ジャズギター裏口入学(19)

【まずどんな曲から練習を始めるか(4)】

 今回は「一発もの」といわれる曲について学習のポイントを話そうと思います。

 「一発もの」、ここでは「ソロの部分がコード変化がないもの」あるいは「コード変化はあるものの一つのスケールで弾けてしまうもの」と定義します。乱暴に分けてしまうと「マイナー7th一発」と「7th一発」に大きく分けられると思います。ここではジャズの中では比較的多い「マイナー7th一発」のことについて限定して説明します。

 代表的な曲はやはりマイルス・デイビスの「ソー・ホワット」「マイルストーン」と思いますが、それ以外でも色々なミュージシャンがこの形式を借りてオリジナルの楽曲を作っています。

 この「マイナー7th一発」形式の楽曲を学ぶことは大きく3つのメリットがあります。

(1)フレーズのストックを増やせる
 とにかく、コードが一つなわけですから、コード進行やチェンジ、あるいはスケールを気にかけずにどんどんコピーしていくことができます。マイナー7th一発ですから、基本はドリアン・スケールをメインで演奏しているケースが多いですので、このスケールを把握していれば、何とか採譜もできるはずです。そして、ドリアンスケールはマイナーペンタトニックの音を含んだスケールですから、応用範囲がとても広く、どんどん実践で使っていけます。

(2)コードのバリエーションを身につけることができる
 一発コードだからと言って、同じポジションのマイナー7thコードを延々弾き続けているギタリストなんていません。たった一つのコードネーム、たとえばDm7の中で、ギタリストたちはさまざまなポジションで色々な音を含んだコードを弾いています。これを採譜することで、逆に皆さんが譜面の中でマイナー7thコードを見て弾くときのバリエーションを身に着けることができます。また、ここでは言葉の意味は説明しませんが、マイナー7th一発特有の「モードっぽい4度重ね」のかっこいいコードを身につけることができます。そして、この和音を普通のスタンダードにさりげなく利用するととってもモダンなかっこいい演奏ができます。

(3)アウトサイドのプレイを学べる。
 (2)のコード同様に、マイナー7thだからと言って、「ドリアン・スケール」だけで演奏している人なんていません。単調さを避けるため、皆、色々なスケールを駆使して、かっこいいアウトサイドラインを弾いています。なんたって「ドリアン・スケール」を中心としたマイナースケール以外のスケールを弾けば、ある意味「アウトサイド」と言えるわけですから。

 次回は、今日書いた内容が具体的にどのようなことかを譜面と動画を使ってわかりやすく説明しようと思います!

 お楽しみに!

fullaco.jpg




 

ジャズギター裏口入学(18)

【まずどんな曲から練習を始めるか(3)】

 前回ブルースの時に下の様な事を書きました。

 「単音で弾けるようになったら、曲によってはハモリ(3度や6度)、オクターブ、譜割を変えるなどちょっとだけアレンジしてみると良いと思います。」

 このことについて具体的にどういう事かを説明しますね。何故かと言うと、これが初心者と中級以上のプレイヤーの大きな違いと思うからです。

 題材はB♭のブルース「ブルー・モンク」で解説します。

 まずは単音で弾いてみますよ。


 あえて単調に弾いてますが、もう少し気持ちを込めて弾いてあげるだけで、単音でも十分オーケーかもです。ただ、一人で弾いているとそうでもないですが、バンドの中でやると、ギターの音は思いの他しょぼくて、これではなんか物足りなく感じます。

 三度でハモッてみます。ガットギターなので、ちょっとキュッキュッとうるさいですがご勘弁を!




 一音追加しただけで音に厚みが出ますよね。でも、三度のハモリって、なんか普通ポカったりしますよね。今度は6度でハモってみますよ。



 どうですか?少し、モダンな感じがしませんか?

 最後に、3度ハモりから始めて2コーラス目で6度、そして自分なりにところどころ譜割りを変えたりして、自由にに弾いてみます。


 
 単音でテーマが弾けるようになったら、それで「俺はXXの曲が弾ける」って人が多いです。自分の大好きなギタリストの演奏をよく聴いてみてください。テーマをただ譜面通りに単音だけで弾いているギタリストはいませんよね?みんないろいろ工夫して弾いてます。そして、それがその人の個性ですよね?

 単音で弾けるようになったら、色々なギタリストの演奏を参考に、自分のレベルにあったアイディア、アレンジを施して演奏するようにしてください。その重要性は、ひとりでメトロノームに合わせて練習していては気が付きません。他の楽器と演奏し、ギターの生音の弱さに気が付き、そんな中で「自分の音を聴いてもらえるにはどうしたら良いか?」とか「音のしょぼさを逆に利用する手はないか?」など色々考えないとだめですよ。

 次回は「一発もの」についての学習法について書こうと思います。

 
 

ジャズギター裏口入学(17)

【まずどんな曲から練習を始めるか(2)】

 今回はブルースについて何から始めるかって話です。

 ブルースについては、どの曲もほとんどコード進行的には違いはないので、問題になるのはキーだけかなと思います。前回書いたように「B♭」「F」優先的に選ぶとよいと思います。ぱっと思いあたるのはB♭だと「ブルー・モンク」、Fだと「ストレート・ノー・チェイサー」「ビリーズ・バウンス」なんかがありますが、ブルースの場合は何でもよいと思います。

 テーマの練習ですが、これはブルースに限らず共通のやり方と思うのですが、まず「単音」でしっかり弾けるようになることが大事と思います。あと、音域を1オクターブ上げたり下げたりしても弾けるようにしておきましょう。何故かと言うと、ブルースのテーマをソロの中で引用したりするにはどこの音域でも弾けることが必要ですし、他の楽器とのアンサンブルによっては上げたり下げたりが必要になる時があります。

 単音で弾けるようになったら、曲によってはハモリ(3度や6度)、オクターブ、譜割を変えるなどちょっとだけアレンジしてみると良いと思います。これには、自分が選んだ曲を演奏している何人かのギタリストの演奏をコピーし、おいしいどころ取りをするのが一番と思います。一人で練習していたり、ギターだけのジャム・セッションに参加しているとあまり感じないと思いますが、ギターの生音は管楽器に比べ細くてしょぼいです。中級以上のレベルになれば逆にそれを利用してしまうのですが、初心者だとなかなかそうはいきません。単音だけで聴かせるには、相当の覚悟(笑)が必要となってきます。

 ソロに関しては、とにかくコピーしたらどんなブルースにも応用できるはずですので、キーだけ確認してどんどんコピーしていけばよいと思います。

 とにかくブルースが自分のフレーズのストックを増やす一番の題材と思います。

fullaco.jpg

ジャズギター裏口入学(16)

【まずどんな曲から練習を始めるか(1)】

 ジャズ初級者のギタリストの皆さんはアドリブ演奏のためのフレーズ練習と同時に何か曲(テーマ)を弾く練習をすると思いますが、どんな曲からやって良いか迷うことがあると思いますので、自身の経験から僕なりの意見を書いてみます。正解はないと思いますから、あくまで参考という事でお願いします。

 まず「好きになれる曲」「気に入った曲」であることが大前提となるのですが、ここではあくまで「ジャズギターを効率よく学べて、つまづきにくく、即戦力となる優先順位」みたいに考えてください。この「つまづきにくく」ってのが凄く重要となってきます。

 僕は下のような大きく4つに分けて課題曲を選んで並行してやっていくといいと思います。

 (1)ブルース
 (2)一発もの
 (3)有名なスタンダード
 (4)それ以外の自分でやりたい!と思う曲等


やはり、バランスってのが大事と思います。例えば、「苦手なブルースを練習して、きつくなってきたら得意の一発モノ!」「練習にちょっと疲れたからとりあえず好きな曲やろう!」みたいにやることが、長続きのコツと思います。「ブルースを攻略したら次はスタンダードだ!その次は・・・」みたいに順序立ててやっていくと「ブルースで挫折したので、結局ブルースしか弾けなくて・・・」みたいなことが起きてしまいます。

 じゃー(1)~(4)の課題曲でどんなものを選んだら良いかというと次のように考えます。

 (1)ブルース
まず、キーは「F」「B♭」の曲を優先的に選びましょう。何故かはわかりますよね?ジャムセッションで必ずといっていいほど演奏されるので実践的です。テーマが比較的簡単な奴が良いと思いますし、テーマは弾けなくともアドリブ演奏の練習はこの2つのキーでみっちり練習した方が良いと思います。あと、ギター的に「F」は1フレット人差し指のポジション、B♭は6フレット人差し指のポジションが一般的で、ネックの端と真ん中のポジションの両方を練習することができるのでギターの奏法的にもとても有効です。

 (2)一発もの
ジャズでは圧倒的に「マイナー7thコード一発」が多いので、まずはこれからがいいと思います。ロックをかじってきたギタリストはもう「普通の7thコード一発」はできる人が多いと思いますので。

 (3)有名スタンダード
キーはやはり「F」「B♭」、それに加えて「E♭」「C」「G」で演奏することが一般的なスタンダードを選ぶとよいと思います。「Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ」のチェンジが短い小節の中に詰め込まれている楽曲はなるべく避けて、鼻歌でゆったりと歌えるテンポでの演奏が多い楽曲が良いのではと思います。

 (4)自分でやりたいと思う曲
 説明不要ですね。

 「循環は?」っていう人がいると思いますが、僕の経験上は(1)~(3)をある程度弾ける段階でやり始めると良いのかな?と思います。大体「循環」の曲はテンポが速いのが多いです。A部分はコードが小刻みにコードチェンジしますので、まんま弾こうとするのは初級者に難しいですし、逆に「一発もの」感覚で弾けてしまいます。また、B部分のV7の連結はジャズ初級者やロック系の方にはなじみがないコードチェンジで難しく感じられるので、行き詰まる人も多いと思います(僕もそうでした)。

 次回はそれぞれの「具体的な楽曲と学習の仕方・ポイント」を書いてみようと思います。

fullaco.jpg

ジャズギター裏口入学(15)

【アルペジオ(3)】

 ジャズを勉強して間もない頃、キーチェンジやコード進行の変化に対応できなかったので、いわゆる「一発もの」のコピーばかりしていました。頭で理解できるまで停滞しているわけにはいかないので、とりあえずフレーズのストックを増やそうと思ったからです。そして、一発ものならロックあがりの自分でもなんとかコピーすることができました。ロックでは「一発もの」と言えば、大抵は「E7」「A7」「D7」がほとんどでしたが、ジャズは「Dm7」が圧倒的に多かった気がします。マイルスの「ソー・ホワット」の影響と思いますが、もちろんそんなことは当時わかりませんでした。「Dm7一発」のフレーズをコピーしていて、どんなプレイヤーでも下のようなフレーズを弾いていました。あ、譜面のタイトルは正確に言うと「Dm7アルペジオ」ではなく「Dm7アルペジオの応用フレーズ」ですね。

 nori_000023.jpg





 動画ですが、一つ目のフレーズは、速度をあげて弾いてるときは少しスィープぽく弾いたりしてますし、二つ目のフレーズはあまりうまく弾けていないですが、勘弁してください。ニュアンスは伝わりますよね?

 このフレーズ、Dm7のコード・トーン(D-F-A-C)がそのまま順番に出てくるアルペジオのフレーズで、特に2段目の一小節目のフレーズはウェス・モンゴメリーがよくやる必殺技(ってほど大げさなものではないか???)です。

 こんな感じで、前回説明したメジャー7thと今回のマイナー7thのアルペジオとそれを応用したフレーズをいくつか覚えて、そればかり弾いていた記憶があります。

 アルペジオってくらいなので、コードの数だけ存在するわけですが、大きく分類すると「マイナー」「メジャー」に分かれるわけですから(マイナーメジャー7thは?なんて言わないでくださいね)、この2つは絶対に指にになじませて、後はテンションを加えて自分なりに練習に組み入れてみてもいいと思います。僕は、めんどくさがりなのでこれ以上はやりませんでしたが・・・・。

 今まで解説してきた

 ・チョーキングをハンマリングで弾いてみる。
 ・コードトーンをちょっと意識した簡単なブルース
 ・3音ボイシング

 そして、この直近数回で解説してきた

 ・アルペジオ

 これだけでも随分とジャズっぽく聴こえてくると思います。僕が大学1年終わったくらいの実力は正直、まだこの程度でしたので、「スタンダードでジャムセッション」のレベルまでまだ道のりはかなり先だったと思います。

 次回からは、「ジャズギター初心者がまず学習した方が良いスタンダード」を今までの経験から自分なりに書いてみようと思います。

 


 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR