FC2ブログ

「マイナー・コンバージョン・コンセプト」について解説していくコーナーを新しくスタートさせようと思います。

今まで僕のブログ内の講座「Pat Martino奏法研究」の中でたびたび解説してきた「マイナー・コンバージョン・コンセプト」について、切り出して少し体系立てて説明していこうと思います。

 このブログはおかげさまで色々な方に読んでいただいているのですが、質問やコメントの大半は「マイナー・コンバージョン」のことです。「Pat Martino奏法研究」の一環として解説していることもあって、解説の順番が理解しやすい順番とは言いがたく、体系立てて説明できていないのも理由のひとつかもしれません。

 「マイナー・コンバージョン・コンセプト」はPat Martinoの教則ビデオで一躍脚光を浴びたコンセプトです。ただ、これは決して難しい理論でもなんでもなく、むしろ一般的な理論が難しくてわからない方、ギター以外の楽器をやったことのない方がジャズ理論を理解するための「裏道」です。

 また、この理論に基づいて出てきたサウンドは、何か特別なサウンドになるわけではありません。ただ、思考回路が非常に単純で、どんな方でも理解できるものです。そして、一度理解すれば比較的短期間でジャズのアドリブができる様になります。嘘ではありません。僕はがそうでしたので.....。

 僕は大学4年間で理論書も色々買って読みましたし、1日10時間以上もギターを練習していましたが、たいして上手くなりませんでした。ところが、卒業後何年か経って、ある時偶然「マイナー・コンバージョン」を発見します。そして、今まで練習してきて断片的な知識が一つにつながりました。そして数ヶ月で今ままで何十年もかけてできなかったことが、あっという間にできる様になりました。そして、その何年後かにPat Martinoに教則ビデオ「クリエイティブ・フォース」が発売され、自分と全く同じ考えて弾いていたことがわかり「俺の考え方は間違っていなかったんだ!」と確信しました。皆さんにもこの喜びを味わっていただきたいのです。

 説明はなるべく色々な楽器の人でも対応できるものが良いと思いますが、ところどころギタリストやベーシスト限定になってしまいます。何故かというと、僕が理論や譜面に詳しくなく、ギターの指板で視覚的に理解して部分が多いからです。

 他の講座同様、不定期にはなりますが、なるべく譜面や指板図、そして動画で解説していきますので、楽しみにしていてください!
 

読者の質問に答えるコーナーを新しく開設します!

 最近、僕のブログを読んでくれている方から質問をもらったりすることが増えて来ました。ブログのコメントに投稿してくれたり、Facebookにシェアした僕の記事にコメントとして書き込む方もいらっしゃいます。あるいはメッセンジャーで直接質問してくる方もいらっしゃます。その都度、質問者個人に返答する形をとっていたのですが、質問の内容を改めて振り返って考えてみると、結構皆さんが共通に感じている疑問点や悩みなのかな?と感じることが多くなってきました。また、数名の生徒さんからもレッスンの際に質問され、僕が当たり前のように説明していることが、実は難しくわかりにくいと気づかされることも多くなって来ました。

 そこで、皆さんからいただいた質問とそれに対しての僕の回答や解説、考え方を皆さんで共有する場を新たに開設することにしました。皆さんで役立てて欲しいと思います。

 今まで通り、いろんな形で質問していただいて構いません。メールでも、メッセンジャーでも、Facebookへのコメント書き込みでも、ブログのコメント投稿でもやりやすい方法で良いです。質問をブログで取り上げて、僕なりの解説をしていきます。また、Facebookにもシェアしていきます。皆さんで役立ててもらおうと思います。質問者の匿名性は守りますから、どんな簡単な質問でも恥ずかしがらずに質問してください。

 あっ、予めお断りしておきますが、「あくまで僕はこう考えている」ってことで、正解ではないかもです。また、楽器やエフェクターのハード面や電気系統のことは詳しくないのでお応えできないものもあるかもしれません。

 それでは、質問お待ちしています!

 ブログでのコーナーの名前は、今考え中です(笑)。


1413945003669.jpg



自宅レッスンだけでなくSkype レッスンも募集しています!

こんな自分にも 「ギター教えて欲しい」と言ってくれる方がいて、大変嬉しい限りだが、昨日初めて遠隔地(マニラに 赴任中の日本人)の方に「Skype」を使ってのレッスンをやってみた。

音の伝送が多少タイムラグがあるようで、さすがにデュオは難しいのと、実際の生音が聴かせられないので微妙なニュアンスを伝えるのは難しいが、別途Youtubeなどの動画や譜面の配布で補うことで継続レッスン可能との感触が掴めた。

今後もこの方はSkypeによるレッスンを続けて行く予定です。

今現在、何名かは僕の自宅でもレッスンを行っていて、自宅に来ていただける方に限定して教えていたので、必然的に都内在住の方に限られていたが、今後はSkypeによるレッスンで「遠隔地にお住まいで僕の自宅に来れない方」「わざわざ出向くのが面倒な方」などにも教えていきたいと思います。

興味のある方はにコメント、メッセンジャーもしくはメールにてご連絡ください。個別に詳細をお伝えします。

新たなギター講座として次の2つの内容のものを同時並行で書いていこうと思います。

 現在自分のブログで「Pat Martino奏法研究」を書いています。それはそれで続けていくのですが、新たなギター講座として次の2つの内容のものを同時並行で書いていこうと思います。

 ひとつは、「自分が全くギターが弾けなかった時から、今に至るまでにやってきた練習や使ってきた教則本、コピーした曲やフレーズなどを紹介しながらギター奏法を解説していこうというもの」です。この中では「ためになったこと」だけではなく「意味がなっかたもの」も合わせて紹介していきたいと思います。

 もうひとつは、「ロックギターやブルースなどは弾ける」「ペンタトニック一発なら弾ける」方がいわゆる「ジャズ・ギター」にどうアプローチしていったら良いか?みたいなことを自分なりに書いてみようと思います。

 ひとつめついては、「Pat Martino」の奏法に特化するのではなく、一般的な「ジャズギター」を解説してほしいと言っていた方が嬉しいことに何人かいたからです。ただ、僕自身「音楽教育」や「音楽理論」からほど遠いところにいるギタリストですので、いわゆる教則本のような体系立てた理論的な解説はできないですし、それは僕のようなギタリストよりももっと素晴らしいギタリストに教わったほうが良いと思います。僕にできることは、「経験」から教えることだけです。そして、僕が経験してきたことは、意外と「人と違っている」部分も多いと感じたので、僕にとっては「当たり前」のことが、皆さんにとって「目から鱗」みたいになればな~と思ったからです。

 もうひとつの内容については「ロックやブルースからジャズギターの世界に踏み込めないで悩んでいる」ギタリストが今も昔も沢山いるように思うからです。これについては僕自身が一番苦労したので、皆さんに話したいこと沢山ありますし、力になれると思っています。

 ちょっと内容を整理して、近日中にスタートしていこうと思います。

 興味のある方はぜひ読んでみてください。

お知らせ

 Pat Martino奏法研究ですが、ちょっと間が空いてしまってます。次に書く内容をどれにしようかを悩んでいるうちに時間が経ってしまっているのと、譜面ソフトの調子がいまいち悪くて準備に手間取っております。なんとか9月には再開したいと思いますので、楽しみにしている方(いないか?)今しばらくお待ちくださいませ!

PAT-w-Gibson-21.png


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR