます。

 実を言うと、こう言った混乱状態が数年も続いて、練習してもちっともギターは上達しなかったのです。テクニック的にはそこそこ上手になっていき、ギタリストのフレーズコピーした通りには弾けますが、オリジナルや手本のない曲はほとんど弾けるようにはなりませんでした。

 この混乱状態は、ピアノ・プレイヤーの大学の先輩に質問した時の返答のちょっとした言葉使いをキッカケに脱出することができきたのです。

 「XXさん、G7はどういうスケールで弾いたらいいです?」

 先輩はこう答えます。

 「G7ってどういう(どこの)G7だよ?それじゃ、わかんねーよ。」

 
 次回は、このことを具体的に解説していきます。

IMG_0472.jpg

ジャズギター裏口入学(23)

【まずどんな曲から練習を始めるか(8)】

 前回予告通り、スタンダードをどう学習するかについて実際に譜面と動画で簡単に説明してみます。

 下の譜面をご覧ください。誰もが知っているスタンダード「ジャスト・フレンズ」の最初の8小節です。

nori_000039.jpg

これを譜面の通りなんの飾り気もなく弾いてみました。次の動画です。

 

 伴奏に合わせて8小節のみ繰り返して弾いてみます。まずは、このように譜面通りに弾いてみることが大事です。これが、この曲の骨格部分になります。

 でも、このままではつまらないですし、なんか味気ないですよね。そこで、次のように弾いてみます。



 3、4小節目の6拍は音を伸ばしたまま何も弾かないのはもったいないですよね。そこでちょっとだけB♭マイナーのフレーズを弾いています。また、譜割りも多少変えて弾いています。伴奏が「タン・タタ―」と弾いているので、テーマのメロディもそんな感じで弾いてみました。

 ギターの単音では、管楽器に比べ音がしょぼくって悲しくなる時があります。そんなときはコードを弾いて少し厚みを出してみましょう。

  

 最初のA音を弾く前にちょっとフレーズを弾いていますが、これはパットマルティーノのパクリです。ですから、必ず自分の大好きなギタリストのお手本となる音源があるとよいのです。

 3、4小節でB♭m7-E7のコードで合いの手を入れてます。5小節目のG音はF△79のコードでハーモナイズ、そしてA♭m7-D♭7でここでは詳しく説明はしませんが、お決まりのクリシェと言うんでしょうか?そんなものを弾いています。

 こんな感じで、黒本で素のメロディを確認したら、自分なりに肉付けをしていくことで、随分とそれっぽく聴こえるようになりますよ。


 がんばってください!


ジャズギター裏口入学(22)

【まずどんな曲から練習を始めるか(7)】

 「一発もの」の学習方法から始め、「4度重ねの和音」についてお話ししましたが、今回からは「スタンダード」の学習方法について自分なりの考えを書いてみます。

 まず、曲は何から始めるかですが、まずはお気に入りの曲であることが前提ですが、音楽的なことで言うと次の3つの事かなと思います。

(1)キーはメジャーならB♭、F、E♭、C  マイナーならGm、Cm、Am
(2)ⅡⅤⅠやⅢⅥⅡⅤⅠなどの代表的な進行が中心で、あまり目まぐるしく動かない曲
(3)黒本や青本に譜面が出ていて、自分の好きなギタリストの音源があること

(1)についてはやはりこのキーで演奏される曲が圧倒的に多いですし、ギター的にもそれぞれのキーの代表的なポジションがネックのヘッド側、真ん中、ボディ側となるので、フレットをまんべんなく使えるようになる練習になります。

(2)もいいですよね。まずはジャズのオーソドックスなフレーズを徹底的に身体に覚えさせることが重要と思うからです。いきなり「ドルフィン・ダンス」とか「ネフェルティティ」とかじゃなくってと言うことですね。このような曲をいきなりスラスラとコード進行にとらわれず弾ける人はある意味「限られた人」「選ばれし人」なわけで、ここでの講座の対象ではありません。

(3)が一番大事なことです。先ず、譜面が必ずあることが重要です。理由は2つ、なんの飾り気もない「テーマの素のメロディー」を確認するためです。そして、もう一つは「コード進行を確認し、その中で展開されたテーマやアドリブを他の曲で応用できるようにするため」です。

よく、コード進行もわからずに他のギタリストのテーマやフレーズをコピーして練習している人がいますが、これでは他の曲に応用することができないと思います。これは「試験問題の答えを暗記する」行為と全く一緒で、問題文の中の数値を変えられただけで全く解答が導き出せないのと一緒です。弾けるようになってもただの「自己満足」に過ぎず、音源に合わせて一緒に弾いて満足感を得ること位しかできません。大体、人前で他のギタリストのテーマやアドリブをそのまま弾くのは、「トリビュート・ライブ」みたいな特殊な場合以外はやってはいけないことと思います。

黒本や青本などで「素のテーマメロディ」を確認するのは、お手本にするギタリストが「素材をどう料理するか」を確認するためです。

次回から(3)の練習方法について実際にどうやっていくかを具体的に譜面や動画で何回かに分けてお伝えすることにします。

AE2000.jpg
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR