FC2ブログ

Jazz Rock必見動画(31)

【Tal Farlow - Fascinating Rhythm】




 やはりたまにはこういうやつを聴かないといかんな!

 初めて見ました(聴きました)!タル・ファーロー、トミー・フラナガン&レッドミッチェル!

 どなたかの自宅でのセッションなのでしょうか?!

 トミー・フラナガンは昔よく聴きましたし、レコードを結構持っていますね。特にジョージ・ムラーツ&エルビンとの「エクリプソ」なんかは最高ですよね。レッド・ミッチェルはジム・ホールやジョー・ベックとのデュオ・アルバムを通してよく聴きました。

 肝心のタルですが、例のヴァーブ・レコードからのピアノ鬼才エディ・コスタとのトリオ・アルバム2枚は持っています。とにかく手が大きく、音の跳躍が激しいことから「オクトパス」との異名を持つとのことですが、僕の評価はちょっと違います。単音フレーズに関しては、リズムが結構ブレていて、あまり好きな感じではありません。僕は8分や16分音符の音の長さが均等でない人はあまり好きではありません。ケニー・バレルもそうですよね。だた、ケニーの場合はそれが、バラード演奏にものすごくいい味出してくるのですがね。

 僕のタルの評価はどちらかというと、手の大きさを生かした素晴らしいコード・ワークです。ただ、これについてはこの動画でもレコードでもほとんど聴かれることがないですが、教則ビデオを見るとよくわかります。なんたって手が大きいですから、フレットの半分ぐらいの面積を平気で押さえてしまいます(笑)。

 でも、やはり右手のリズムがイマイチと思います(笑)。

たlたl

Jazz Rock必見動画(31)

【Bill Evans Trio - Some Day My Prince Will Come】



 この曲はもちろん色々なジャズメンが色々な楽器で演奏してきているが、僕は誰よりもエヴァンスのサムデイが一番好きなのである。そして、彼もこの曲はずっと弾き続けていて、数限りないほどのテイクがあり、晩年のテンポの速いサムデイや4拍子と3拍子が交互に登場するサムデイなどどのテイクも皆秀逸である。

 そして、エヴァンスの映像、僕はカラーの映像を見ることはほとんどない。彼ほどモノクロの映像が似合うミュージシャンはいないと思うからである。

 この演奏動画、そんなにレアな動画ではないと思うが、同日の色々な演奏動画が残されている様なので、暇な時に全部見て見たいと思います。

evance live

Jazz Rock必見動画(30)

【Focus - Sylvia】



 70年代ロックが好きな方は絶対に知っているでしょう?!

 フォーカスです。そして彼らの中では人気曲「シルビア」のスタジオ・ライブですね!

 この時代に既にこういうサウンドのバンドがいたことは驚きです。イントロの16ビートのギターカッティングは本当にしびれます。名手ヤン・アッカーマンですね。クリムゾンのロバート・フィリィップと同じく、コアなファンが多いです。

 レスポール・カスタムのナチュラルなドライブ音、決してエフェクターでは作れない生々しい音です。

 いやー、久しぶりに聴きました。僕は最近フルアコを弾くことが多かったのですが、この後すぐにレスポール・カスタムを弾きに部屋に篭りましたとさ。

 
 スクリーンショット 2018-10-14

Jazz Rock必見動画(29)

【Someday My Prince Will Come / Bruce Forman】



 こんな素晴らしいギターのSomedayは聴いたことない!

 ブルース・フォアマンのライブをお客さんが動画撮りしたやつですね、きっと。

 ほかのミュージシャンはいいんで(笑)、(プレイはともかく電気ピアノの音が最悪!)とにかく彼のテーマ&ソロ(4:00位から始まります)を聴いてください。もう、最高です!

 リッチー・コールの時から素晴らしい進化ですね。テクニックと抜群の歌心です!

BF111.png


Jazz Rock必見動画(28)

【George Benson - Breezin' 】



 ギタリストの方ならみんな知っているベンソンのブリージン!

 「ベンソンのブリージン」なんて曲的に、動画的に何にも珍しくありません。そしてベンソンのプレイは相変わらず呆れるほど上手いのですが、ここでの注目はキーボードです。なんとチック・コリアではないですか!

 ベンソンのテーマやソロのバックで一筋縄ではないバッキングを聴かせてくれます。さすが、チックです。そして、ベンソンがひとしきりソロを終えて「さてチック、どう迎え撃つ?!」と思いきや、なんとテーマに戻って終わりです(笑)。

 チックに「バッキングだけさせておいて、ソロを与えない!!」

 こんな恐ろしいことができるのは、ベンソンくらいしかいないだろうな?!

 見つめ合う二人も、ちょとキモいです(笑)。

 でも、演奏は素晴らしいです!!

 あれ?、まさかドラムはコブハム??

ggbb

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR